[記事表示に戻る]

◇-アークエンジェルズ(情報提供)2 -和海(2007/11/27-10:58)No.149251
 高島シェルター騒動(団体・シェルター情報) -和海(2007/11/27-11:05)No.149252
 高島シェルター騒動(経緯1 AA施設用地取得まで) -和海(2007/11/27-11:08)No.149253
 高島シェルター騒動(経緯2 施設詳細判明・AAの違法工事) -和海(2007/11/27-11:11)No.149254
  高島シェルター騒動(経緯3 期成同盟結成・ブルセラ犬搬入計画) -和海(2007/11/27-11:16)No.149255
   高島シェルター騒動(経緯4 県と市への要請・産経新聞について) -和海(2007/11/27-11:23)No.149256
    高島シェルター騒動(経緯5 【第1回説明会】・前後の騒動) -和海(2007/11/27-11:43)No.149257
    高島シェルター騒動(経緯6 【第2回説明会】・犬強制搬入) -和海(2007/11/27-11:47)No.149258
     高島シェルター騒動(経緯7 犬強制搬入報告関連) -和海(2007/11/27-11:54)No.149259
      高島シェルター騒動(経緯8 県への要望・AAの申し入れ) -和海(2007/11/27-12:06)No.149260
       高島シェルター騒動(経緯9 【第3回説明会】【第4回説明会】 ) -和海(2007/11/27-12:19)No.149261
        高島シェルター騒動(経緯10 【第4回説明会】・ 施設視察) -和海(2007/11/27-12:28)No.149262
         高島シェルター騒動(経緯11 AAの抗議・ARKの視察 ) -和海(2007/11/27-12:40)No.149263
          高島シェルター騒動(経緯12 犬搬入予告) -和海(2007/11/27-12:43)No.149264
           高島シェルター騒動(経緯13 住民との約束を破棄し犬強行搬入) -和海(2007/11/28-01:33)No.149274
            高島シェルター騒動(経緯14 犬搬入の報告関連・【第5回説明会】) -和海(2007/12/2-23:55)No.149317
             高島シェルター騒動(経緯15 犬搬入後から開所式までの様子) -和海(2007/12/20-12:21)No.149445
              高島シェルター騒動(経緯16 開所式と反対住民のデモ行進) -和海(2007/12/20-12:25)No.149446
              高島シェルター騒動(経緯17 AA側の開所式の報告で虚偽が発覚) -和海(2007/12/20-12:50)No.149447
               高島シェルター騒動(経緯18 AAの市議会傍聴の報告で虚偽が発覚) -和海(2007/12/20-12:54)No.149448
                高島シェルター騒動(高島市議会12月定例会の録画ビデオ) -月虹(2008/1/31-00:12)No.149620
                高島シェルター騒動(経緯19 支援物資転売・薬事法違反・犬搬入) -和海(2008/1/31-14:32)No.149623
                 高島シェルター騒動(経緯20 ムーブの内部告発・傷害事件) -和海(2008/1/31-14:37)No.149624
                  高島シェルター騒動(経緯21 期成同盟と行政の動き1) -和海(2008/3/2-00:08)No.149846
                   高島シェルター騒動(経緯22 期成同盟と行政の動き2) -和海(2008/3/2-00:10)No.149847
                    高島シェルター騒動(経緯:終 一年が経過) -和海(2008/3/2-00:18)No.149848
                     高島だけの問題ではなくなります。 -空き地。(2008/6/18-00:04)No.150217
                      AAが、地域住民を告発。 -空き地。(2008/6/23-01:07)No.150220
                       地元からの情報が「凍結」される -空き地。(2009/2/8-14:02)No.150622
                        これが削除依頼の中身 -空き地。(2009/3/8-23:48)No.150646
                         Re:これが削除依頼の中身 -空き地。(2009/3/8-23:59)No.150647
                          不具合な削除依頼 -空き地。(2009/3/10-21:19)No.150650
              Re:高島シェルター騒動(経緯15)の追加情報 -にゃん巻き(2008/1/15-08:49)No.149557
               Re:高島シェルター騒動(経緯15)の追加情報(続き) -にゃん巻き(2008/1/15-08:57)No.149558
    疥癬症について -和海(2007/11/27-13:02)No.149270
 シェルタについての考察 -和海(2007/11/27-12:47)No.149265
 :シェルタについての考察2 -和海(2007/11/27-12:48)No.149266
 地域住民の主張 -和海(2007/11/27-12:54)No.149267
 地域住民の主張2 -和海(2007/11/27-12:57)No.149268
 地域の伝統文化について -和海(2007/11/27-12:59)No.149269
 大阪都島事務所周辺ルポ -和海(2007/12/20-11:33)No.149442
  大阪都島事務所周辺ルポ続報 -和海(2008/1/15-18:29)No.149562
 高島市地域関連サイト -和海(2007/12/20-11:29)No.149441
 AAサイトの活動日誌について -和海(2007/12/30-01:43)No.149506
  確認事項「6回目の対話集会」の報告 -和海(2008/1/15-18:11)No.149561
 支援金返還裁判(概要・原告被告情報) -和海(2007/12/7-11:23)No.149335
  提訴までの経緯(〜組み戻し) -和海(2007/12/7-11:43)No.149336
  提訴までの経緯(組み戻し〜提訴) -和海(2007/12/7-11:58)No.149337
  組み戻し・提訴の理由(支援金) -和海(2007/12/7-12:14)No.149338
   提訴の理由(支援物資) -和海(2007/12/7-12:25)No.149339
   提訴の理由(その他) -和海(2007/12/7-12:38)No.149340
    Re:提訴の理由(その他、続き) -和海(2007/12/7-12:41)No.149341
     Re:提訴の理由(備考) -和海(2007/12/7-12:45)No.149342
   収支報告(AA発表・口座分析資料) -和海(2007/12/7-14:03)No.149348
   :組み戻し・提訴の理由(支援金)の追加訂正 -和海(2007/12/7-14:16)No.149349
    組み戻し・提訴の理由(支援金)の追加訂正 -和海(2007/12/30-00:38)No.149502
  AAの組み戻し告知関連1 -和海(2007/12/7-13:45)No.149346
   AAの組み戻し告知関連2 -和海(2007/12/7-13:47)No.149347
  支援金返還裁判(第一次提訴関連) -和海(2007/12/7-13:04)No.149343
  支援金返還裁判(第二次提訴・弁明通知関連) -和海(2007/12/7-13:10)No.149344
  支援金返還裁判(第一回裁判) -和海(2007/12/7-13:19)No.149345
  支援金返還裁判(第二回裁判) -和海(2007/12/30-00:59)No.149503
   支援金返還裁判(第三回裁判) -和海(2007/12/30-01:08)No.149504
    支援金返還裁判(第四回裁判) -和海(2007/12/30-01:25)No.149505
     支援金返還裁判(第五回裁判) -和海(2007/12/30-02:03)No.149507
      支援金返還裁判(第六回裁判) -和海(2008/3/2-01:18)No.149849
       支援金返還裁判(第七回裁判) -和海(2008/3/2-01:32)No.149850
        支援金返還裁判(第八回裁判) -和海(2008/5/28-12:57)No.150206
         支援金返還裁判(第九回裁判) -和海(2008/5/28-13:46)No.150207
          「支援金返還裁判(第十回裁判)」 -空き地。(2008/8/2-21:00)No.150273
           Re:「支援金返還裁判(第十一回裁判)」 -空き地。(2008/9/6-12:26)No.150398
            支援金返還裁判(第十二回裁判) -空き地。(2008/10/26-21:48)No.150483
             :支援金返還裁判(第十三回裁判) -空き地。(2008/12/17-18:21)No.150577
              :支援金返還裁判(第十四回裁判) -空き地。(2009/2/8-13:53)No.150621
               Re::支援金返還裁判(第十五回裁判) -空き地。(2009/3/29-23:44)No.150661
                :支援金返還裁判(第十六回裁判) -空き地。(2009/5/2-07:54)No.150682
                 補足します。 -空き地。(2009/5/2-08:01)No.150683
  支援金返還裁判(被告側の裁判方針) -和海(2008/5/31-01:15)No.150208


トップに戻る
149251アークエンジェルズ(情報提供)2和海 2007/11/27-10:58

皆様、こんにちわ。
ツリーが長くなると不具合が起きるとの助言をいただきましたので、
今日は新しいツリーをたてさせていただきました。

今日、紹介するのは「高島シェルター騒動」です。
この件は、今現在リアルタイムで進行中です。
これから以後、経過を逐次アップしていくつもりです。
お読みいただければ高島市の現在の窮状がお分かりいただけると思います。
悪マニには法律等に明るい方が多くおられると聞いています、事態打開の為に
もどうかみなさまの知恵をお貸しいただけませんでしょうか。
何卒、よろしくお願いします。

簡単に説明しますと、アークエンジェルズは滋賀県高島市の琵琶湖の西に犬3
00頭を収容できる施設を運営しようとし、地域住民と対立しています。
行政としては「現行の法律や条例では進出を規制できない。」としています。
しかし地域住民は近畿の水瓶である琵琶湖を守るためにも環境破壊・自然破壊
につながりかねない犬の収容施設は認められないとしています。

法律や条令で規制できなければ、シェルター運営を容認しなければいけないの
でしょうか。
進出を反対する地域住民の主張は認められないのでしょうか。
既にシェルターを持つ動物愛護団体もありますが、今後、全国どこでも同様に
起きかねない「生活環境保守か動物愛護か」という問題だと思います。


楳図かずお氏が建設している紅白の家が環境(景観)問題として、全国ネット
で取り上げられました。
しかし高島シェルター問題の報道は近畿圏にとどまっています。
高島市の地域住民は水質汚染・鳴き声など生活そのものを脅かされることにな
ります。
景観問題よりもっと深く多くの、そして未来への問題を踏まえているのにと思
うと報道のあり方も考えてしまいます。

「楳図かずおさん新居騒動…住民2人以外は冷静!? 」
http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_08/g2007080301.html
「外壁は赤白の横じま…建築中の楳図かずお邸に待った」
http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_08/g2007080205.html
>建築許可を出した武蔵野市は「建築基準法にも、都の景観条例にも抵触しま
せん。
>これに対し、仮処分申請を行った弁護士は「景観法や条例で規制されていな
ければ何をやってもよいのか。社会人として、他人がイヤがっていることをど
うしてもするのか。司直に判断を委ねます」と全面対決の構えを崩さない。


今回の「高島シェルター騒動」もたいへん長くなりました。
リンクの貼り方など工夫すればいいのかと試行錯誤していますが、
要領がわからず申し訳なく思っています。どうぞご容赦ください。


また原告の会作成の「AAが関わった事案のフローチャート」や「記録年表」
を見ましても、
・支援金返還裁判
・高島シェルター関連
・ブルセラ犬関連
・名称詐称関連
(大阪市認証団体第1号・アニマルレフュージ関西=ARK、通称アーク)
・BRC関連
・刑事事件関連(林代表の恐喝未遂事件・AAがDP元経営者を告発)
・林代表の偽エルメス販売で商標法違反
・AAのクレジットカードのショッピング枠の現金化屋の疑惑
・AAと聴覚障害者狙ったマルチ商法VIV詐欺との関係
など、アークエンジェルズが関わったことが多くあり、新しいツリーに移動し
ました。
これらも紹介していければと思っています。


ひろしまドッグぱーく原告の会
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/

ひろしまドッグぱーく事件のフローチャート
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/foro-ty-to.xls

広島DP事件からのアーク・エンジェルズの記録年表
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/nenpyou.doc

アニマルレフュージ関西
http://www.arkbark.net/j/index.htm

現在のやまとさんがたててくださった、アークエンジェルズ(情報提供)が
過去ログに入った時のために下記を追加しておきます。
------------------------------------------------------------
アークエンジェルズ(情報提供) -やまと(2007/10/16-06:04)No.149009
http://beyond.2log.net/akutoku/bbs/qa/149009.html
過去ログに回ったときの為に
http://beyond.2log.net/akutoku/bbs/qa/pslg/149009.html
http://beyond.2log.net/akutoku/bbs/qa/pslg149009.html
------------------------------------------------------------

トップに戻る
149252高島シェルター騒動(団体・シェルター情報)和海 2007/11/27-11:05
記事番号149251へのコメント
アーク・エンジェルズ(以下AAと称す)が、多数の犬を収容する施設(以下シ
ェルターと称す)を滋賀県高島市に建設し運営しようとして、AA進出を阻止し
ようとする地域住民と対立している問題です。

◆犬収容施設
2007/2/23
AAが滋賀県高島市今津町酒波(さなみ)にあった、
犬の元訓練施設の土地・建物を取得。
最大300頭の犬を収容できるシェルターに改装。

◆犬収容計画
2007/4
大阪府和泉市の繁殖飼育施設でブルセラ症と診断された犬を引き取り搬入するこ
とを計画。
大阪府がブルセラ陽性犬を殺処分したため搬入は実現しなかった。
2007/7
神戸市の個人ブリーダー飼育の58頭を7/31に譲り受ける。
全頭、皮膚病(疥癬)に集団感染していた。
AAの協力提携動物病院の縄田龍生獣医師が「完治」と診断した犬をシェルター
に搬入することを計画している。

◆AAの団体情報とシェルター情報
アーク・エンジェルズ
http://ark-angels.jp/
【大阪本部】
〒534−0014 大阪府大阪市都島区都島北通り2−20−2
TEL:06−6925−8811 FAX:06−6925−8812
・平成19年度役員名簿 (平成19年10月27日作成)
http://ark-angels.jp/tantou-busyo2.pdf

【滋賀シェルター】
〒520-1651 滋賀県高島市今津町酒波字西野1186-2
TEL:0740-22-3000  FAX:0740-22-5544
・滋賀シェルター現地報告
http://ark-angels.jp/assist04-1.html

・「エンジェルシェルター募金」
http://ark-angels.jp/assist04.html

・2006/04/23
この日よりシェルターに関する告知・報告が始まりました。

<ご協力の要請>
1、 関西圏にて、遊休地をお持ちの方、ご協力ください。
2、 建設業の方、シェルター建設にご協力ください。
3、 動物関連業の方、物資のご協力をください。
4、 動物病院、獣医さん、施設内にての開業、治療行為にご協力ください。
5、 ボランティアの方、施設運営にご協力ください。
6、 全国の皆様、シェルター建設の為、ご寄付のご協力をお願い致します。

「エンジェルシェルター基金」のお振込先
郵便口座 口座番号 : 14040-31760911
口座名義 : アーク・エンジェルズ
ジャパンネット銀行 口座番号 : 5872070
店番 : 001本店営業部
口座名義 : アークエンジェルズ 林 俊彦
*お振込の際は、「エンジェルシェルター基金」と明記して下さい。

・2007/03/25
<ご報告> が追加される。
「第1号エンジェルズ・シェルターが決まりました。」
(一部抜粋)
名称:「アーク・エンジェルズ」滋賀シェルター
敷地面積:2072,58u(627坪)
予定収容頭数:300頭(大型犬50頭、小型犬250頭)
総工費:約7000万円
予備費:約800万円(什器備品等)
去年4月23日より約1年間、「エンジェルシェルター基金」の募金が\57,482,306
円(1月31日現在)ありました。これも一重に多くの皆様のご支援の賜物です。
新設施設工事については、中古プレハブ等を購入する予定ですが、予備費を含め
て、2050万円が不足しております。不幸な犬達を救うために、あともう少しのご
協力をお願い申し上げます。
尚、竣工予定は5月初旬を予定しております。完成のお披露目日時は改めてお知
らせいたします。


※一部、サイトの閉鎖や記事の削除・変更等の場合があるため
キャッシュや記事転載にて紹介します。

以下続きます。

トップに戻る
149253高島シェルター騒動(経緯1 AA施設用地取得まで)和海 2007/11/27-11:08
記事番号149252へのコメント
2006/04/23
・AAサイト「エンジェルシェルター募金」
http://ark-angels.jp/assist04.html
『「エンジェルシェルター」設立にご協力下さい。』


2006/11/8
・AAサイト 「ずばり一言 決意」
『今回の事件で一時預かり様が急増しましたが、やはりシェルター(保護犬収容施
設)が要ります。実現に向けて決意を新たにしている毎日です。』


2006/11/15
・AAサイト
6922人の支援者リストを発表。 エンジェルシェルター募金の名目での寄付は
1人 (振込時に「エンジェルシェルター基金」との明記が必要)


2006/11/27
・アークエンジェルズ問題(朝日放送 ムーブ!)
余剰金について「シェルター建設に使用する」と明言する。


2006/12/11
AAは記者会見で「余った募金は犬の保護施設に使いたい」と発言する。

<記者会見についての報道関連>
・“大量放置犬”支援団体が使途不明金で会見(日テレNEWS24)
・寄付金で犬の保護施設建設費用に(nikkansports.com)
・「ひろしまドッグぱーく」問題:動物愛護団体、年内撤退へ(毎日新聞)
・犬の公園への支援金6030万円(中国新聞)
・放送は名誉棄損と抗議…代表「寄付金で犬の保護施設」(ZAKZAK)
・犬救済団体が寄付金流用=ひろしまドッグぱーく問題
(livedoorニュース)
・アークエンジェルズ問題(朝日放送 ムーブ!)

・本日のAA関連 12月11日(月)
http://havingnothingtodo.blog70.fc2.com/blog-entry-197.html
・本日のAA関連 12月12日(火)
http://havingnothingtodo.blog70.fc2.com/blog-entry-198.html


2006/12/12
AAサイト 「支援金について」
http://ark-angels.jp/dogpark/topics02.html
『中間報告の結果今後の必要経費分(医療費や去勢手術等)を差し引くと約3000万円
の余剰金が出るのではないかと予測しております。余剰金の使途についてですが、
私共の考えは全国の不幸な環境下にいる子達の為に使用させていただきたいと考え
ております。その一つに犬の保護施設シェルターを造りたいと考えております。』


2007/1/7
・AAサイト 「ずばり一言 新年より」
http://ark-angels.jp/associate06-35.html
『予てからの念願のシェルター建設を実行させたいものです。今年こそは建設に着
手いたします。』


2007/1/15
・AAサイト「支援金使途のご意見をお寄せ下さい」
http://ark-angels.jp/dogpark/topics06.html
『余った支援金についての使い道を援助してくださった皆様にもご意見いただけれ
ばと思います。』

※アンケート受付について
当初は1/31までだったが、2/28まで延長された。支援金使途の意見メールフォーム
には支援金送金日時・振込名義・支援金振込金額を記入。 シェルター反対の意思
を表明する選択欄はなく、「上記以外」の備考欄に書かなければならない。


2007/1/20
・AAサイト 「ずばり一言 色いろのご報告」
http://ark-angels.jp/associate06-36.html
『シェルター基金の是非については多くの賛同者の方々から応援メールを頂いてお
ります。前回も申しましたが、今年こそは実現しますよ。』
『少々、無理をしてでも施設を造りますよ。ワンたちの為に。建設計画書は図面作
成後、お知らせいたします。』
※11/26現在、建設計画書の図面はAAサイトでは発表されていない。


2007/2/19
AAが高島市にシェルター予定地の水道名義変更と犬100匹ほど飼いたいと連絡す
る。
高島市はこの時点で初めて土地の取得の動きとシェルター建設に気づく。

※アンケート期間を2/28まで延長しているのに、その結果を待つまでもなく、
2/19にシェルター予定地の水道名義を変更し、犬を持ち込むことを決めている。


2007/2/22
AAが前土地所有者と売買契約を結ぶ。物件の名義人は林代表。

売買契約について書かれたサイト
・「サクラの飼い主の今日のなにがし」
http://blog.livedoor.jp/sakuranoie/archives/50685650.html

以下、続きます。

トップに戻る
149254高島シェルター騒動(経緯2 施設詳細判明・AAの違法工事)和海 2007/11/27-11:11
記事番号149253へのコメント
2007/2/27
AAは記者会見で「余剰金のうちシュルター基金として5478万円が2006/4/23〜
2007/1/31に集まった」と発表 。シェルター予定地を購入したことは発表せず、土地
取得や建設は計画段階と明言した。


2007/3/1
・AAサイト「支援金使途のご意見をお寄せ下さい」
http://ark-angels.jp/dogpark/topics06.html

アンケートの結果が報告される。
『支援金使途のご意見をたくさんお寄せ頂きました。1月31日まででしたが、2月28日
まで期間を延長してご意見を頂き、結果、多くの方々よりご賛同を頂きましたことを
ご報告させていただきます。
アンケート 740件(100%)  賛成 651通(88%) 反対 89通(12%)
よって、今後は不幸な環境下に居るワンたちを1頭でも多く保護収容できるよう、ド
ッグシェルター建設にまい進していきますので、今後とも宜しくご協力のほどお願い
申し上げます。』

※アンケートの結果が出る前に、土地を購入していました。


2007/3/4
AA林代表はAAが取得した物件を挟んだ土地の地域区長2人と市会議員・県会議員
に事情を説明する。
この時、ブルセラ犬の搬入についての説明はなかった。


2007/3/6
・AAサイト 「ずばり一言 審尋開始前夜」
http://ark-angels.jp/associate06-44.html
『私たちは隔離する施設(約620坪)を準備しています。只今、工事中ですが犬舎は
ありますので、即日でも受け入れ準備は整っています。』

※AAはブルセラ犬を搬入する予定だった。


2007/3/14
高島市市議会でAAシェルター建設の質疑応答がされ、場所が判明した。

・高島市市議会(平成19年3月定例会)について
http://ss.city.takashima.shiga.jp/ss/sspindex2.asp?grpid=3
(左の検索の中→一般質問 大森六己議員を選んでください)


2007/3/19
大阪府が高島市に「AAがブルセラ症の犬を連れて行くといっているが地元の意向を
伺いたい。」 と連絡する。
高島市が地元に連絡、突然の話しに驚いた住民は「絶対反対」の意思を高島市に伝え
る。


2007/3/25
シェルター付近の地元住民だけでなく、周辺住民にも呼びかけ緊急集会を開催し、
「絶対反対」の意思を確認し、
AA進出に反対する看板の設置と反対の署名活動の実施を決定する。

・AAサイト「エンジェルシェルター募金」
http://ark-angels.jp/assist04.html
<ご報告> 『第1号エンジェルズ・シェルターが決まりました。』を追加。


2007/4/1
AAサイト「エンジェルシェルター募金」に『【滋賀シェルター現地報告】はこち
ら』を追加
http://ark-angels.jp/assist04-1.html

地元住民が施設前に『住民生活を侵害するアークエンジェルズは来るな!! 酒波
区・伊井区 住民一同』を掲げたAA進出反対の立て看板を設置。


2007/4/2
林代表が施設入り口付近の看板は迷惑として警察に通報。
警察が看板を撤去することもできず、地元区長を呼び話し合いとなる。
その際、AAが申請許可の下りていない違法な下水工事を勝手に行っていたことが判
明し工事の中断を指示される。
犬舎と住居からでた家庭用排水を一緒に下水に流すための工事だった。

違法工事の発覚について書かれたサイト
本日のAA関連 4月3日(火)
http://havingnothingtodo.blog70.fc2.com/blog-entry-143.html
「サクラの飼い主の今日のなにがし」
http://blog.livedoor.jp/sakuranoie/archives/50693348.html


以下、続きます。

トップに戻る
149255高島シェルター騒動(経緯3 期成同盟結成・ブルセラ犬搬入計画)和海 2007/11/27-11:16
記事番号149254へのコメント
2007/4/4
対応を協議する2回目の緊急住民集会が開かれ、今津町酒波・伊井の地元住民が「アー
クエンジェルズ進出反対期成同盟」(以下、期成同盟と称す)が結成される。

・「ブルセラ症」犬の処遇で新問題(ABC Newsゆう)
大阪府和泉市のブルセラ犬に纏わる一連の経緯と滋賀のシェルターについて地域住民が
反対している事を伝えた。

・反対期成同盟公式HP
http://no-aa.org/
・アークエンジェルズ進出反対期成同盟
http://aahanatai.exblog.jp/
・本日のAA関連 4月4日(水)
http://havingnothingtodo.blog70.fc2.com/blog-entry-141.html


2007/4/5
・アークエンジェルズ問題(朝日放送ムーブ)
ブルセラ犬殺処分を巡って大阪府vsAAの法廷闘争の経緯とAAがブルセラ症感染犬を
連れて行こうとしていた滋賀県高島市について伝えた。


2007/4/6
地元住民がAAの施設西側の用水路に配水管が出ていることを発見し高島市に報告。

・犬飼育施設:高島に建設計画 反対期成同盟を結成、地元2地区が住民集会 /滋賀
(Yahoo!ニュース - 毎日新聞)


2007/4/9
用水路の配水管の報告を受け高島市が現場を確認。
AAは地元の自治体が国から管理を委託されている用水路へ排水する雨水工事を届出な
し違法工事をしていた。


2007/4/12
AAが滋賀シェルターに大量の物資を搬入した。


2007/4/17
・高島に犬300匹飼育施設 愛護団体計画来月にも収容 「環境に影響」住民反対
(YOMIURI ONLINE 読売新聞)
AAの高島進出と地元住民の反対運動(署名運動・看板設置)について伝えた。


2007/4/21
・犬舎計画、「ブルセラ症」飼育も 高島 住民ら撤回求め署名活動
(京都新聞 電子版)
『林俊彦代表(60)は「感染症を拡大させない方策を取り、住民に迷惑をかけずに共
生したい」と理解を求めている。』


2007/4/29
高島の市議と高島出身の県議が犬舎と建物の現状を視察。
・たかしま21ニュース
http://blog.takashima21.jp/?eid=545282

2007/4/30
今年1月末にDP跡地からすぐ下の運送会社へ移された支援物資が明日、高島へ向けて
移送されるとの情報が流れる。

※AAはDPを撤収する際(2006/12)、その大量に集まった支援物資の一部を大阪へ
移送した。持ち帰らなかった物資(大阪の保管場所に入りきれなかった物資)はDP跡
地の倉庫に残したままにしていたが、賃貸契約最終日の2007/1/31に4tトラック2台
が大阪へ、残りの4tトラック8〜9台分の物資はDP跡地の下にある運送会社の倉庫
へ移された。


2007/5/2
AAが「れっきとした愛護団体の門口にこんなものを置かれたくはない」と反対期成同
盟の設置した看板の撤去を要請、住民側は仕方なく、鳥居横に看板を移動させる。
広島から移送された支援物資が高島のシェルターに到着した。今回、高島へ移送された
物資は10tトラック2台という。

※AAは(支援金と同じく)支援物資も使い切れないほど届いていたにも関わらず、疑
問の声が上がった11月下旬までサイト上で支援を募り続けた。(それなのに、AAはボ
ランティアさんが要求したガムテープでさえ買い渋ったという。)


2007/5/13
・「救世主」に募る不信 滋賀に新犬舎、住民ら反発(朝日新聞関西版)


2007/5/16
・犬保護施設開設で揺れる今津町 環境汚染、心配の住民
(中日新聞 CHUNITI Web )


・本日のAA関連 3/31〜4/28
http://havingnothingtodo.blog70.fc2.com/blog-date-200704.html
・本日のAA関連 4/29〜5/28
http://havingnothingtodo.blog70.fc2.com/blog-date-200705.html

以下、続きます。

トップに戻る
149256高島シェルター騒動(経緯4 県と市への要請・産経新聞について)和海 2007/11/27-11:23
記事番号149255へのコメント
2007/5/21
期成同盟がAAの進出に反対する約6000人分署名と嘆願書を滋賀県
(嘉田知事)に提出した。

<滋賀県知事への要請についての報道関連>
・<滋賀>犬の保護施設開設に反対 知事に署名提出(ABC WEBNEWS)
・アークエンジェルズ進出に反対 高島の住民ら 知事に署名提出
(京都新聞 電子版)
・犬の駆け込み寺に住民はNО(毎日放送 VOICE)
・犬の収容施設めぐり住民vs愛護団体(YTV)
・住民ら署名約6000人分提出(ABC Flash News)
・反対住民が6070人署名(読売新聞 YOMIURI ONLINE)
・高島に計画「捨て犬シェルター」(朝日新聞 asahi.com)
・高島の犬飼育施設建設:反対署名と嘆願書を知事に提出−−期成同盟
 /滋賀(毎日新聞 MSNニュース)


2007/5/25
期成同盟が滋賀県への陳情に続き、高島市(海東市長)に7805人分の署名と嘆願書を提出
した。

<高島市への要請についての報道関連>
・犬舎計画反対で7805人の署名提出 進出反対期成同盟、高島市長に
(京都新聞)
・犬収容施設に反対住民が要望(NHK滋賀)
・反対の署名7805人分(読売新聞 YOMIURI ONLINE
・反対住民ら、高島市長に嘆願書提出 愛護団体の犬保護施設
(中日新聞 CHUNICHI Web )
・高島の犬飼育施設建設:多頭飼育規制条例制定を要望−−反対期成同盟
 /滋賀(毎日新聞)


2007/5/31
高島市は市民の生活環境を汚損する行為に対して罰則を設けた「高島市未来へ誇れる環境
保全条例案」を市議会(6月定例議会)に提出した。 可決された場合は10月に施行され
る。

・生活環境、汚損行為に罰則 高島市の保全条例、6月市会提案へ
(京都新聞電子版 5/31)
・高島市:「環境保全条例案」を提案へ /滋賀
(MSN毎日インタラクティブ 6/1)


2007/6/26
高島市が6月定例議会に提出した「高島市未来へ誇れる環境保全条例案」が可決された。

・滋賀:高島市で犬猫規制条例 飼育施設建設がらみ
(よみうりテレビニュース)

・ハイ海東です! 「未来へ誇れる環境保全条例 可決」
http://kaitohi.exblog.jp/5689868/ (高島市長ブログ)

・本日のAA関連 5/30〜6/28
http://havingnothingtodo.blog70.fc2.com/blog-date-200706.html


2007/7/9
・AAサイト 活動日誌「滋賀へ」
http://arkangels.blog34.fc2.com/blog-entry-351.html
※林加津子副代表が地元住民の方の印象を書いています。


2007/9/7
「今週末に高島に犬を運ぶようだ」と情報が流れるが延期になる。

・広島で新しい家族を待っています「今週末」 00:22:28
http://atarasiikazoku.blog85.fc2.com/blog-entry-42.html
・広島で新しい家族を待っています「延期になりました。」 16:40:44
http://atarasiikazoku.blog85.fc2.com/blog-entry-43.html

産経新聞より、高島に運ばれるのはAAが7月末〜8月にかけて神戸で保護した60匹の
疥癬症犬だと判明。
・皮膚病の犬 飼育計画ー滋賀 感染の恐れ、住民ら不安(産経新聞)
『 団体の林俊彦代表は「疥癬は治る病気で、完治した犬を収容するので問題はない。外
部への感染も心配はない」と説明する。』

・AAサイト 「ずばり一言 二つの報告」
http://angels1947.blog104.fc2.com/blog-entry-84.html
『本日、産経新聞で疥癬症の記事があったそうです。取材も無く、疥癬症は完治している
にも拘らず、疥癬が完治するには1年も掛ると記事に出ていたそうです。』
『産経新聞社の記者さん、もう少しお勉強をしてから、そして事実確認をしてから記事に
すればよかったのにね。この新聞社は思い込みや想像で記事にするのでしょうかね。記者
としての報道モラル欠如ですか。正確な記事を書かないと、ブルセラ症の時のように近隣
住民の不安を煽るだけですよ。 他社のマスコミは事前に事実確認をしてきましたよ。』

※林代表のコメントに対し、産経新聞記者に確認をとった獣医師広報板の川村幸治獣医師
が、林代表に公開質問状をメール送った。
・獣医師広報板「9月7日産経新聞大阪版朝刊事件」
http://www.vets.ne.jp/faq/f_love011.html
・獣医師広報板「アークエンジェルズ林俊彦代表への公開質問状」
http://www.vets.ne.jp/info/public.html

※前回AAがイヌブルセラ症に感染した犬を高島に搬入しようとした時、
AAはその事を現地に説明していなかった。何故説明しなかったのかとの問いに「そもそ
もその当時、決まっていなかった。決まっていない話しをする必要はない。」 と言って
いた。

以下、続きます。

トップに戻る
149257高島シェルター騒動(経緯5 【第1回説明会】・前後の騒動)和海 2007/11/27-11:43
記事番号149256へのコメント
2007/9/12
・AAサイト 活動日誌「いよいよ稼働です。」
http://arkangels.blog34.fc2.com/blog-entry-392.html
『いよいよ稼働です。滋賀シェルターへの移動準備も着々と進んでいます。現場の工事もい
っきに進み、毎日現場へ打ち合わせに走っております。当初の移動予定より大幅に遅れまし
たがやっと稼働します。』

・たかしま21ニュース 「犬の多頭飼養の問題!!」
http://blog.takashima21.jp/?eid=681051
『動物を愛する心をもっておられる方たちだと思いますから、人間に対しての迷惑、心配も
考えていただきたい。 私たちは、断固として、持ち込みに反対します。絶対反対で
す。!!!! 』


2007/9/18
9/19日に高島市酒波・井伊地区住民がAAと話し合いを行うとの情報が流れた。

・広島で新しい家族を待ってます「話し合い」
http://atarasiikazoku.blog85.fc2.com/blog-entry-46.html
・AAサイト「疥癬症感染犬レスキュー」トップページでは、
支援物資の送り先が大阪市都島区の事務所から高島市今津町の滋賀シェルターに変更され
た。
・AAサイト 活動日誌「滋賀シェルター準備」
『金曜から滋賀シェルターに入りました。 』『ドックランの草刈も大変です。刈る人→集
める人→一輪車で捨てに行く人と流れ作業。 』『いよいよ移動日が近づいて私達も必死で
現場で作業をしております。』


2007/9/19 【第1回説明会】
20時よりシェルター付近の地元住民とAAとの初めての話し合いが行われる。しかし話し合
いは終始平行したため行政が間に入り、再度話し合いの場を設けることが決まった。 また
それまで犬の持ち込みはストップするとの約束をAAから取り付けた。

<9/19に開かれた第1回対話集会についての報道と報告ブログなど>
・犬持ち込み 当面見送り  高島犬舎計画 団体が住民と初対話で約束
(京都新聞 9/20)
・アークエンジェルズ問題(朝日放送 ムーブ! 9/21 )
・話し合い結論出ず 【動物愛護団体と進出反対住民】(朝日新聞 9/21)
・愛護団体と住民、議論かみ合わず 高島の犬保護施設建設問題で
(中日新聞 9/21)
・高島の犬飼育施設建設:犬持ち込み、対話継続 住民の理解得られず
(毎日新聞 9/21)
・60匹の飼育を計画 高島・今津犬施設問題 大阪の団体、住民と初会合
(読売新聞 9/21)

・本日のAA関連 9月19日(水)
http://havingnothingtodo.blog70.fc2.com/blog-entry-291.html
『AAが草刈して刈った草を処理しなかったから、そのまま東側の水路に流れて溝がつまり
水が溢れた。』
・たかしま21ニュース「続 犬の多頭飼養の問題」
http://blog.takashima21.jp/?eid=687387
『昨夜、現地(今津町酒波)の集会場にて、午後8時から4時間にわたり動物愛護団体「ア
ークエンジェルズ」林代表、他4名からの問題発生から8ヶ月も経過し 初の対話会(説
明)が開催された。』『林代表、具体例示さず、終始対応に勤めるの答弁、答弁の中にも矛
盾している部分が多数あり。』
・湖西つれづれ 「アークエンジェルズと地元の話し合い」
http://blog.kosei-club.com/?cid=34306
『最後のほうで酒波の区長さんが「区の規約で犬を3頭以上飼うことを禁じているので、ア
ークエンジェルズさんは来ることが出来ません」と発言。』
・獣医師広報板
「平成19年9月19日AA林代表と地元住民との話し合い要旨」
http://www.vets.ne.jp/info/no-aa_15.html
『・犬の屎尿や消毒液などの排水は、行政指導により既存の集中マスに流す。地下浸透とな
る。(環境政策課は指導を否定)』


2007/9/22
高島市の地元掲示板によるとAAは「説明会」の決まりごとを無視し翌日の9/20に生コンを
運び込み整地した模様。

・おいでやす湖西の掲示板(記事No:6843)
http://www.oideyasu-kosei.com/cgi-bin/bbs0/wforum.cgi
[過去ログ]→ワード検索: 6843
『この対話集会も林代表はこれまで常に申し出てきたと嘘をついておりましたし、当日の集
会の唯一の住民希望として申し合わせた「とにかく話し合いが進展するまでは工事を中断し
てください。」と参加者全員が申しましたのに、明くる日には生コンを運び入れ整地してお
りました。』
・本日のAA関連 8/25〜9/24
http://havingnothingtodo.blog70.fc2.com/blog-date-200709.html

以下、続きます。

トップに戻る
149258高島シェルター騒動(経緯6 【第2回説明会】・犬強制搬入)和海 2007/11/27-11:47
記事番号149257へのコメント
2007/10/2
高島市の海東市長が市、議会、住民が一丸となってAAのシェルター稼動に反対していくとい
う声明を出した。

・ハイ海東です! 「郷土を守る市長声明」
http://kaitohi.exblog.jp/5689868/
『ここに高島市長は市民を代表し、市も議会も地元と一体になって、美しく静かな郷土を守っ
ていくために立ち上がる決意を表明します。』


2007/10/3
10/4にAAと地元住民との2回目の話し合いがあることが判明、AAは10/6に犬の搬入を計画
しているとの情報が流れる。

・ 広島で新しい家族を待ってます「悪意ある歩み寄り」
http://atarasiikazoku.blog85.fc2.com/blog-entry-53.html
『そして、団体は、6日に犬の搬入を計画しているようです。 』


2007/10/4 【第2回説明会】
住民は違法な排水溝の撤去・事業計画書の提出・病気完治証明の明示等を要求、AAはすべて
行いますと回答したが、犬の搬入前に完了させるとは明言せず、我々にも事情があると明日
(6日)搬入を繰り返した。

※林代表は日本国憲法第22条を持ち出し読み上げたが「公共の福祉に反しない限り」の部分
を抜いていた。

<第2回説明会についての報道と報告ブログなど>

・アークエンジェルズ問題(朝日放送 ムーブ 10/5)
ムーブ!1 http://www.youtube.com/watch?v=a50Wjfpm_7I  
ムーブ!2 http://www.youtube.com/watch?v=fc_9M9J2HEA
『高島市の条例ではないという事ですよね?それを守るか守らないかということですか…。当
然、法律以外のものについては、守る筋合いのもんではないと考えます』

・「犬は6日搬入」高島犬舎計画  住民との溝埋まらず(京都新聞 10/5)
http://s01.megalodon.jp/2007-1006-0012-37/http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?
mid=P2007100500231&genre=C4&area=S00
『双方の溝は埋まらず、同団体は5日、「犬を6日に搬入する」と同市に伝えた。 』

・AAサイト 「ずばり一言 2回目説明会」(10/5)
http://angels1947.blog104.fc2.com/blog-entry-90.html
『質問者は、「団体が訴訟を起こしているから信用できない」とか「動愛法に基づく届出をし
ろ」とか、本題から外れている事には到底、答えられない。』

・湖西つれづれ 「アークエンジェルズ話し合いその後と明日6日に犬持込」
http://blog.kosei-club.com/?cid=34306
『話し合いの席上で「住民が納得した上で犬を連れてきてほしい」との発言に「無理です」と
一言。』

・本日のAA関連 10月4日(木)
http://havingnothingtodo.blog70.fc2.com/blog-entry-322.html
『AA里親の一人として来ていた女性が「私も農業やってますけど、大丈夫です!みんなもっ
と優しくなってください」と言うので「じゃああんたのとこでシェルターしたらどうだ」とつ
っこんだら「それは困ります、私そこでお米作ってますもん!」ときた』

・新・広島ドッグぱーくBBS「高島シェルター稼動阻止」
http://www.play21.jp/board/formz.cgi?
action=res&resno=7839&page=&lognum=&id=ganbare&rln=7849


2007/10/5 22時過ぎ
AAが車に犬を積み込み大阪を出たとの情報が流れ、県会議員も現場に駆けつける。


2007/10/6 未明〜14時
日付の変わる頃に酒波地区AA所有施設付近にAAの車2台が到着。
200人近くの住民たちに高島市長や議員も加わりバリケードを築き横断幕を張って道路を封
鎖して搬入に反対。
住民側が提案する話し合いを林代表固辞し2時頃に警察出動。
膠着状態は夜中中続き、現場には新聞各社も駆けつけた。
9時頃AAはいったん撤退するも10時頃に現場近くの道路上に犬を詰め込んだままの車を放
置。
その後11時頃、犬を車に乗せたまま高島を出発。14時前に大阪の事務所に戻る。


2007/10/6 20時頃
林代表らが再び犬達を連れて高島へ向ったとの情報が流れる。


2007/10/6 21時半頃〜10/7 未明
林代表らは飼い犬7頭をつれて警官30人と機動隊を動員して現場に到着。市長を先頭に地元
民300人と警察とにらみ合いが続いた後、AAは零時過ぎに引き上げた。


2007/10/8
高島の地元にAAが深夜零時に大阪の事務所を出たとの情報が入り、住民は三度現場に150
人集結したが、結局AAは高島には現れず、早朝に解散。24時間体制で監視体制にはいる。


以下、続きます。

トップに戻る
149259高島シェルター騒動(経緯7 犬強制搬入報告関連)和海 2007/11/27-11:54
記事番号149258へのコメント
<10/5深夜〜10/8未明=犬強制搬入についての報道関連と報告ブログ>
・動物愛護団体の施設NO、住民ら200人徹夜で座り込み(朝日新聞 10/6)
・犬の移動 反対住民が座り込み(NHK 10/6)
・犬の持込みを住民が阻止(関西テレビ 10/6)
・犬の移動 反対住民が座り込み(NHK 10/6)
・飼育施設への犬搬入 住民の反対でいったん引き揚げ(関西テレビ 10/6)
・シェルターへの犬持ち込み、住民200人が徹夜で阻止(朝日新聞10/6)
・犬の搬入めぐりトラブル 〜滋賀・高島市(MBSニュース 10/06)
・皮膚病の犬60匹飼育計画、住民ら座り込み阻止…滋賀
(読売新聞 YOMIURI ONLINE 10/6)
・「アーク・エンジェルズ」問題 住民と真っ向対立/滋賀(毎日新聞 10/6)
・高島の犬飼育施設建設:夜を徹してにらみ合い 犬搬入、住民・市が阻止 
 /滋賀(毎日新聞 毎日Jp 10/7)
・犬の搬入断念 高島の住民「抗議活動続ける」(産経ニュース 10/7)
・犬の搬入、住民阻止  高島の犬舎計画 深夜まで緊迫
(京都新聞電子版 10/7)
・滋賀:犬の施設めぐり対立 高島市住民と愛護団体
(よみうりテレビ ニュース&ウェザー 10/8)
・アークエンジェルズ問題(朝日放送 ムーブ! 10/8)
・高島の犬飼育施設建設:犬持ち込み阻止 反対住民ら200人、
 再度の座り込み/滋賀(毎日新聞 毎日Jp 10/9)

・現場から記者リポート(毎日新聞 10/6)
アーク・エンジェルズ」問題 住民と真っ向対立/滋賀
アーク側、犬40匹きょう持ち込み−−「話し合い無駄」、地元「許されぬ」
◆波乱の8カ月◆◆突然の持ち込み宣言◆◆風評被害の懸念◆
http://s01.megalodon.jp/2007-1006-1928-
15/mainichi.jp/area/shiga/report/news/20071006ddlk25040672000c.html

・ 広島で新しい家族を待っています
「夜討ち」 http://atarasiikazoku.blog85.fc2.com/blog-entry-55.html
「搬入通告」http://atarasiikazoku.blog85.fc2.com/blog-entry-57.html
「犬の行方」http://atarasiikazoku.blog85.fc2.com/blog-entry-60.html

・石田ゆうすけブログ
「緊急事態」「アークエンジェルズを阻止」
「運動会日和とアークエンジェルズ」
http://yusukenet.blog49.fc2.com/index.php?q=%A5%A2%A1%BC%A5%AF

・湖西つれづれ
「今晩犬持ち込み反対行動」「途中経過」「帰りました」「再び」
「本日の経過報告」「AA帰る」「二度あることは」「経過報告」
「経過報告2」「経過報告3」
http://blog.kosei-club.com/?cid=34306

・ハイ海東です!
「深夜の抵抗」「朝陽の攻防」
http://kaitohi.exblog.jp/

・AAサイト
Topics 「10月6日 滋賀シェルターへの保護犬移動の件について」
http://ark-angels.jp/topics06.html
『シェルターへの保護犬達の移動を、地域住民・朝日放送「ムーヴ」・高島市長・某巨大掲示板
或いは反対派活動家の参加者によって阻まれています。』
『警察から反対住民の過激派からの危険が生じる可能性があるとの事を危惧し、2台のパトカー
と機動隊バス3台の護衛のもと現場に向かうこととなりました。』

ずばり一言 「市長先導の不法行為」(10/7)
http://angels1947.blog104.fc2.com/blog-entry-91.html
『夜は地元農民も酒を飲み、通常の神経ではないこと、それに加えて騒動を大きくしようと企む
輩が参加しているというのだ。』


・本日のAA関連 10/1〜10/23
http://havingnothingtodo.blog70.fc2.com/blog-date-200710.html


以下、続きます。

トップに戻る
149260高島シェルター騒動(経緯8 県への要望・AAの申し入れ)和海 2007/11/27-12:06
記事番号149259へのコメント
2007/10/9
高島市海東市長が滋賀県知事にAAへの指導や地元の生活保障を訴え協力要請を要望した。
その頃林代表らはシェルターへ犬を連れずに入る。ABC放送の取材は拒否した。

<高島市長が滋賀県知事への支援要請についての報道関連と報告ブログ>
・滋賀・犬の搬入強行をめぐる衝突 高島市長が知事に指導を要請
(朝日放送 ムーブ! 10/9)
・犬シェルター反対 市長が先頭!!公道封鎖の異常事態
(毎日放送 VOICE 10/9)
・犬 受け入れ問題 市長が知事に申し入れ
(関テレ ニュースアンカー 10/9)
・飼育問題で市長が知事に支援を要請(BBCびわ湖放送 10/9)
・犬問題で高島市が県に要望(NHK 大津放送局 10/9)
・犬施設で高島市が滋賀県に要請(NHK 大阪放送局 10/9)
・犬施設問題」で知事に申入れ(関西テレビ 10/9)
・高島市長、県指導求む 犬舎計画問題 嘉田知事に要望(京都新聞 10/9)
・高島の犬飼育施設建設: 犬持ち込み、県の指導を要望 
 市長「尿が地下に浸透」(毎日新聞社 毎日Jp 10/10)

・ 湖西つれづれ 「今日も今日とて」「法律を越えるもの」
http://blog.kosei-club.com/?cid=34306
『結局犬が可哀想とか、病気の犬がどうとか、そういう話じゃないんですね。地元の人が林代表と
アーク・エンジェルズを信頼できないということから今回の騒動が起こっている。』

・ ハイ海東です! 「立場や角度」
http://kaitohi.exblog.jp/


2007/10/10
林代表は14時半頃に高島のシェルターに到着し犬を連れずに入り一時間ほどで帰った。

・ 湖西つれづれ 「現地から連絡あり」「信頼を得るために」
http://blog.kosei-club.com/?eid=669289
『次に犬の譲渡会の開催。病気が確実に治っているのなら問題は無いはず。特にこの3連休は絶好
の機会だった。大阪から高島まで何回も車の中で10時間近く詰め込まれているより、新しい飼い
主候補と触れ合った方が犬にとってもよっぽどうれしかったのではないか。それをしないから様々
な憶測「募金詐欺じゃないか」とか「本当に治っているのか」などが出てくる。』


2007/10/11
3回目の話し合いが行われる事が決定し、林代表がそれまで犬の搬入はしないと約束した為、看板
やテントを撤去した。

<撤去に関しての報道関連と報告ブログ>
・住民、監視行動を一時解除  高島犬舎計画「話し合いまで搬入なし」
(京都新聞電子版 10/11)
・飼育計画撤回など8団体申し入れへ(読売新聞YOMIURI ONLINE 10/11)
・高島の犬持ち込み問題:保護団体と住民、再度話し合いへ /滋賀
(毎日新聞 毎日Jp 10/12 )
・団体代表話し合い提案 住民、バリケード一時撤去
(読売新聞 YOMIURI ONLINE 10/12)
・インターネットテレビ 高島みてねっと!
(高島市公式ウェッブサイト 10/16登録)

・石田ゆうすけブログ「一時休戦」
http://yusukenet.blog49.fc2.com/index.php?q=%A5%A2%A1%BC%A5%AF
・ 湖西つれづれ 「警戒体制解除」
http://blog.kosei-club.com/?eid=669289


2007/10/16
AAがサイトにて、林代表が、高島市役所・反対既成同盟(原文のまま)・地元住民代表・高島警
察署への申し入れ書とその決議を公開した。

・AAサイト 「ずばり一言 進展」
http://angels1947.blog104.fc2.com/blog-entry-93.html
『保護犬搬入に関しては、10月21日に話し合いを持ち、協議してから搬入を行い、それまでの
保護犬搬入は行わない。』
『自分の施設に飼犬を持ち込むのに何故、許可をもらい条件を付せられるのか疑問ではあるが、条
件内容については問題は無く当然の事と理解をしておりますゆえ、承諾はしました。』
『野山には野生動物が多くいます。猿や鹿、猪、兎といった動物が生息しています。この野生動物
らによって病気をもたらし感染する可能性も否めません。』

※地区の規約では飼い犬は2頭までです。7頭の飼い犬を持ち込むのですから許可をもらうのは当
然のことです。
※疥癬症は人畜共通伝染病です。1年の経過観察もしていないので、完治したと言われても野生動
物への感染のほうが心配です。


・本日のAA関連 10/1〜10/23
http://havingnothingtodo.blog70.fc2.com/blog-date-200710.html

以下、続きます。

トップに戻る
149261高島シェルター騒動(経緯9 【第3回説明会】【第4回説明会】 )和海 2007/11/27-12:19
記事番号149260へのコメント
2007/10/18
AAが滋賀シェルターに犬の慰霊碑を設置するとして公式サイト上でデザインの公募を始めた。

・AAサイト 「滋賀シェルター 慰霊碑デザイン募集」
『お星様になったワンコ達を供養するため、慰霊碑を滋賀シェルターに建てることとなりました。そ
こで、「羽の生えたワンコ」をモチーフとしたデザインを一般募集します!』

※高島市の住民との話し合いの合意が成立していません。


2007/10/20
・高島の犬持ち込み問題:団体と住民、あす夜話し合い/滋賀
(毎日新聞 毎日Jp)
・住民と団体あす会合(読売新聞)

2007/10/21 【第3回説明会】
林代表に対し高島市内で環境保護などの活動を展開する市民団体が連名で「計画の白紙撤回」の申し
入れをした。

・石田ゆうすけブログ「半分日曜日」
http://yusukenet.blog49.fc2.com/index.php?q=%A5%A2%A1%BC%A5%AF
・湖西つれづれ「アーク・エンジェルズに市民活動団体がNO!」
http://blog.kosei-club.com/?eid=669289

<第3回説明会についての報道と報告ブログなど>
・アーク・エンジェルズ説明会で出た本音(朝日放送 ムーブ! 10/22)
・撮影を拒否!見えてきた本音!?(朝日放送 ムーブ! 10/23)
・「理解得られてから犬搬入」 高島犬舎計画で団体代表
(京都新聞電子版 10/22)
『林代表は「話し合いが終わり、理解が得られてから犬の搬入を行う。だまし討ちは絶対しない」と
明言した。 』
・犬施設問題「協定結ぶまで搬入せず」住民と愛護団体代表、合意
(読売新聞 YOMIURI ONLINE 10/23)
・高島の犬飼育施設建設:話し合いを継続 搬入は住民理解の後に/滋賀
(毎日新聞 毎日Jp 10/23 )
『市内で環境保護に取り組む「環境を守るいまづの会」(松見茂会長)など計17団体と個人3人
が、団体の施設整備計画の撤回を求める申し入れ書を林代表に提出した。』

・アークエンジェルズ進出反対期成同盟
「21日、アーク・エンジェルズとの第3回目の話合いを開催」(10/22)
http://aahanatai.exblog.jp/
『すべて、書面にして次回提出することを確認するとともに、今後、話し合いを通して合意が得られ
るまでは犬を持ち込まないことを約束しました。』
・湖西つれづれ「今さらAAsと住民の第3回対話集会」(10/30)
http://blog.kosei-club.com/?eid=669289
『とりあえず水で流して希釈するだけで、地下浸透することには変わりなく。逆に施設脇の水路に流
れやすくなってしまう。』『犬は我が子と同じ。自分が路頭に迷っても食べさせていく甲斐性は持っ
ている」とのことでした。』

・本日のAA関連 10/1〜10/23
http://havingnothingtodo.blog70.fc2.com/blog-date-200710.html
・AAの疑問 「Q21.高島市住民とアークエンジェルが深夜に睨み合いになったって聞いたけ
ど?」
http://arkangers.web.fc2.com/faq_21.html

2007/11/1
AAは第3回説明会の質問に関する回答書を提出した。


以下、続きます。

トップに戻る
149262高島シェルター騒動(経緯10 【第4回説明会】・ 施設視察)和海 2007/11/27-12:28
記事番号149261へのコメント
すみません。上記分のタイトル【第4回説明会】を削除するのを忘れました。


2007/11/6 【第4回説明会】
話し合いに大阪のくすのき動物病院院長の縄田龍生獣医が出席、疥癬症について述べる。AAの進出に
反対する市民団体などは、市外も合わせ5日現在で計61団体にのぼり、自然破壊ということだけでな
く、生活侵害に関する不安も含めて注目されている。

<第4回説明会についての報道と報告ブログなど>
・施設と生活、相互見学を申し合わせ 高島犬舎計画で住民と団体
(京都新聞電子版 11/6)
『同団体が飼育する多数の犬は皮膚病の疥癬(かいせん)が完治したとしている点について獣医は「犬
の疥癬は2、3回の治療で完治する。基本的に人にうつることはない」と説明した。』
・アークエンジェルズ問題(朝日放送 ムーブ!11/7)
(林代表は(疥癬犬の)カルテを見せて頂けますか?という住民の問いに何故か「そこまで調べてどう
するんですか。それやったらはなからやね、えぇ?その犬が嘘やって云うんかいな」と激昂した。)

・湖西つれづれ「アーク・エンジェルズと地元の第4回対話集会」(11/7)
http://blog.kosei-club.com/?eid=669289
■AAsと提携している獣医師が出席 ■廃液について ■お互いの権利
■再発と再感染、多頭飼い ■地下浸透をめぐる議論 ■安全の基準
■問題の根本 ■市からの提案と最後の・・・ ■AAs進出反対の動き

・広島で新しい家族を待ってます「回答書1」「回答書2」
http://atarasiikazoku.blog85.fc2.com/blog-entry-69.html
http://atarasiikazoku.blog85.fc2.com/blog-entry-70.html
第3回説明会で期成同盟の質問にたいするAAが提出したの『回答書』の一部を書き起こしています。


2007/11/10
シェルターの視察が行われた。

<シェルター視察と回答書についての報道関係と報告ブログ>
・犬舎施設、住民代表らが初視察  高島 汚水の地下浸透法など
(京都新聞)
・汚水「地下浸透させ処理」 高島・今津 犬施設、住民に公開
(読売新聞 YOMIURI ONLINE )
・高島の犬持ち込み問題:犬の保護団体、多頭飼育施設を反対住民に公開
 /滋賀(毎日新聞 毎日Jp )
『一方、団体側は「排水方法に問題はなく、試験的にでも犬を持ち込んで住民に見てもらいたい」とし
ている。』

・湖西つれづれ「最近のAAs」
http://blog.kosei-club.com/?cid=34306
『法律に定められている以上の、動物取り扱い責任者や治療設備、獣医師の常駐など業者として定めら
れている義務を果たす必要は無い。施設の計画書、団体の総会議事録や財務明細などの公開も義務で無
い以上必要なし。地下浸透や薬液については、ほとんどネットのページをプリントアウトしたしたもの
約80ページ分のものを資料として添付、説明はなし。』

・期成同盟ブログのgenbeさんのコメント 2007-11-11 02:46〜
http://aahanatai.exblog.jp/6648926/

回答書にたいする矛盾を指摘しています。
・某BBS 高島シェルター稼動阻止「Title:AA NО 8027」
http://www.play21.jp/board/formz.cgi?
action=res&resno=7839&page=&lognum=&id=ganbare&rln=8027&vino=57#8027

AAの犬の糞尿処理について安全性が確保できないことを指摘しています。
・獣医師広報板「犬の糞便に塩素系消毒剤処理では安全にはならない」
http://www.vets.ne.jp/faq/f_love013.html


以下、続きます。

トップに戻る
149263高島シェルター騒動(経緯11 AAの抗議・ARKの視察 )和海 2007/11/27-12:40
記事番号149262へのコメント
22007/11/11
AAは高島市・期成同盟会長・地区長2名にたいし「個人情報保護法」を楯に対話集会の録音と回答書の
公開にたいし抗議した。

・AAサイト 「ずばり一言 地元住民、シェルター視察」
http://angels1947.blog104.fc2.com/blog-entry-97.html
『会議中の録音は認めておりません。また、回答書等を公開する事も認めておりません。(略)先般、個
人情報保護法により非公開にての審議をお願いしておりました。』

・AAサイト 活動日誌「地元代表者シェルター訪問」
http://arkangels.blog34.fc2.com/blog-entry-412.html
『次回は警察に通報します。とにかく、個人情報保護法も何もお構いなし!!』

※説明会や回答書の非公開を要求、個人情報保護法の曲解しているAAは「法人格なき社団である」と主
張している団体です。

・新・広島ドッグぱーくBBS「個人情報の保護に関する法律」
http://www.play21.jp/board/formz.cgi?action=res&resno=7448&page=&id=ganbare&lognum=#7615


2007/11/16
期成同盟の役員など13名が大阪のNPO法人アニマルレフュージ関西を視察した。

・湖西つれづれ
「AAs進出反対期成同盟が大阪のARKを視察」
「AAsに関して NPO法人・ARKを訪ねた人の報告と感想」
http://blog.kosei-club.com/?cid=34306
『その成り立ちや規模、予算、運営方法など・・・「例の施設とは全く違うねえ」とも。』


以下、続きます。

トップに戻る
149264高島シェルター騒動(経緯12 犬搬入予告)和海 2007/11/27-12:43
記事番号149263へのコメント
ここしばらく動きが無かったAAが、高島進出に向けて動き始めた模様。
11/23〜11/25の3連休中に、都島事務所では人の出入りが頻繁だった。
犬を一旦都島事務所に運び、それから高島に移動する準備ではないか?、という不審な動きを始めた。(都島事務所周
辺ルポより)


2007/11/23・24
AAはサイトにて、近々、滋賀シェルターに犬を搬入する予定とのこと。

・AAサイト 活動日誌「長かった道のり」
http://arkangels.blog34.fc2.com/blog-date-20071123.html
『滋賀シェルターへの犬の搬入がいよいよとなりました。
地元住民との話し合いが何度も持たれ、近々に搬入が出来るようになりました。』

・AAサイト 「ずばり一言 吉報!!」
http://angels1947.blog104.fc2.com/blog-entry-99.html
『地元との話し合いも水面下で数回、交渉を重ねており、反対期成同盟の代表とも何度も話し合いをしました。反AA
の外野連中が出て来れない分、平和的に解決が出来たのです。 概ね、合意しており保護犬の搬入も問題ないからいつ
でも搬入は構わないと、答えてもらっております。進出に理解を示してもらったと解釈しております。』
『さぁ、12月9日(日)(予定)には施設の開所式と譲渡会&バザーを計画しております。 地元との和解も出来
て、地元農家の農産物の即売会も同時開催したいと思っております。』


2007/11/25
AAサイトでの地元と解決(合意)できたという発表にたいし、地元ではそのような事実はないこと否定した。

・湖西つれづれ「AAs進出を同盟が受け入れ?」
http://blog.kosei-club.com/?cid=34306
『不思議に思って役員の中でも中心の方に電話で直接聞いてみました。
5回目の話し合いが行われることはほぼ決定ということです。ただし、受け入れ前提ではないとのこと。あくまで犬の
搬入は地元が納得してからの話のはずだと。』

しかし下記サイトには高島市も了承したとのコメントもあった。
・アークエンジェルズ進出反対期成同盟
http://s02.megalodon.jp/2007-1126-1432-27/aahanatai.exblog.jp/6648926/
『Commented by 地元民 at 2007-11-25 23:20 x
ここのコメントされてる皆さん、本当に地元は受入れを表明したそうですよ。もうすでに、犬たちはシェルターに搬入
しています。和解が成立しました。問題も解決しているそうです。結局は、外野が騒いだだけのようですな。当人同士
が話し合いをして解決したらしい。高島市も了承したそうです。』


2007/11/26
11/27に第5回説明会が行われることが判明した。しかしこの説明会での合意がなくても近々にAAは犬を搬入する計
画であるとの情報もあった。


2007/11/27
AAサイトでの「地元との合意」発言について「地元住民の合意はない」という公式発表が出された。

・反対期成同盟公式HP
http://no-aa.org/
『11/25付けで林代表のブログ、及び、AAsのブログで住民側がAAsを受け入れたような記事がありますが、住民は全く
合意していません。
12/9日に譲渡会とバザーを行うことも書いてありますが、
地元農家は誰一人彼らのバザーに協力するものはおりません
なし崩し的に犬を持ち込もうとしている行為は決して容認することは出来ません』


・本日のAA関連 10/27〜
http://havingnothingtodo.blog70.fc2.com/blog-date-200711.html


以下、随時追加していきます。

トップに戻る
149274高島シェルター騒動(経緯13 住民との約束を破棄し犬強行搬入)和海 2007/11/28-01:33
記事番号149264へのコメント
2007/11/27
今夜の第5回説明会を待つまでもなくAAは強行手段にでて犬を搬入した。

AM11:41 AAが犬を搬入するという情報が流れた。
PM 1:36 住民の反対を無視し犬20頭を積んだAAの車が施設に入る。
PM 8:00 予定どおり第5回説明会が始まる。

・湖西つれづれ「AAs林代表が犬を持ち込みに?」
http://blog.kosei-club.com/?cid=34306
『知人から「林代表が犬を連れて持ち込もうと大阪を出発した、と一報があった」と電話あり。』

・反対期成同盟 公式HP「AAs 保護犬の強行搬入」
http://no-aa.org/
『期成同盟役員が抗議に行くと「うちの都合でやっとんのやんけー」「もうええ」と話を中断。』
『一台目に続いて、2台目が到着。次に3台の車が来ました。』

・アークエンジェルズ進出反対期成同盟
http://aahanatai.exblog.jp/6938492/
『林代表が書面にて言明した「最後までご理解を賜れますように努力して行く所存でございます」それまでは犬の持ち込
みはしないとの約束通り、今後とも話し合いを継続することが確認された、というのが第4回の話し合いの内容です。』
『26日に期成同盟会長が林代表に電話、その際林代表の方より、その意向であるが、「持ち込む犬は10匹でもう引取
り先の決まっている犬だから問題ない」と一方的に話があり、それに対して「話し合いが済むまでは犬の持ち込みは駄
目」と伝えたが、林代表が聞き入れながったというのがことの真相です』

※10頭のはずが20頭になっている。40頭との情報もある。

・高島の施設に犬20匹搬入 アーク・エンジェルズ 住民は反発
(京都新聞)
http://s02.megalodon.jp/2007-1127-1953-13/www.kyoto-np.co.jp/article.php?
mid=P2007112700170&genre=C4&area=S00
『20匹は里親が決まっている犬などで、半数は皮膚病の疥癬(かいせん)が完治した犬という。』

※林代表は全頭疥癬症が完治した。と言っていた。

『住民側は林代表に「当初の約束通り、両者の合意がなければ犬の搬入はしないことを履行してほしい」と申立書を郵送
していた。』
『アーク・エンジェルズ側は「12月9日には施設で犬の譲渡会とチャリティーバザーを開く」と話している。』

※里親が決まっているので、12/9の譲渡会は、里親に引き渡す会と解釈すればいいのか。

トップに戻る
149317高島シェルター騒動(経緯14 犬搬入の報告関連・【第5回説明会】)和海 2007/12/2-23:55
記事番号149274へのコメント
<11/27、犬搬入後の報道と報告サイト>

・朝日放送ムーブ!
住民の合意なく施設に犬搬入
http://www.youtube.com/watch?v=jNl3lLrqScE
・高島の施設に犬20匹搬入  アーク・エンジェルズ 住民は反発(京都新聞電子版)
http://s02.megalodon.jp/2007-1127-1953-13/www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007112700170&genre=C4&area=S00
・住民合意なく犬搬入(asahi.com) 【地元反発「約束破った」】(朝日新聞)
http://s02.megalodon.jp/2007-1128-1026-32/mytown.asahi.com/shiga/news.php?k_id=26000000711280001
・高島の犬持ち込み問題:保護団体が犬搬入 「合意はない」と住民側抗議 /滋賀(毎日新聞)
http://s02.megalodon.jp/2007-1128-1618-52/mainichi.jp/area/shiga/news/20071128ddlk25040553000c.html
・犬*竭閨@20匹余を搬入(NHK大津)
http://s01.megalodon.jp/2007-1128-2056-24/www.nhk.or.jp/otsu/lnews/02.html


・AAサイト ずばり一言「滋賀シェルターに入る。」(11/28)
http://angels1947.blog104.fc2.com/blog-entry-100.html
『2ヶ月もの間、犬の搬入を我慢し、話し合いを継続して来たのだし、(略)理不尽な行動をとるわけがない。』
『相手側の了承を得たから実行をしたまでだ。』
『5回目の話し合いでも今後は合意文書を作成し、内容を吟味しお互いの合意の上で調印をしようという事になっていた矢
先の出来事であった。』

・AAサイト 活動日誌「エンジェルシェルター稼動!!」 (11/ 28)
http://arkangels.blog34.fc2.com/blog-entry-417.html
『犬の搬入については、こちらから「27日の集会前でもいいのですか?」とお伺いしたら、「もぅいつでもいい」とお返事
をもらっていたので、HP上でも公開し、準備しておりました。』
『代表者の言葉は個人の言葉で、地元皆の声ではないと言われたのも驚きました。』


※2ヶ月間、犬の搬入を我慢したのなら当日(半日後)の合意文書作成・調印まで待つのが常識ある社会人としての対応で
はないでしょうか。
「集会前でもよい」という期成同盟の会長の言葉が万一あったとしても、非公式な交渉であり、当日の話し合いで住民の意
思確認とるのが社会人としての常識、団体としっての誠実な姿だと思います。
豊中所有権裁判でも「口頭での譲渡は無効」としているAAですから、この口約束も無効とすべきものと言えます。


<11/27、第5回目の話し合いの報道と報告サイト>

2007/11/27
シェルターに犬を搬入後、午後8時から5回目の話し合いがされた。
期成同盟が当初からの要求していた質問事項に、AAの回答は同じ内容を繰り返し、実際にやってみて林代表が判断し林代
表の責任が明らかであれば即時撤退するとした。

・毎日新聞
高島の犬持ち込み問題:20匹搬入 住民ら「約束破られた」 /滋賀
http://s04.megalodon.jp/2007-1130-1035-
03/mainichi.jp/area/shiga/archive/news/2007/11/29/20071129ddlk25040036000c.html

・期成同盟公式HP「AAsとの第5回目の対話」
http://no-aa.org/keii/20071127_77.html
・アークエンジェルズ進出反対期成同盟
「犬の搬入後の夜、林代表と役員だけの話し合い」
http://aahanatai.exblog.jp/

※判断される側が自らで判断するという、常識はずれの回答。
このような独裁者的な思考をするなら、期成同盟会長の言葉も、自ら都合よく解釈されたものかもしれないと思ってしまい
ます。

トップに戻る
149445高島シェルター騒動(経緯15 犬搬入後から開所式までの様子)和海 2007/12/20-12:21
記事番号149317へのコメント
2007/12/02
地元住民の素直な感想などを綴ったブログが開設。
 
・NO-AAs!!! 反対する住民ろぐ
−住民の思いとか・・でもあくまでも一住民の想像の世界−
http://noaas.blog99.fc2.com/


2007/12/04

・NO-AAs!!! 反対する住民ろぐ
「支援物資山済み 犬の搬入はなし?」
http://noaas.blog99.fc2.com/blog-entry-2.html

ここに掲載されている写真、
ダンボールが無造作に捨てられている?置かれている?
ダンボールも資源リサイクル回収品です。
DP撤退時も新聞紙がどっさり放置されていました。
環境に配慮できない団体であることはこれだけでわかります。


2007/12/05
林代表は滋賀県で会社を営む弟の進言(説得?)にて、
ずっと拒否していた浄化槽の設置を決めた?

・NO-AAs!!! 反対する住民ろぐ
「犬屋に弟がいた」
http://noaas.blog99.fc2.com/blog-entry-6.html
『「兄が迷惑かけている・・」って
市長に面会にきたらしいけど、なんで今なん???』

「びわこバイオラボ の 回答」2007/12/08
http://noaas.blog99.fc2.com/blog-entry-13.html
『否定しないってことは間違いないのかな?』

「某日記と浄化槽」2007/12/11
http://noaas.blog99.fc2.com/blog-entry-17.html
『住民がデモを起こそうと計画した次の日に浄化槽を入れると言ってきたのも、
あなた方の都合が悪くなったから切り札出してきたってことよね。』
『役員呼び出して密会丸めこみ作戦。浄化槽入れるから・・って
デモ中止させようってのが腹立つ!』

※AAが浄化槽の設置について公に発表したのは、いつなのでしょう。
調べ漏れかもしれません。すみません。
わかり次第追記させていただきます。

・AAサイト 活動日誌「ご心配なくお越し下さい。」2007/12/06
http://arkangels.blog34.fc2.com/blog-entry-420.html
『私達は合併浄化槽も設けましょう。と前回の集会でもお話しました。』
・AAサイト ずばり一言「市議会傍聴」2007/12/14
http://angels1947.blog104.fc2.com/blog-entry-106.html
『当団体が提案した浄化槽設置を提案している事さえ、触れなかった大森氏。』
『当初、私も既存設備の地下浸透枡から浄化槽設置へと方向転換したのも、
地元住民の「水に対する厚い想い」を理解したからの結果であるからだ。』


2007/12/06
シェルターから犬が逃走しました。

・NO-AAs!!! 反対する住民ろぐ 「犬屋、犬逃げて大騒動」
http://noaas.blog99.fc2.com/blog-entry-8.html


2007/12/08
シェルターの開所式+譲渡会前日、約40頭の犬が搬入されたとの報道があった。

・愛護団体が施設に犬を持ち込み(関西テレビ KTVニュース)   
http://s04.megalodon.jp/2007-1208-2342-49/www.ktv.co.jp/news/date/main.html
林代表「おおむね住民の理解をもらったので、犬の一部を施設に入れた」と主張。
住民側「少数の住民の仕方ないという思いが伝わっただけで、合意はしていない」
としています。アークエンジェルズでは、9日に施設の開所式を開くとともに犬の
譲渡会を行なう予定です。

トップに戻る
149446高島シェルター騒動(経緯16 開所式と反対住民のデモ行進)和海 2007/12/20-12:25
記事番号149445へのコメント
2007/12/08 深夜
デモ行進の前夜、
期成同盟から出された質問にたいするAAの回答書が原告の会にて公開された。

・AAからの回答書1(11/1) 
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/1101kaitousyo.pdf
・AAからの回答書2(11/6)
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/1106kaitousyo.pdf

尚、この公開は原告の会代表 鎌田まりみ個人の一存であった。

原告の会BBS
「回答書を公開します」 
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/bbs/yybbs.cgi
>私、鎌田個人の一存であることをお断りしておきます。
>この私の行動に対しての非難・批判も多々あることを全て享受する覚悟で、
公開に踏み切ります。この回答書は公開しなくてはなりません。


2007/12/09
「高島市の自然は我々の財産だ!! 
ストップ・ザ・ふるさとの環境を破壊する行為」と大書した看板を設置し、
シェルターへの犬の搬入に反対する地元住民がデモ行進を行った。
午前と午後の延べ360名の住民と賛同者が参加した。

・犬飼育施設 反対の中きょう開所 高島 住民ら看板を設置
(読売新聞 YOMIURI ONLINE) 
http://s03.megalodon.jp/2007-1212-0158-39/www.yomiuri.co.jp/e-
japan/shiga/news004.htm


<デモ行進についての報道>
・犬の保護施設オープンに住民反発 〜滋賀・高島市
(毎日放送 MBSニュース)
http://s04.megalodon.jp/2007-1209-1827-
05/www.mbs.jp/news/kansai_GE071209172400070260.shtml
・アークエンジェルズ開所で抗議デモ
(BBCびわ湖放送)
http://s03.megalodon.jp/2007-1209-1926-24/www.bbc-
tv.co.jp/houdou/news/news_today.php
・犬の収容施設ついにオープン 住民が反対デモ
(よみうりテレビ ニューススクランブル)
http://www.youtube.com/watch?v=mIY5VMCBchU
・滋賀・高島市の犬施設開所式 住民依然反対
(よみうりテレビ 関西ニュース)
http://s04.megalodon.jp/2007-1210-1901-
56/www.ytv.co.jp/press/kansai/D5599.html
・アーク・エンジェルズ 犬舎開所 高島、地元住民ら抗議集会やデモ
(京都新聞 電子版)
http://s04.megalodon.jp/2007-1210-2206-30/www.kyoto-np.co.jp/article.php?
mid=P2007121000111&genre=C4&area=S10
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007121000111&genre=C4&area=S10 
・高島市の犬施設運営始まる(NHK大津放送局)
http://s04.megalodon.jp/2007-1210-1905-02/www.nhk.or.jp/otsu/lnews/05.html
・高島の犬持ち込み問題:住民抗議の中、施設開所 環境汚染許さぬとデモ行進
(毎日新聞 毎日Jp) 
http://s02.megalodon.jp/2007-1211-1737-
09/mainichi.jp/area/shiga/news/20071211ddlk25040737000c.html
・シェルターオープン 住民が反対デモ(朝日放送 ムーブ)
http://www.youtube.com/watch?v=fhLgGxU2b_U
http://www.youtube.com/watch?v=oQTsdEqfiZE


<デモ行進についての報告サイト>
・期成同盟HP「A A進出反対抗議デモ行進の報告」
http://no-aa.org/keii/20071209.html
・期成同盟ブログ
「12月9日・心はひとつAAsに抗議する住民集会・デモ行進に360名」
http://aahanatai.exblog.jp/7027439/
・NO-AAs!!! 反対する住民ろぐ「デモを終えて」
http://noaas.blog99.fc2.com/blog-entry-15.html

トップに戻る
149447高島シェルター騒動(経緯17 AA側の開所式の報告で虚偽が発覚)和海 2007/12/20-12:50
記事番号149446へのコメント
AA側のシェルター開所式の報告です。

・AAサイト ずばり一言「開所式、譲渡会のお礼」  
http://angels1947.blog104.fc2.com/blog-entry-104.html
・AAサイト ずばり一言「村八分の驚き!!」
http://angels1947.blog104.fc2.com/blog-entry-105.html
『地元某有名ホテルから、お祝いのケーキをプレゼントして頂きましたが、
これにも同様の圧力が掛かりました。』
・AAサイト 活動日誌「譲渡会&開所式」
http://arkangels.blog34.fc2.com/blog-entry-421.html
『ホテル側からは、お祝いの大きなケーキを頂きました。』
・またたび獣医師団
「祝 滋賀アークエンジェルズシェルターオープン」
http://blog.livedoor.jp/matatabivets/archives/2007-12.html#20071209
『地域一の豪華ホテル、今津サンブリッジホテル堀井総支配人から、
お祝いのケーキをプレゼントしていただきました。』

※このケーキについて、ホテル側に確認したところ、
またたび獣医師団主宰者の佐上邦久氏から頼まれたものであることが判明した。

・湖西つれづれ「ひとつだけ事実確認」
http://blog.kosei-club.com/?eid=686744
『「地元の大事な問題だし、支配人も状況はよく理解しているので 
そんなことをすることはありえない。」とのことでした。』

・期成同盟ブログコメント欄より(誤字訂正)
http://aahanatai.exblog.jp/
『 Commented by HAAG at 2007-12-14 15:58 x
本日(12/14)AM9:40にIホテルの支配人よりお電話をいただき、
AAの林代表が開設しておられるブログおよびAAサイトの活動日誌に掲載されている
「開所式にケーキを贈られた」との記事に関し、あれは間違いで、大変迷惑をしている。
他の団体(またたび獣医師団主宰者の佐上氏)から
頼まれたものであるとはっきりといっておられました。
こちらで「弁護士から内容訂正および謝罪も含めた文章の掲載における
内容証明書を送るとかの処置はとられないのですか?」と聞いたところ、
そこまで考えてはいません。」との回答でした。
いずれにしろ大 変迷惑がっておられました。』


2007/12/09
アークエンジェルズ進出反対期成同盟ブログが移転。
前ブログではコメント欄が無法地帯化していた。
今回からは
『同一IPからの自作自演、なりすましや悪意ある中傷等にき気づいた場合、
IPアドレス公開の嫌がらせをする場合があります。』
とのことです。

・アークエンジェルズ進出反対期成同盟ブログ
http://aahantai.cocolog-nifty.com/blog/



トップに戻る
149448高島シェルター騒動(経緯18 AAの市議会傍聴の報告で虚偽が発覚)和海 2007/12/20-12:54
記事番号149447へのコメント
2007/12/12
林代表は期成同盟会長との会話の中で犬搬入の合意があったとする
「録音テープ」を公開するとブログに公言した。

・AAサイト ずばり一言「村八分の驚き!!」
http://angels1947.blog104.fc2.com/blog-entry-105.html
『市議会2日目の12月14日、最初の市議会質問に
「アーク・エンジェルズ300日について」の報告があるそうです。
大森氏と私の会話の録音テープがあります。
その中に、はっきりと犬の搬入を認容した発言があります。
一部、大森氏、前川氏が来られた時にお聞かせしましたが、
一部のみで全てを公開しませんでした。その全てを公表します。
マスコミ各社と市役所に提出し、是非、市議会にて公表される為に提出いたします。』
『市議会当日、私が録音テープを持参いたします。
市議会での虚偽の答弁は重大な罪になります。』


2007/12/12
高島市12月定例会を前に、AAサイト「ずばり一言 村八分の驚き!!」にて
“村八分”について追記した。
その中で、反対住民側を提訴することをにおわせている。

・AAサイト ずばり一言「村八分の驚き!!」
http://angels1947.blog104.fc2.com/blog-entry-105.html
『さて、反対期成同盟および伊井地区においては訴訟が提起されれば、
どういった判決が出るのか注目されるだろう。
地元民の本意ではない反対バリケードの参加、
反対デモの強制参加の要請等や反対期成同盟代表の犬搬入認容テープやその他、
圧力が掛かった地元民の声等の証拠は揃った。
高島市定例市議会後に決断します。 』

2007/12/11 23:18 に取得されたキャッシュ
http://s04.megalodon.jp/2007-1211-2318-28/angels1947.blog104.fc2.com/blog-entry-
105.html


2007/12/14
高島市12月定例会が開催される。
林代表は「期成同盟会長が犬搬入了承済とした録音テープを公開する」
としていたが公開されなかった。

質問者 :大森六己議員(期成同盟会長)
質問事項:「 アークエンジェルズと300日の行動について 」
答弁者 :高島市産業循環政策部の次長

高島市側の答弁の概要が書かれたサイト
・おいでやす湖西(掲示板)
http://www.oideyasu-kosei.com/cgi-bin/bbs0/wforum.cgi?mode=allread&no=7268&page=0
「12月定例会 - AAs問題についての市の答弁」
http://www.oideyasu-kosei.com/cgi-bin/bbs0/wforum.cgi?
mode=allread&no=7268&page=0#7279


AAも12月定例会の傍聴を報告したが、その記事での虚偽が発覚した。

・AAサイト ずばり一言「市議会傍聴」
http://angels1947.blog104.fc2.com/blog-entry-106.html
『「ははは、そうだね。マスコミさんも皆、この事実を知っているのにね。
テレビで後援会支持者や反対期成同盟の皆さんも見ているからね。
ああ、言うしかなかったんだろうね。
役員さんより早くに施設に来ていたし市の職員さんも居たのにね。
録音テープにも犬の搬入の件 が出ているのに知らなかったなんてね。」
と市議会通路で大笑いしたものでした。』

・おいでやす湖西(掲示板)
http://www.oideyasu-kosei.com/cgi-bin/bbs0/wforum.cgi?
no=7293&reno=7291&oya=7268&mode=msgview&page=0
『報道席や傍聴席にいた人で、大森市議の質問直後に 彼以外に席を外した人はいませんで
したからね、少なくとも あそこの部分は作り話でしょう。』


個人的な感想、失礼します。
ずばり一言「市議会傍聴」での
『昨日の客は、名古屋から2名、大津市から2名、新旭町から2名、伊井地区から2名。』

「客」という表現に微妙に反応してしまいました。
訪問者・来場者、せめて「お客様」との表現が良いかと思います。

トップに戻る
149620高島シェルター騒動(高島市議会12月定例会の録画ビデオ)月虹 2008/1/31-00:12
記事番号149448へのコメント
高島市議会の12月定例会の録画が公開されています。 
合併浄化槽も未設置なのに、
高島市の答弁では、廃水処理も疥癬症の問題も解決に至っていると言っています。
傍聴席に林代表の姿が見えます。

・市議会平成19年12月定例会(H20.1.17登録)
http://www.city.takashima.shiga.jp/icity/browser?
ActionCode=content&ContentID=1180572703715&SiteID=0000000000000
(大森議員をクリックしてください。)

トップに戻る
149623高島シェルター騒動(経緯19 支援物資転売・薬事法違反・犬搬入)和海 URL2008/1/31-14:32
記事番号149448へのコメント
皆様、こんにちわ。

年末に発覚した「薬事法違反」、その後、AA理事だった方の「内部告発」など
追い詰められた感のあるAAです。
ここにきて「傷害事件」も起こしてしまったようです。


2007/12/30
AAがDPで集めた支援物資を
ヤフーオークションで転売していたことが発覚する。
AAの出品商品が薬事法違反となることが判明した。
http://beyond.2log.net/akutoku/bbs/qa/149477.html#149596

2008/01/11
AAが滋賀県からの
「ヤフーオークションでの競売」の問い合わせについて認める。

・NO-AAs!!! 反対する住民ろぐ
「オークションで売ってたことを認めた」
http://noaas.blog99.fc2.com/blog-entry-32.html

2008/01/15
期成同盟ブログのコメント欄にて、
非公式としながら70頭が搬入予定と投稿される。

09時26分:70匹を高島シェルターに搬入予定との情報が入りました!
10時22分:現在、行政機関および規制同盟で確認作業中とのことです、

その後、このコメントは削除される。
そして、同盟側からコメント欄に
「今日は持ち込まないという確認をとった」と報告された。
現在、その記事自体が削除されたため、詳しいコメントはわかりません。
このような不可解なコメントの削除や記事の差換えなどについて、 
ネット上では高島の情報発信の姿勢について疑問の声が上がりはじめている。


朝日放送「ムーブ」がAAの薬事法違反について放送する。
・朝日放送「ムーブ」
「追跡報道… あの動物保護団体が援助物資を違法にネット競売」
http://www.veoh.com/videos/v2990581s3CyYZhS

3分割ですがveohが見れない方にyoutubeです。
(削除される場合もあります) 
http://www.youtube.com/watch?v=Bn0PhrLTiZA
http://www.youtube.com/watch?v=qfTBjpJ0wQk
http://www.youtube.com/watch?v=VQAB2GHshu4

2008/01/18
AAの進出を反対する各団体代表者が
「アーク・エンジェルズ林俊彦代表による薬事法違反に対して
速やかな調査と、告発を含む厳正なる処分を求める要望書」を
県知事はじめ関係各署に提出した。

・毎日新聞(2008/01/19)
「高島の犬持ち込み問題:動物用医薬品を違法販売 
 保護団体の処分、住民ら要請 /滋賀」
http://mainichi.jp/area/shiga/news/20080119ddlk25040381000c.html


2008/01/19
原告の会BBSにて、17日に22頭が搬入、
19日昼頃にも搬入予定と報告される。

・原告の会BBS
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/bbs/yybbs.cgi

ムーブがシェルター付近を取材するも、住民は誰もいず閑散としていた。
との報告があった。

期成同盟HPにて、
15日・18日・19日の市との連絡や犬の搬入について報告される。

・期成同盟HP「新たな保護犬を搬入」
http://no-aa.org/keii/item_94.html


2008/01/20
以前設置されていた看板が市の所有であったため返却を要請され、
期成同盟は新たな看板を設置する。
ブリーダーが近隣で待機しているのが発見され、
その後シェルターに犬を搬入。 その際に傷害事件が起きた。

・期成同盟HP
「臨時総会・新看板設置・抗議文読み渡し・犬搬入・傷害」
http://no-aa.org/keii/20080120.html

尚、この傷害事件については、こちらで記事にする予定はありません。
理由は
・傷害事件についての憶測・情報が錯綜し、真実が見えないこと。
・被害者側のブログにて書かれた経過や事情の報告記事の転載が「厳禁」
等からです。

トップに戻る
149624高島シェルター騒動(経緯20 ムーブの内部告発・傷害事件)和海 URL2008/1/31-14:37
記事番号149623へのコメント
2008/01/21
朝日放送「ムーブ」にて
20日に起きた傷害事件とAA理事の内部告発が放送された。

動物保護団体「アークエンジェルズ」の闇/
動物愛護団体とは思えない実態…関係者がスクープ激白
http://www.veoh.com/videos/v3287353FmxxA2yk

3分割ですがveohが見れない方にyoutubeです。
(削除される場合もあります) 
http://www.youtube.com/watch?v=_gSmP7yvtkg
http://www.youtube.com/watch?v=418vWbUCEsM
http://www.youtube.com/watch?v=0mXEC5a5ztQ

・AAサイト ずばり一言「ムーブの放送を見て」
http://s04.megalodon.jp/2008-0121-2110-14/angels1947.blog104.fc2.com/blog-
entry-114.html
・くすのき動物病院: 朝日放送『ムーブ』A#
http://kusunoki-animal.cocolog-
nifty.com/blog/2008/01/post_09dc.html#comments

原告の会は、ずばり一言「ムーブの放送を見て」とくすのき動物病院ブログの内容
について
虚偽であると、AA理事から聞いた証言内容をBBSにて公表した。

・原告の会BBS
「虚偽と真実」 投稿者:鎌田まりみ
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/bbs/yybbs.cgi


2008/01/27
期成同盟が01/17にAAに送付した「抗議文」の回答として、
AAから「通知書」が期成同盟に渡された。

・期成同盟HP
「AAsから同盟に通告書が渡される」
http://no-aa.org/keii/20080127.html
「通知書」
http://no-aa.org/datafile/20080127.pdf


2008/01/28
ネットにて犬を積んだ車が大阪都島の事務所を出発したとの書き込みがあった。
期成同盟ブログも期成同盟HPも反応がなかった。


2008/01/29
期成同盟HPにて28日の搬入についての報告がされる。

・期成同盟HP
「新たな保護犬の搬入がありました」
http://no-aa.org/keii/item_97.html
『27日に市の職員が確認したところ、68頭の保護犬が搬入されたとのことです。
28日、午後、新たに10数頭の犬が持ち込まれました。』



私的なコメント、失礼します。
月虹さん、定例会ビデオの紹介ありがとうございました。
高島市の排水処理解決の答弁と現況との食い違い
高島市の疥癬症犬解決の答弁とムーブの取材内容との違い
これらをどう考えればいいのでしょうか。

昨日30日に傷害事件の現場検証が行われました。
ムーブが警察に取材にいったところ
「ムーブが地元をあおるから、住民がつけあがる」と言われたそうです。
「つけあがる」とはどういう意味でしょうか。
住民が生活環境や自然破壊を守ろうとし、
ひいては風評での被害に怯えているというのに。
住民不在の行政の対応、期成同盟のトーンダウン、
傷害事件の憶測など、暗澹たる状況になってきたように思います。

トップに戻る
149846高島シェルター騒動(経緯21 期成同盟と行政の動き1)和海 URL2008/3/2-00:08
記事番号149624へのコメント
皆様、こんばんわ。
高島シェルター騒動に関しては、
これといった大きな動きもなく1ヶ月が過ぎました。

2008/01/22
AAのシェルターに
滋賀県の職員が獣医師とともに視察(立ち入り検査)した。


2008/01/30
期成同盟HPにて
シェルター門前におきた事故(01/20)についての報告がされた。
期成同盟副会長他がAA林代表を「傷害罪」で告訴、
AA林代表が期成同盟副会長他を「威力業務妨害罪」で告訴とのこと。

・期成同盟HP「告訴をし、告訴される。」
http://no-aa.org/keii/item_99.html

AAサイトでは
『反対期成同盟の行き過ぎた妨害行為に対しては、
粛々と提訴の準備を進めております。』
との記述以後、AAサイトでの報告はないようです。

・AAサイト ずばり一言「ムーブの放送を見て」(1/21)
http://s04.megalodon.jp/2008-0121-2110-14/angels1947.blog104.fc2.com/blog-
entry-114.html


2008/02/02
01/18に期成同盟がAAの薬事法違反について滋賀県に提出した要望書
(「アーク・エンジェルズ」林俊彦代表による
薬事法違反に対して速やかな調査と、
告発を含む厳正なる処分を求める要望書)の回答が公開された。

・期成同盟HP「県から要望書についての回答」
http://no-aa.org/keii/item_100.html


2008/02/12
AAが犬2頭を搬入。
その際の市職員の対応に一貫性がなく住民不在を再認識させられる。

・NO-AAs!!! 反対する住民ろぐ
「2頭搬入」
http://noaas.blog99.fc2.com/blog-entry-57.html
『15:50頃、市職員Aさんからの回答 
[AAsに確認。本日は搬入していないそうです。]
でも同じような時刻に別の同盟役員が市役所にて市職員Bさんから
[今日2匹入った。犬の動きについては林から必ず連絡が入る。]と言われた。』


2008/02/13
期成同盟役員と海東高島市長、高島市環境政策課の対話が行われた。

・期成同盟HP「高島市長と反対期成同盟役員の面談」
http://no-aa.org/keii/item_102.html
『高島市長に現在の認識をお聞きしたところ、
2007年10月2日の郷土を守る市長声明を発表された時と、
今も気持はかわっていないとののことでした。』

・NO-AAs!!! 反対する住民ろぐ
「市長との面談」
http://noaas.blog99.fc2.com/blog-entry-58.html
『犬屋さんについての市長の認識 
多頭飼いをしている一個人であるということ。団体とは最初から見ていない。』

・京都新聞電子版
「高島市長に支援要望 犬舎反対の住民団体、「環境守る」で一致」
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2008021300181&genre=C4&area=S10
『海東市長は「今のこの国の法律では個人を規制できない」と理解を求めた。
 市は、犬舎に犬が77匹いること
 ▽犬舎の汚水処理を行う合併浄化槽が近く着工されることなども説明した。』

・AAサイト ずばり一言「皆さまに、感謝」
http://s01.megalodon.jp/2008-0213-1953-26/angels1947.blog104.fc2.com/blog-
entry-120.html
『施設を見て廻っていただき、
 75頭もいるのに犬の臭いもせず鳴き声も静かなのには驚いた。と、』

※京都新聞の記述において
「犬の多頭飼育を行っているアークエンジェルズ」とあり、
「動物愛護団体」というAAの肩書きが消えました。
マスコミがこのように認識し報道したことは
・豊中所有権裁判(概略・団体情報) -和海(2007/11/13-10:36)No.149163
において、裁判所がAAを「団体ではない」と判断したことによるものと思いま
す。
この豊中所有権裁判は判決が出た後、AAが控訴しています。
この控訴の結果を待って、後日、改めてまとめて報告したいと思っています。

※市は77頭とマスコミに発表。林代表のブログでの報告では75頭。
02/12に搬入した2頭を林代表は忘れているのか、
ブログの下書きが12日以前だったのかは定かではないですが、
そのようなところもキチンとされるべきだと思います。

以下、続きます。

トップに戻る
149847高島シェルター騒動(経緯22 期成同盟と行政の動き2)和海 URL2008/3/2-00:10
記事番号149846へのコメント
2008/02/16
期成同盟において県議会員および市議会員参加のもと、
今後の滋賀県や高島市に要望していく事項を協議する。

・期成同盟HP「同盟役員会」
http://no-aa.org/keii/20080216.html
『市が仲介するという協定書については
「協定書はあくまでも結ぶ相手との信頼関係がないと結べないもの」
との意見で一致。今のところ、
アーク・エンジェルズこと林氏は信頼できる人物ではないとの考え。』
『浄化槽については、
住民は浄化槽が設置されても酒波地先での多頭飼いに反対である。』


2008.02.17
AAシェルター周辺で約70cmから約1mの積雪となり、
除雪車通過後に雪で塞がれた水路を通す作業を付近住民が行う。
その後、復旧したはずの水路から水があふれ住民の家が床下浸水となる。
AAが水路に流した雪塊が原因と思われ抗議にいったことが
地元住民のブログにて報告される。

・NO-AAs!!! 反対する住民ろぐ
「川に雪を流す犬屋」
http://noaas.blog99.fc2.com/blog-entry-59.html
『「入会権」というものがある。
先祖が残した川を利用するのは、
代々ここで暮らしてきた私達住民がもった権利で、
今までここで生活をしていない犬屋さんにはこの権利は発生しない。
犬屋さんは、私達だけが持っている川を利用する権利を平気で侵している。』


2008/02/18
住民が川の水で雪を溶かしながら除雪中に川が白く濁る。
「2日前にも白い液体と犬の毛が流れていた」と
地元住民ブログにて報告される。

・NO-AAs!!! 反対する住民ろぐ
「白い液体が流れてきた」
http://noaas.blog99.fc2.com/blog-entry-60.html
普段の水の色
http://blog-imgs-18.fc2.com/n/o/a/noaas/080218141338s.jpg
上流の方から白い流れを聞いた住民が急いでカメラを取りに走り撮影。
http://blog-imgs-18.fc2.com/n/o/a/noaas/080218141320s.jpg
『昨日の雪の時の記事に「入会権」のことを書いたけど、加えて、
「良好な環境の中で生活する権利」である「環境権」も、
私達の生命・身体・健康・精神・自由・生活を保護する「人格権」も侵害しています。
住民はこの大切な川に何が流れてくるか分からない精神的な苦痛を受けています。
そして、その為にこの川に作った「かわと」が使えなくなる可能性があります。
この季節、大根や白菜を洗ったりするのも「かわと」。
住民はこの川の恵みで毎日生活しているのに
住民票もここに移さず、市民税もなんも納めていないあんたらが
高島市民の血税で除雪されている道を通ることさえ腹が立つ。』

以下、続きます。

トップに戻る
149848高島シェルター騒動(経緯:終 一年が経過)和海 URL2008/3/2-00:18
記事番号149847へのコメント
◆2008/02/19
アーク・エンジェルズが高島に進出することが判明して1年が経ちました。

高島市水道課に給水装置変更届(水道の名義変更) が出され、
犬を100頭ほど飼う予定だとわかりました。

あれから1年。
AAは地域住民の反対を押し切り、AA自らの約束も破り、犬を強制搬入させ、
シェルター稼動に至りました。
犬77頭がシェルターに収容され、今後もAAは犬を搬入し続けるでしょう。

現在まで、AAと期成同盟の動向を追ってきましたが、
高島シェルター騒動につきましては、ここで一旦打ち切ることにしました。

その理由は
・ツリーをたててくださった空き地。さんの当初の提示根拠である
「ペットに関する問題には地域性がなく、日本はもとより世界中の問題であること」に関
し、
シェルター問題は大きな問題として位置づけてきましたが、
その内容に大きな進展が見られないこと。
・同様に「報道の自由を揺るがす問題である」ということでも、
AAに対し唯一と言っても過言ではないくらい関わってきた朝日放送「ムーブ」が
高島関係への扱いに苦慮しており、最近では高島シェルター問題を積極的に取り上げなく
なったこと、
また、今後もそれは変わらないであろうこと。
そのことにより「報道とAA」の対峙がなくなったこと。
・期成同盟の対策等、1年を経過した今でも落としどころが未だ不明なこと。
・この一年間を通し、期成同盟結成時より
外部に支援を呼びかけている筈の期成同盟の外部支援者への現実の対応が、
理解し難い事に「外野拒否の姿勢」であること。
・高島からのネットでの情報発信の殆どに「外野の拒否」を含み、
今日に至っては、
外部との連携を必要としない方針であるかのような記事があがったこと。
<NO-AAs!!! 反対する住民ろぐ「モラル」>
http://noaas.blog99.fc2.com/blog-entry-68.html
>役員さんとも話していたんだけど、
>高島の情報を流しているサイトを全部閉鎖して、
>一切情報を流さなかったらどうなるかなぁ・・ってね。
>なんかもうほんま疲れたし。

等から、以後、こちらで詳細に報告する意味もないと判断しました。

この高島シェルター問題がいつか全国ネットで配信され、
動物愛護との関わりも含め、 注目されればと願ってきたのですが、
注目される材料(報道がとりあげる価値も含め)もなく、
全国への発信も期待できず残念ですが、
会議室の皆様に知っていただけたことだけでも良かったと思っています。
高島シェルター騒動について、大きな展開があれば、
また報告したいと思ってます。

以後の高島シェルター騒動についての細々した報告は私のブログ
http://akumaniaa.blog.shinobi.jp/
にて記載していくつもりです。(更新は遅いですが)
関心のある方は、そちらをご覧いただければと思います。


最後に
>なんかもうほんま疲れたし。
私も疲れました。
高島の皆様はもっとお疲れでしょうが、
悔いなきよう頑張ってほしいと思います。

高島シェルター騒動は以上です。
ありがとうございました。

トップに戻る
150217高島だけの問題ではなくなります。空き地。 2008/6/18-00:04
記事番号149848へのコメント
こんばんは、みなさん。

和海さん、情報提供、たいへんにお疲れ様でございます。

さて、ことは高島の問題だけではすまなくなったようです。

AA代表の「ずばり一言」にて、次の発言がございました。

「有事の備え」の項
>日本を動物愛護先進国にするために、力を貸して下さる。
>各地でシェルター建設を実践して殺処分ゼロに向けて活動を展開するのだ。
>来月、中部地方で支部が誕生する。
>滋賀の近県にてシェルター建設の予定もある。
>次年度、関東方面、九州圏にも支部を開設する。

高島の地元から情報を発信されておられる方へ。
自分たちが受けた理不尽さを他の人に与えたくないという
お気持ちであるならば・・
たゆまない情報発信をお願いいたします。
もし情報を妨害されたりした時は、遠慮なくお書きください。
その時は新ツリーを立ててくださいね。

泣き寝入りしてほしくありませんので・・

トップに戻る
150220AAが、地域住民を告発。空き地。 2008/6/23-01:07
記事番号150217へのコメント
こんばんは、みなさん。
今日からブラウザを換えて、サクサク動くようにしましたので、
今までより、情報収集がしやすくなりました。

>
>高島の地元から情報を発信されておられる方へ。
>自分たちが受けた理不尽さを他の人に与えたくないという
>お気持ちであるならば・・
>たゆまない情報発信をお願いいたします。
>もし情報を妨害されたりした時は、遠慮なくお書きください。
>その時は新ツリーを立ててくださいね。
>
>泣き寝入りしてほしくありませんので・・

と、私がこのように書いたのは訳があります。

http://angels1947.blog104.fc2.com/blog-entry-128.html
「今まで、理不尽な行為を無視してきた私であるが、余にもいき過ぎた行為が
あったので大阪事務所周辺及び滋賀シェルター周辺の監視カメラ、盗撮行為、
覗き行為を行った者らを、先日、各所轄警察署に告訴状を提出してきました。

ご支援者の皆様には、「なぜ、動かない」「どうして告訴しないのか」など、
ご進言とお叱りを受けていましたが、半年以上の我慢を重ね、黙って通り過
ぎればよいこと。と、辛抱してきましたが、懲りずに堂堂と盗撮を繰り返し
プライバシー侵害を普通のように行った行為は法律によって罰せられるもの
であります。
ワンたちのためにも騒ぎを大きくしないように今まで黙してきましたが、5月
15日に告訴を断行いたしました。


これ以上の揉め事は回避したいつもりでしたが、こういう輩はお灸をすえなけ
れば治らないのでしょう。

ただただ、目の前に居る不幸な犬たちを救っているだけなのに、
なぜ、こんなに騒いだり大ごとにするのだろう。
ご自身らが、一頭でも不幸なワンたちを救ったことがあるのだろうか。」

以上、抜粋しました。

文中、「行き過ぎた行為」と記載していますが、
どのサイトのどの記事かを特定しておりません。

また、本当に告訴を行ったのか、告訴が受理されたのかも
判断できません。

私としては、AAが覗き見されたと主張してるのが「高島シェルター」
であるならば、それは人々の善意で運営されているAAの「作業場」
なんです。それに「個人のプライバシー」がどれだけあてはまるのか
疑問に思っていますけど・・



トップに戻る
150622地元からの情報が「凍結」される空き地。 2009/2/8-14:02
記事番号150220へのコメント
こんにちは、みなさん。
高島の地元から情報を発信されていた「NO-AAs!!! 反対する住民ろぐ」が
FC2のブログ運営会社により凍結されてしまいました。
 NO-AAs!!! 反対する住民ろぐ
 http://noaas.blog99.fc2.com/
 > このページの表示は許可されていません
 > このブログは下記の理由などにより凍結されています。
 > ・規約上の違反があった
 > ・多数のユーザーに迷惑をかける行為を行った。

AAもしくはAAの支持者から何かしらのクレームが入ったと思われます。
何者かによる「人為的な風化」作業はリアルタイムで進行しています。

トップに戻る
150646これが削除依頼の中身空き地。 2009/3/8-23:48
記事番号150622へのコメント

こんにちは、みなさん。

>何者かによる「人為的な風化」作業はリアルタイムで進行しています。
>
最近になって、AA批判ブログに削除依頼(命令?)が一気に出ています。
こちらが、その中身です。
http://hdp-genkoku.net/bbs/yybbs.cgi


「私は動物愛護団体アークエンジェルズ代表です。
貴殿らが、管理運営するブログ記事およびコメント、
また他の掲示板、コメント欄への書き込みは、私個人およびアークエンジ
ェルズへの名誉棄損、信用棄損、威力業務妨害、個人情報保護法、侮辱に
抵触し、私は多大なる損害を被っています。
即刻すべてのブログの削除、閉鎖を要求いたします。
また貴殿において私及び関係者の個人名、団体名等の使用につきまして、
検索エンジンへのリンク等を含め一切使用を禁止しますので順守ください。
貴殿HP内において他に上記に抵触する記事、コメント等がありました場合、
即刻削除ください。
また私に対する謝罪を要求いたします。
謝罪文は下記メールアドレス宛てにメールを願います。
本件については貴殿らを加害者、被告訴人として既に司法および行政当局
に被害を報告、刑事告訴、民事訴訟を準備しております
が、当該記事およびコメントの削除、私に対する謝罪が速やかに行われた
場合、一定の宥恕を考慮することもあり得ることを申し添えます。」


【以下略・・・該当箇所の指摘が延々と続きます。】

この同一文は、こちらにも届いております。↓
http://kumaneko.asablo.jp/blog/

この文が他にも届いてるのなら、削除用ひながた文を大量配布している
可能性があります。

ところで文中に「貴殿ら」とありますけれども、
これでは特定の相手に出したものにはならないでしう。


トップに戻る
150647Re:これが削除依頼の中身空き地。 2009/3/8-23:59
記事番号150646へのコメント
訂正します。
>ところで文中に「貴殿ら」とありますけれども、
>これでは特定の相手に出したものにはならないでしう。

>貴殿らが、管理運営するブログ記事およびコメント、
>また他の掲示板、コメント欄への書き込みは、私個人およびアークエンジ
>ェルズへの名誉棄損、信用棄損、威力業務妨害、個人情報保護法、侮辱に
>抵触し、私は多大なる損害を被っています。

グループで管理している、という意味合いでしたら、
「貴殿ら」でも通用するかも知れませんね。

しかし・・
>即刻すべてのブログの削除、閉鎖を要求いたします。
これは「削除依頼」ではなく「潰し」ではないでしょうか?


トップに戻る
150650不具合な削除依頼空き地。 2009/3/10-21:19
記事番号150647へのコメント

こんにちは、みなさん。
こちらに原告の会代表より情報がありました。
http://junk.a902.net/index.htm?brd=9
>ただいまのところ、当会にリンクしていて、削除要請を受けた者への
>メールおよび、コメントは全て同文であることが確認されています。
まあ、控えめに見てもかなり広範囲にばらまかれたようです。

また、私が先に挙げた削除依頼文は、どうやら借り物である様子。
そのことはこの発言が物語っています。
>当会へのAAからのメールは、この方の文章をそのままコピーしたものとおもわ
>れ当会BBS記事と表現するべき所まで、原文のまま「ブログ」となっていたり、
>メールで連絡をよこせといいながら、(原文はFAX)FAX番号ばかり書いていて
>全くメールアドレスがなかったりと非常に不可解なものになっています。
簡単に言いますと「つぎはぎのある削除依頼」ということでしょか。

不具合を承知で出すのでしたら、大変に不遜な文書と言えます。

また、この件とは別に、現在、FC2を利用したブログの凍結が続いています。
そのひとつ「La ronde 第2幕」

http://error.fc2.com/blogf/
>このブログは下記の理由などにより凍結されています。
> * 規約上の違反があった
>* 多数のユーザーに迷惑をかける行為を行った。

不具合なる削除依頼と、FC2ブログ凍結が、動物虐待監視委員会(AA)
の目立った動きになっています。

トップに戻る
149557Re:高島シェルター騒動(経緯15)の追加情報にゃん巻き 2008/1/15-08:49
記事番号149445へのコメント
みなさん、こんにちは。
時期を外した感もありますがまずはご挨拶を、今年もよろしくお願いします。

和海さんは No.149445「高島シェルター騒動(経緯15 犬搬入後から開所式までの様
子)」で書きました。
> 2007/12/05
> 林代表は滋賀県で会社を営む弟の進言(説得?)にて、
> ずっと拒否していた浄化槽の設置を決めた?

ここに出てきた、林代表の「弟」が代表取締役を務める会社は、
所在地「滋賀県高島市」の「びわこバイオラボ株式会社」です。

アーク・エンジェルズ代表 林俊彦が犬収容施設に選んだ場所も
「滋賀県高島市」。
この符合には「果たして偶然なのか?」とアーク・エンジェルズ問題追及者なら
ば、誰しもが疑問に思うところでしょう。

「びわこバイオラボ株式会社」http://www.e-oil.jpは、
滋賀県庁サイトにて、「滋賀県内で行われているバイオディーゼル燃料の取組」
で、滋賀県も認める会社として紹介されています。
滋賀県庁サイト”滋賀県/湖国しがのバイオディーゼル燃料”
http://www.pref.shiga.jp/d/new-energy/biodieselfuel.html

また、代表取締役の林光男氏は「自動車用バイオ燃料技術の最前線」の執筆人にも
名を連ねています。
http://www.cmcbooks.co.jp/books/t0604.php

「びわこバイオラボ株式会社」社長挨拶の冒頭を引用します。
http://www.e-oil.jp/aisatsu.html
> 私たちが、自然の環境を語るとき、世界規模の環境に配慮せねばなりません。
> 小さな地域から、大きな地域へと環境に“境目”など存在しないからです。
> その中にあって、私たちはエネルギを創造することと、環境に配慮することの
> 最も重要な問題に挑戦したいと思います。

林光男代表取締役は、このように環境問題に積極的に取組む事を謳っています。
この「弟」林光男氏の実績・信用性と比して、「兄」林俊彦代表の率いる団体の
杜撰さはどうでしょう。
アーク・エンジェルズの犬収容施設の運営計画により明らかになった環境への配慮の
無さや意識の低さへの不信は、その代表の発する言葉だけでは簡単にぬぐえるもの
ではないでしょう。

環境への配慮について、犬を持ち込むことで直ぐに起きる問題に、排泄物…糞尿の
処理があります。
アーク・エンジェルズは糞尿処理の対策として、浄化槽のようなものを設置すると
言っています。が、すでに犬を複数頭持ち込んでいるにも関わらず、未だにその計
画書も出されていないようです。
しかし、
 今後持ち込むであろう最大300頭分の犬の糞尿処理に適した浄化槽を
 本当に設置するのか?
 それを設置したとして、果たして予想される量の糞尿を収集処理する保障
 はあるのか?
 糞尿処理費の「節約」の為に、実際には収集しないのではないか?
 …等々の懸念は、ひろしまドックぱーく撤退時や都島事務所の惨状を目に
 してきた者には当然のものと思われます。

長くなりましたので「びわこバイオラボ株式会社」については次の枝に。

トップに戻る
149558Re:高島シェルター騒動(経緯15)の追加情報(続き)にゃん巻き 2008/1/15-08:57
記事番号149557へのコメント
びわこバイオラボ株式会社について

滋賀県庁サイトより引用。
http://www.pref.shiga.jp/d/new-energy/biodieselfuel.html

●びわこバイオラボ株式会社(担当部署:事業本部)
〒520-1121 滋賀県高島市勝野939番地
Tel:0740-36-8095 e-mail:info@e-oil.jp
ホームページ:http://www.e-oil.jp
〔実施者のコメント〕
高島市および滋賀県下の自治体との循環型社会形成事業を軸に、民間企業へのBDF販
売、海外からの原料油の輸入、研究開発等の活動を行っています。
現在の主な取り組みとして、高島市でのコージェネ実証実験事業へのBDF供給(ヤンマ
ー(株))、滋賀県草津市の立命館大学エコキャンパス事務局とのBDF事業、栗東積水工
業(株)の構内使用のフォークリフトへのBDF供給等があり、地域に根差した事業を推進
しています。

【取組データ】
1.廃食用油回収活動
取組開始:平成9年8月 廃食用油回収量:約5,000リットル/月
(自治会、事業系、NPO・ボランティア*購入を含む)
2.バイオディーゼル燃料製造
取組開始:平成9年11月
製造能力:7,000リットル/日

-----------------------------------------------------------
「びわこバイオラボ株式会社」 サイト内より引用
http://www.e-oil.jp/kaisyagaiyou.html
・大阪営業所
〒542-0085
大阪市中央区心斎橋筋2丁目6番9号 心斎橋福穂ビル7F
Tel:06-6484-3051 Fax:06-6484-3052

・みづほグループ 
http://www.e-oil.jp/miduhogroup.html
みづほグループとは・・・
不動産、建築土木事業、環境関連事業等を営む異業種業者が環境保全を重視した経済
活動の推進を目的として、資本や人材の交流をはかっているグループです。

グループ企業名:
- 株式会社 みづほファシリティーズ
 ※びわこバイオラボ株式会社 大阪営業所と同じ住所
 ※不動産 知事(1)第052485号
 ※http://www.hato-mark.com/servlet/Kaiin1?kaiin_no=02710524850&bukken_type=
- 国誉建設 株式会社
- 近畿昭建 株式会社
- 株式会社 ニュー・モンキー
- 有限会社 プラップ
- 有限会社 建都設計事務所 

トップに戻る
149270疥癬症について和海 2007/11/27-13:02
記事番号149256へのコメント
<疥癬症について>

ダニが寄生して起こる皮膚病の一種。耳のふちや顔、ひじ、足の甲などの皮膚が固まり、フ
ケや激しいかゆみを伴う発疹が出る。
接触感染するため、犬を集団で飼育している家庭や犬舎では1匹がかかると、全体に蔓延す
ることがある。人や他の動物も発症し、治療を始めて症状が軽減しても、ダニが死滅して患
部が完全に治るまでは再発の恐れがある。
野生動物への疥癬の感染は日本各地で既に確認されていて、高島市での野生動物への感染の
危険は絵空事ではない。
回りまわって、野生動物から飼育されている動物、人間への感染も当然起こり得ると考えら
れる。

・「知床博物館」
疥癬キツネ・タヌキ・アナグマなど・・・
http://shir-etok.myftp.org/page/dobutsu/kaisen.html

・獣医師広報板
「田園地帯である高島市に、多数のカイセン犬を持ち込ませてはいけない!!」
http://www.vets.ne.jp/faq/f_love009.html

・くすのき動物病院
「疥癬」
http://kusunoki-animal.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_b82b.html




トップに戻る
149265シェルタについての考察和海 2007/11/27-12:47
記事番号149252へのコメント
※シェルターについての参考考察「シェルターの幻想」(改行のみ変更)
http://www.play21.jp/board/formz.cgi?
action=res&resno=7258&page=&id=ganbare&lognum=#7268

シェルターという意味は避難所という意味です。
一時的に、避難する場所であるという事がいえます。
言い換えれば、捕獲、処分される犬を救出し、里親さんに出すまでの間、一時的に
犬を適正に飼養できる場所であるという事なのです。

遺棄された犬など、保護された犬は、新たなやさしい里親さんの元で、家族として
生活する事で、初めて、幸せになったと考えられます。 通常、一時預かりさんの
元や保護施設にいる間は、命は繋がったかもしれませんが、その場所はあくまで保
護されている場所でしかありません。 言い換えれば一時預かりさんなどは、個人
シェルターであるということがいえるでしょう。

現在、年間、約14万頭の犬が処分されています。 
例えば、500頭収容できるシェルターを作ったとしましょう。
シェルターに犬を500頭収容したとしましょう。
年間150頭、里親さんに引き渡したとしましょう。
この時点で、残りの350頭はシェルターにいて、宙ぶらりんの状態です。

139500頭は処分されています。
この時点で、結果的に幸せになった犬は僅か150頭なのです。
結局、シェルターがあろうが無かろうが、そのシェルターを持つ愛護団体の譲渡能
力分しか幸せにすることが出来ないという事です。

その一方、シェルターにかかる経費は莫大なものになります。
大手の愛護団体でも年間譲渡数は150頭あまりです。
一方費用は約1億円ぐらいだとも言われています。
さらに各企業より物資の寄付などが大量に見込まれます。
単純に計算すれば、1頭を幸せにする経費は70万円ぐらいかかっている事になりま
す。
明らかに、費用対効果を考えれば、シェルターなしに譲渡することに比べ約20倍以
上かかることになります。
さらに、犬自体にかかる経費は不妊手術代、ワクチン代、餌代などでしょう。
とても70万円かかるとは思えません。
残りのほとんどは。。。いわゆる人件費なのです。
此処にシェルター商売のからくりがあるのです。

一方、譲渡出来ない犬は一生をシェルターで過ごす事になります。
譲渡出来ない犬がやがては、いっぱいになり、結局、新たな犬を救出できなくなる
のです。
ここでシェルターの意味はなくなります。 
この後は新たな犬をシェルターに入れることが出来なくなり、寄付金だけを募る事
になります。
シェルターに入ってくる犬は無限に生産されます、しかし、シェルターは無限では
ありません。
シェルター方式の根本的、絶対的欠陥です。
この欠陥を回避するためには、譲渡出来ない犬を安楽死の名目で処分するしかあり
ません。
それでは、全く本末転倒と言う事になってしまいます。
また、これはここでは詳しく述べませんが、大きな問題を含んでいます。

何故このようなことを、一部の愛護団体は行っているのでしょうか?

まず、こういったシェルターを持たない団体やボランティアさんには寄付が集まり
にくいという事が、あげられます。
なぜなら、シェルターに大量の犬を抱え込んで、寄付や募金を募ったほうが効果的
だからです。
例えば3頭の犬を抱えている団体と、500頭の犬を抱え手いる団体とでは、一般的に
考えてどちらに多くの寄付としてのお金が入ってくるのでしょうか?
一般の心理としては、数の多いほうに寄付をするのではないでしょうか?

ここにも不正の温床となる要素があるのです。
シェルターを作る事は、お金儲けの一環であると言っても過言ではないでしょう。

逆に考えれば、シェルターを作りそこに犬さえ入れれば、寄付金が集まるのです。
現実に、その寄付金目当てにシェルターを作る自称愛護団体さえ現れました。

また、殺処分0を目指すのであれば、シェルターを作り、人を雇い、運営している
事は、論理破綻している事になります。 なぜならば殺処分数が0に近づいてくる
と、シェルターは必要なくなり、全員が失業する事になるからです。 言い換えれ
ば、自らの失業を目的としている事になります。
また、その従業員の福利厚生、失業対策はどうなっているのかも、興味のあるとこ
ろです。


以下、続きます。

トップに戻る
149266:シェルタについての考察2和海 2007/11/27-12:48
記事番号149265へのコメント
少なくとも、このような営利団体が愛護団体を自称するならば、団体スタッフの健康
保険や年金、退職金、等の福利厚生のシステムが構築されていなければなりません。
はたして、そのように労働条件を整備されているシェルターを持っている団体がいく
つあるのでしょうか?

1人で世話が出来る頭数を20頭位であるといわれています。、500頭の規模であれば25
人の人間が必要とされます。
休日も含めて考えると30人以上必要とされるでしょう。

結局、きちんとした飼育、人件費、福利厚生等を考えると、寄付金だよりの経営で
は、成り立たないと思われます。 
また、何かの基金等を含んだ、ちゃんとした合理的な、経営計画も必要でしょう。
それでもシェルターが存在し、また作ろうとしている団体が行うシェルターというも
のは、きちんとした、飼育、人件費、福利厚生等が行われていない、又は行われない
であろうという事に必然的になります。 
そしてその分、しわ寄せは、必ず、物を言えないシェルターの犬達にかかってくるの
です。
不潔な環境で、病気になっても獣医さんにも見せてもらえない、餌は安物の期限切れ
のフードを週に数回、まるでブリーダーの崩壊現場のような事が起こる可能性すらあ
ります。

結論を言えば、シェルターはいわゆる人件費=生活費を集める手法にすぎません。
犬はその道具に過ぎないのです。
善意の犬を助けるための募金の大部分が犬を通して人件費=生活費に使われているの
です。

ちなみにボランティアさんたちがシェルターを使わずに、一頭譲渡するのに必要な額
は平均約3万円(不妊手術、ワクチン、交通費含む)ぐらいです。

一億円あれば年間3333頭の命が繋がる可能性があります。
これは大阪市の年間処分数を大幅に上回ります。

また一億円あれば約1万匹のメスネコを避妊できます。
これは処分される為に生まれてくる命、年間約5万匹を生まさずにすみます。

その比較から救われる命の数としての結論を言えば、そのシェルターの所有団体の年
間譲渡能力=譲渡数 対 上記の命の数の比較と言う事になります。

あなたはどちらを選びますか?

さあ、それでもシェルターは本当に必要なのでしょうか?

トップに戻る
149267地域住民の主張和海 2007/11/27-12:54
記事番号149252へのコメント
◆AA進出を阻止しようとする地域住民の主張です。
<水質汚染への懸念>
・犬の汚物や汚水が下流域の生活用水に流され農業や生活などに多大な影響を与え
る。
・山の奥に先祖が私財を投げ打って開拓した池があり、そこから田畑へ水をひいて
いる。
・住民宅の前の用水路は野菜を洗ったりするのにも使う生活水路となっている。生
活がかかっている水=「命の水」ともいえる。
・AAのシェルターは山から田畑に流れ出すおおもとの場所にあり、そこで水が汚
染されれば、取り返しがつかないことになる。
・犬の糞尿の処理については、固形物は取り除いて消毒液散布等の洗浄処理をし、
最終的には「地下浸透」させると言っている。
しかしながら、その方法では消毒の効果を期待する事は出来ないばかりでなく、む
しろ消毒出来ない糞尿の汚染とともに、消毒液等の薬品による環境汚染をも引き起
こす事についての懸念を免れない。
・資材置き場や犬舎の部分だけコンクリート打ち。放し飼い部分は「垂れ流し」に
なる。
・南側(下流側)の個人の田圃、西側(山林)へは吸い込みの廃水パイプ設置、東
側(源流からの命の水)等、これら全てに垂れ流しの現状。
・用水路に流れる汚水と地下浸透になった汚水により「地上と地下」の両方の水が
汚染されることになる。

<住環境が悪化への懸念>
・大量の犬の抜け毛や鳴き声、大量の汚物による悪臭などで住環境が悪化。
(都島事務所でも悪臭・抜け毛・鳴き声での苦情は多かった)
・のどかな農村の風景・環境が脅かされる。

<住民の健康被害への懸念>
・この地区は、上水道が設置されていない地下水くみ上げ、いわゆる「井戸水を飲
料水」としている地域なので、水源の傍が犬の糞尿に汚染されると、地下の水脈に
よりその井戸水が汚染されることにもなり、健康被害にたいし地域住民にとってか
なり大きな不安となっている。
・アレルギー疾患を持っている住民もいて飛沫する毛による症状の悪化や慢性化な
どが心配。
・人畜共通伝染病の犬の搬入により、病気感染が広がるおそれがある。
今回持ち込もうとしている疥癬犬についてAAは完治していると言っているが、今
後「感染の可能性は100%無いとは言えない」としている。
ブルセラ犬の次が疥癬治癒犬で、今後に持ち込まれる犬の健康状態が良好だと保証
されない。崩壊繁殖場の犬はほとんどなんらかの病気に罹患している。

<環境イメージへの懸念>
・高島ブランド米や農作物の風評被害が出ることを恐れる。
・高島の自然自体のイメージダウンとなり、観光や環境のスタンスを基本にする市
の基本姿勢にも大きな打撃を与えることになる。

<AAの団体に対する不信>
・「経営体質の明確さ」「定款、総会、理事会の不開催」「会計報告が全く不明
瞭」など団体の信用度を証明するものが皆無。提出を求めても「提出の法的根拠」
を求められる。
・実際に身元を確定できている人物は11/26現在3名(林俊彦代表・林加津子統
括・藤井一滋副代表)と協力提携獣医師3名(縄田龍生他2名)。
・平成19年度役員名簿に名前のある人物が今後もどれだけ活動に参加していくか
疑問(役員がコロコロ変わる。名前貸しの可能性も疑える)

<AAの姿勢や対応の問題>
・シェルター視察時(11/10)にも犬の汚物が放置されたままなど、衛生管理の認識
が不十分。
・「犬の鳴き声は子供の泣き声と同じ」との考えは騒音公害の認識も不足している
と言える。
(西東京の公園騒音差し止め仮処分決定=子供の声が騒音と認められた)
・日本国憲法は守るが条例や規約など地域の守りごとは守らないと言い切るのは地
域環境への配慮がされないということ。
(シェルター周辺地区での規約では地元住民のペットの犬は2頭までとなってい
る。AA代表が都島事務所でペットとして飼っている犬7頭を区の規約を破り認め
させ、既にシェルターへ連れて入っている。)


以下、続きます。

トップに戻る
149268地域住民の主張2和海 2007/11/27-12:57
記事番号149267へのコメント
<地域の自然・気候・風土などへの配慮・考慮がない>
・外壁フェンスなど全てがコンクリート基礎でできていない。
・隣接の山林には猿・鹿、狐、狸、イノシシ等が生息し、穴を掘って進入できること
は容易に考えられる。鳥類に至っては施設に自由に進入できる。
・それらから病気伝染の可能性が出て、結果的に地域環境汚染や破壊、自然環境汚染
や破壊に繋がり、人への感染も懸念される。
・フェンスも基礎がまったく脆弱で大雪には倒れる可能性が高い。
(フェンスが倒れると、住民の負傷や犬の逃走が心配)
・関西圏の水瓶「琵琶湖」を守らなければいけないという意識が高くAAとの合意条
件も厳しくなるのに、そこをAAは理解していない。
・(地域においては)自宅でのゴミ焼却も禁止されているのに、AAはドラム缶での
ゴミを焼くなどの処理をしていた。
・生活環境・飼育環境としての現場、地域の条件認識への理解が著しく欠如している
と言える。
・日置神社の目の前で300頭という犬の多頭数飼育は、伝統と神を重んじる地域と
して許容の範囲を超える。

<その他>
・住民の要望・苦情に迅速に誠実に対応してくれるかわからない。
・適正な施設管理と飼育管理ができるとは思えない。
・生活環境を破壊されるのは動物愛護以前の問題。
・シェルターが破綻して犬が取り残されることを憂慮する。
・AAは以前も犬の訓練施設だったと主張するが、その時は頭数も30頭でありAA
の最高300頭と同様に考えること自体、住民への配慮にかける考え方である。また
その時の責任者は住民が受容できる範囲の人物であったが、林代表は到底受容できる
人物とは言い難い。
・DPでの犬への対応や都島事務所での犬の処遇などをみても、犬に愛情があるとは
思えない。
(自分の飼い犬の汚物であっても、目の前にある汚物であっても、林加津子統括はボ
ランティアに処理させる。都島事務所の犬を散歩にも連れて行かないなど、虐待に近
いのではないかと思う。)

トップに戻る
149269地域の伝統文化について和海 2007/11/27-12:59
記事番号149268へのコメント
<地域の伝統・文化について>

酒波地区の日置神社で催される伝統的な祭についてのルポです。
・サクラの飼い主の今日のなにがし
「川上(さんやれ)祭」
http://blog.livedoor.jp/sakuranoie/archives/50695979.html
『滋賀県の無形民族文化財にも指定されています。』

「由緒ある祭り」
http://blog.livedoor.jp/sakuranoie/archives/50696726.html
『この土地に生きる人々と、豊かな自然。そして、それを見守る神々。
この環境を守っていく事が、写真の子供たちの未来を守る事になるのではないでしょう
か。そして、それは私たち大人の大事な責任だと思います。』



・高島地域観光振興協議会「湖西の伝統まつり」
http://www.d9.dion.ne.jp/~t-kankou/event01_matsuri.html

「川上祭(さんやれ祭)」
『今津町酒波(さなみ)の日置神社と北仰(きとげ)の津野神社両社の春まつりで、祭
礼には今津町北部とマキノ町の一部をしめる旧川上庄域の氏子が参加し、北組・西組・
南組にわかれて毎年交代で踊り子・のぼり(サンヤレ)・神輿を担当することになって
います。
 祭りの始まりは、平安時代の長暦3年(1042)4月3日にさかのぼり、古くは数日にわ
たって能楽や競馬などが行われていたといわれています。滋賀県無形民族文化財にも選
択されているこの祭は、御輿渡御(みこしとぎょ)・流鏑馬(やぶさめ)・走馬なども
ともない、豪華絢爛な雰囲気に溢れるため、毎年多くの見物客で賑わいます。』

トップに戻る
149442大阪都島事務所周辺ルポ和海 2007/12/20-11:33
記事番号149268へのコメント
地域住民の主張2<その他>の中で、
・適正な施設管理と飼育管理ができるとは思えない。
とありますので、大阪都島事務所の様子をお伝えします。

11月中旬に都島事務所周辺を現地取材した方のルポです。

・裏庭の戸は無数の犬のかみ傷で穴があいて、DPのバリケンのようになっている。
・裏の戸のドアノブ付近に大きな穴があいている(1ヶ月以上はその状態。
 犬(ツバサ)を10/5に盗まれたと言っているのに無用心)
・散歩したのは見たことない。
 おそらく多くの小型犬はバリケンに閉じこめられている状態。
・10時か11時頃ボランティアが来て犬の世話をして1時頃に帰る。
 (AA関係者が不在の場合、長時間、犬だけになる)
・餌も大きなタライでまとめて餌をやるので給餌のときはものすごい吠え声で
 相当騒がしい。
・シャンプーもずっとしてない。
 シャンプーになると給湯器のボイラーがすごくうるさいので分かる。
 (疥癬犬以来シャンプーはしてなさそう。つまり3ヶ月以上していない。
  たまに裏庭に出てくる犬はすごく汚い)
・事務所横の路地の側溝脇には大量に毛が泥とまみれてこびりついている。
 (路地は近隣の方の私有地で毎日掃除をしている。
  ムーブの取材時は掃除後の為、比較的、毛が少なかった)
・事務所横の路地のコンクリートがハイター真っ白で、
 アオコ(あおみどろ)が発生している。
・ものすごいアオコの生臭い悪臭と獣臭さが裏庭に満ちている。

※アオコ(アオミドロ)について
アオコはいわばプランクトンなので水たまりに生息。
例えば掃除をしないドロドロになったプールとか金魚の水槽。
アオコが一番弱いのは塩素系漂白剤で、アオミドロが発生するということは、
最近はハイターすら使用せずおそらく水を流すだけの処理。
しかもその水には糞尿が混じっている為、
すぐにアオコが発生したのではないかと思われる。

トップに戻る
149562大阪都島事務所周辺ルポ続報和海 URL2008/1/15-18:29
記事番号149442へのコメント
大阪都島事務所周辺ルポ続報

先日、紹介した「大阪都島事務所周辺ルポ」ですが、
ルポと同時に送られてきた写真の公開許可がおりましたので、
下記ブログにて紹介しています。
ark-angels’etc
http://akumaniaa.blog.shinobi.jp/

このブログには、こちらで紹介するには情報が曖昧だったり、
紹介してもいいのかどうか迷ったりするもの等も載せています。

また
先日の
◇-アークエンジェルズ(情報提供)3 -和海(2007/12/27-12:10)
  └Re:アークエンジェルズ(情報提供)3 -Beyond(2007/12/27-12:43)
  └記事の根拠と訂正とお詫び -和海(2007/12/27-14:59)

においての
「東芝クレーマー事件 アッキー氏」についての
確認の件についても書いています。
本来ならこちらで報告するべきことですが、
諸般の事情により報告できません。
申し訳ありません。
どうかブログ内容にて、
ご理解いただきますようお願い申し上げます。

そして今日、
AAが支援物資を転売(ヤフーオークション出品)していたこと、
その取り扱い商品が「薬事法違反」に抵触していたことなどが、
朝日放送「ムーブ!」にて放送されました。
「追跡報道…あの動物保護団体が援助物資を違法にネット競売」
後日、整理して記事にしたいと思います。

また誤字の訂正です。
ところどころ「第」が「弟」となっています。
すみません。

今後とも何かお気づきのことがありましたら、
ご指摘、ご指導をよろしくお願いします。

トップに戻る
149441高島市地域関連サイト和海 2007/12/20-11:29
記事番号149267へのコメント
地域住民の主張や状況の報告を情報提供してくれるサイト
その他関連の高島市地域関係者サイトをまとめてみました。

・ハイ海東です!(高島市長ブログ)
http://kaitohi.exblog.jp/

・石田ゆうすけブログ(県会議員)
http://yusukenet.blog49.fc2.com/index.php?q=%A5%A2%A1%BC%A5%AF

・たかしま21ニュース
滋賀県高島市議会会派「たかしま21」
http://blog.takashima21.jp/

・アーク・エンジェルズの進出 反対期成同盟 :
住民の生活を脅かすアーク・エンジェルズは来るな!!
(期成同盟HPと称す)
http://no-aa.org/
「これまでの経緯」http://no-aa.org/keii/
「アーク・エンジェルズの動き」http://no-aa.org/keii/aa/
「同盟の動き」http://no-aa.org/keii/doumei/
「市の動き」http://no-aa.org/keii/takashimashi/

・アークエンジェルズ進出反対期成同盟(旧)
http://aahanatai.exblog.jp/
・アークエンジェルズ進出反対期成同盟(新)
http://aahantai.cocolog-nifty.com/blog/
(期成同盟ブログと称す)

・NO-AAs!!! 反対する住民ろぐ
−住民の思いとか・・でもあくまでも一住民の想像の世界−
http://noaas.blog99.fc2.com/

・湖西つれづれ
http://blog.kosei-club.com/?cid=34306

・おいでやす湖西
http://www.oideyasu-kosei.com/index.html
・おいでやす湖西(掲示板)
http://www.oideyasu-kosei.com/cgi-bin/bbs0/wforum.cgi?
mode=allread&no=7268&page=0


トップに戻る
149506AAサイトの活動日誌について和海 2007/12/30-01:43
記事番号149252へのコメント
これまでの記事で何度か引用した、AAサイトの活動日誌が、
12月29日、一時的にパスワード制に変わり、
パスワードがなければその内容を見ることが出来なくなっていました。
しかし現在、活動日誌は再開しておりパスワードは必要ありません。

一時的であったとは言え、何故パスワード制となっていたのか?
その理由は不明ですが、再開の前後で日誌の内容が異なっている可能性があり、
ネット上では活動日誌のコメント欄(拍手コメント欄)にて
AAにとって不都合なコメントがあったからではないかと指摘されました。

それは浄化槽の設置について
「浄化槽の話は進行している」と明言したAAの説明にたいし、
「浄化槽申し出の話は宙に浮いていると考えています。」
と地元住民(期成同盟役員)が応え、
両者の話の食い違いにより、
AAの対応が虚偽であることが明確になったからです。

・AAサイト 活動日誌
http://arkangels.blog34.fc2.com/

・おいでやす湖西の掲示板
「AA(林)が浄化槽の話は進行していると明言!?」
http://www.oideyasu-kosei.com/cgi-bin/bbs0/wforum.cgi?
mode=allread&no=7421&page=0
AAのコメント『浄化槽設置の話しは進行しています。
6回目の対話集会後に業者を呼んで現地を調査してもらい、
現在、浄化槽にするのか水処理槽にするのかを検討して頂いています。』

期成同盟公式HPでは、
説明会の最終は「11/27 : 第5回目AAsとの対話集会」になっています。
http://no-aa.org/
6回目の説明会は5回目の間違いかもしれません。
現在確認中です。

また、浄化槽設置の費用を地元に押し付けるような発言もありました。
犬を強行搬入(11/27)した翌日、
期成同盟役員と林代表の会話を録音したものを載せています。
・NO-AAs!!! 反対する住民ろぐ
「地元がほんなら金出してやりまんのか?」
http://noaas.blog99.fc2.com/blog-entry-23.html
『住民の要望聞くって確か言ってたと思うのに、
これを聞く限り、施設の設備投資をするつもりは全然ないみたいやなぁ。
地下浸透はやめるつもりは全然ないみたいやし。
浄化槽の設計書も言うだけで出てへんし、やっぱりうそつきや。』


活動日誌が通常に再開した後、浄化槽についてのコメントを探しましたが、
流れてしまったのか、削除されたのかわかりませんが、
探しきれませんでした。

トップに戻る
149561確認事項「6回目の対話集会」の報告和海 2008/1/15-18:11
記事番号149506へのコメント
皆様、こんばんわ。
遅ればせながら、今年もよろしくお願いします。

確認事項の報告ですが

AAサイトの活動日誌について -和海(2007/12/30-01:43)No.149506
http://beyond.2log.net/akutoku/bbs/qa/149506
期成同盟公式HPでは、
説明会の最終は「11/27 : 第5回目AAsとの対話集会」になっています。
http://no-aa.org/
6回目の説明会は5回目の間違いかもしれません。
現在確認中です。

上記を確認しましたところ、
AAの言う「6回目の対話集会」とは、
期成同盟とAAとの正式な集会ではなく、
秘密裏になっていた
「市職員と期成同盟の役員と林代表との会話」ということでした。

2007/12/05
反対期成同盟HP
「AAsと6回目の対話」
http://no-aa.org/keii/20071205.html
『処理槽を設置すると公言されましたが、
今だに計画書も提出されていません。』

市の要請で急遽対話をすることになった。
<出席者>
アークエンジェルズ     林代表
高島市環境政策部長 他職員  3名
反対期成同盟    会長   1名 
反対期成同盟    両区長役員2名

トップに戻る
149335支援金返還裁判(概要・原告被告情報)和海 2007/12/7-11:23
記事番号149251へのコメント
皆様、こんにちは。
ようやく個人的に最も興味を持っている裁判の記事がまとまりました。
原告たちの訴えは正当なものなのでしょうか。
それとも非常識とされるものなのでしょうか。
私は正当なものだと思いました。
様々な事例から、提訴しなければならなくなった原告たちの思いが理解できまし
た。
具体的な現場での出来事などを織り込み、少々長くなってしまいました。
ぜひとも一読いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

最初に、裁判の概要です。
ボランティア基金返還等請求事件[平成19年(ワ)第1904・4279号]の概要は、
私が説明するより、原告団代表の鎌田まりみ氏(原告の会代表)の説明を表記す
るほうがわかりやすいので、転載させていただきます。

ひろしまドッグぱーく原告の会(以下、原告の会と称します)
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/
------------------------------------------------------------
【ご挨拶】
  平成18年9月、ひろしまドッグぱーくでは、管理者による杜撰な飼育により
400頭以上に及ぶ犬が飼育放棄という虐待を受けており、大阪市の動物保護団体
アークエンジェルズ(以下、AAと称す)が、その保護救済活動に入りました。
 しかし、AAは、その活動当初から、マスコミやインターネットを駆使し全国
から多くの支援金と物資を集めたものの、その収支報告を明らかにせず(平成19
年02月現在)、犬の医療費が足りないとHP上で訴え続けながら、その医療費に
はほとんど使われませんでした。このような数々の疑惑を残したまま、AAは平
成18年12月に同所を撤退しました。
 その後AAはひろしまドッグぱーくの収支報告をするずると引き延ばし、去る
3月14日に行われた収支報告も、疑惑が多く残るもので、納得のできるもので
はありませんでした。
 又、大量に残る物資についても、なぜそのように大量に残っているのかなんら
説明がありません。犬の正確なリストすら公開されていません。行方不明になっ
ている子犬の存在も明らかにされていません。
 私たちは、この不可解な救済活動に賛同することができず、正規手続きにより
支援金の返還を要求しましたが拒否されました。この点において、弁護士と相談
の上、刑事訴訟も視野に入れた集団民事訴訟をおこしました。支援物資、犬の資
料支援補助においても、同様に返還請求をしたにもかかわらず、拒否をされた方
もいると聞いています。私たちはこのような方々の声を集め、真理を追究するた
め、ここにひろしまドッグぱーく原告の会の設立を宣言します。
代表 鎌田 まりみ
------------------------------------------------------------
ボランティア基金返還等請求事件(以下、支援金返還裁判と称します)
1次提訴〈2/21〉と2次提訴〈4/16〉で併合審理される。


原告側と被告側の情報です(以下、敬称を略します)

原告:鎌 田 ま り み 、含め35名(2007/12/7現在)
原告ら訴訟代理人弁護士:辻 公 雄・吉 川 法 生・大西克彦・阪口徳雄
訴訟内容:訴訟物の価額:3,882,874円・貼用印紙額:30,000円・予納郵券:
9,600円

被 告:アーク・エンジェルズこと林俊彦
被告訴訟代理人弁護士:橋口玲・太田健義
請求の趣旨に対する答弁:請求をいずれも却下、訴訟費用は原告らの負担

※原告の人数について
1次提訴19名、2次提訴19名の計38名だったが
3名が告訴を取り下げたので、35名となった。
取り下げ理由は返金された等によるものです。
よって、訴訟物の価額の変更があると思いますが不明です。

トップに戻る
149336提訴までの経緯(〜組み戻し)和海 2007/12/7-11:43
記事番号149335へのコメント
2006/09/17 AAがDPレスキューを開始
★この日が裁判の一つの争点ともなっている

2006/09/26 AAがDPのレスキューのことをサイトにて公表。
2006/09/27 AA関係者サイトで
      「全頭避妊・去勢・ワクチン投与・狂犬病・畜犬登録・加療後に
       譲渡します。」と告知。
2006/10/05 参加ボランティアからAAの行動に疑問の声が出始める。
2006/10/08 AA日誌でDP内の頭数を毎日常駐スタッフが確認してると記載。 
      大阪より4トン車が到着。子犬と妊娠犬が消える。
2006/10/10 ドーベルマンが人為的ミスで死亡し、
      AAに犬の知識がないことが判明。
2006/10/12 AAに助言したボランティアがクビになり、
      AAへの疑問不満が高くなる。
2006/10/18 支援物資がなくなる、子犬が突然いなくなる、
      などの疑問が沸いてくる。
2006/10/21 譲渡会で条件や犬の引渡しなどに対し、
〜22    疑問や苦情の声が多くあがる。
      ホストファミリー宅の犬を無理矢理に広島に連れ戻すなど、
      後々の疑惑の発端となる。

2007/10/23 ●原告の会の資料によると組み戻された人が1名

2006/10/27 ◆AAがHPで10/25時点の支援金54,518,925円と発表
      AAは広島市に補助金を要請、
      後日に寄付金も余っていることが分かり、
      市への要請に疑問の声が上がる。
2006/10/28 里親にAAから犬返却の連絡があり犬がDPに戻される。
頃〜11/02  その理由・対応等が不透明・理不尽な部分が多く、
      疑問の声が上がる。
2006/11/02 イングリッシュスプリンガースパニエル(スパンキー)が死亡。
2006/11/03 ホストファミリー宅の犬も広島に返却するようAA代表が指示する。
3連休中、前日に亡くなった犬の亡骸が来場者の目に晒される。
2006/11/07 女優川島なお美がボランティアに参加。
      後日多数の子犬を確認とブログに記載。
冷凍保存していた犬の亡骸を川島なお美に見せる。
2006/11/08 DP周辺の寒さが厳しくなり防寒用品などの購入を
      AAに要求するもとり合ってもらえず。
      この頃、手術後の縫合の糸が残ったままの犬を獣医に診せず
      林加津子統括が抜糸・投薬を行う。
2006/11/14 ◆女優杉本彩が現地訪問、芸能関係者から募った多額の募金するが
      AAの会計報告には未記載。
2006/11/15 支援物資の扱いに批判があがる。
      洗濯機も複数台集まったが野ざらし状態だったとの証言がある。
2006/11/21 AA大阪事務所閉鎖。
      大阪スタッフと意見の相違から、代表がスタッフを解雇する。
2006/11/25 ◆AAがHPで11/25時点の支援金59,110,986円と発表
      ◆AAがHPで「医療費が膨らみ赤字」との記載。
2006/11/27 朝日放送「ムーブ」でAAの疑惑が放送される。 
      ●掲示板に「銀行振り込みで支援金を送った人は
      組み戻しをしてみては?」と投稿される。

●以後、掲示板にて組み戻しが話題になる。

2006/11/30 イングリッシュ・セッター(シット♂)がAAの不手際で死亡。
      ボランティアから批判の声が噴出。
2006/12/10 黒ラブとダルメシアンのMIX(アン)が致死量を越える投薬をされる
      も素人療法で対処しようとする。
      (後日、日誌でアンが彼女♀だと記載。入院させるも5/17まで、
      その後の所在も知らなかった)
2007/12/11 ◆AAの記者会見。支援金約6200万円、実費約600万円。
2006/12/16 DP内で犬の搬送を巡りAAスタッフとボランティアとの
      傷害事件が発生。
2006/12/21 AAが撤収記者会見。物資を大量に持ち帰る。

2007/12/28 ●原告の会の資料によると組み戻された人が1名

2007/01/01 ◆中国新聞でAAの支援金は1億円以上と報道。
      林代表は「ボランティアに任せていた」と返答。

2007/01/08 ●AAがHPで「1/9〜1/25」と期間を区切り支援金を返還すると
      発表。未返還のケース続出。
      ★9/26以前の募金は組み戻さない条件を加えるが、
      返金された人あり。

トップに戻る
149337提訴までの経緯(組み戻し〜提訴)和海 2007/12/7-11:58
記事番号149336へのコメント
先ほどの経緯、たいへん見づらくなってしまい、すみません。
(今度は大丈夫でしょうか。心配です。)


2007/01/08 ●AAがHPで「1/9〜1/25」と
        期間を区切り支援金を返還すると発表。未返還のケース続出。
      ★9/26以前の募金は組み戻さない条件を加えるが返金された人あり。

2007/01/28 ●譲渡会にてAA代表は
       「9/26以降に寄付し1/9〜1/25に請求した人には100%返還している」
        と発言。
2007/01/30 AAの条件に適い期間内に組み戻しを要求したが返金拒否をされた
        鎌田まりみ他1名が広島西警察署に詐欺として被害届を
        提出に行くも、受け取ってもらえず「支援金返還の要望書」に
        カタチに変え提出。
       “被害者の会”が設立される。
2007/02/03 原告をネット上で募集開始。
2007/02/21 原告19名が大阪地裁に第1次集団民事訴訟として提訴。
2007/02/27 AA記者会見で収入総額は約1億3000万円
       (内シェルター基金が約6000万円)、
        医療費の支出は488万円と発表。
2007/04/01 方針の相違から“被害者の会”から離脱した原告が
       “原告の会”を設立。(“被害者の会”は後日解散)
        鎌田まりみが原告団代表と“原告の会”代表を兼ねることになる。
2007/04/16 原告19名が大阪地裁に第2次集団民事訴訟として提訴、
        原告総数38名となる。
2007/04/20 第1回 大阪地裁 支援金返還請求裁判
2007/06/01 第2回 大阪地裁 支援金返還請求裁判
2007/06/13 返金等により3名が原告をおりる。原告数35名になる。
2007/07/01 AAより鎌田まりみに「AA正会員除名についての弁明通知」が届く。
        鎌田まりみは7/7内容証明で
       「AA正会員除名に関わる弁明書および質問書」出すも回答無し。
2007/07/20 第3回 大阪地裁 支援金返還請求裁判 
        AAの2口座調査嘱託を要求。
2007/09/19 調査嘱託回答書に基づく分析資料をHPで公開(現在非公開)。
       1億円に近い使途不明金が判明。
2007/09/21 第4回 大阪地裁 支援金返還請求裁判
        原告の会調査嘱託回答書分析結果を証拠資料として提出。
        新たなる17口座6文書の求釈明要求。 
2007/11/16 第5回 大阪地裁 支援金返還請求裁判
      AA全面新たなる口座等の公開拒否
2007/11/26 AA調査嘱託に応じ、
       求釈明に対しても回答する予定との意向が示される。

トップに戻る
149338組み戻し・提訴の理由(支援金)和海 2007/12/7-12:14
記事番号149337へのコメント
<組み戻しと提訴の理由>

まず、最初に申し上げておきます。
DPから今日までのAAの軌跡をまとめる作業を困難にしている理由の一つが、
「AAの挙げた数字(犬の数、収支報告など全般)において、
検証可能なものが殆どない」という事です。
確かな数字の無い中、現在進行中の「支援金返還訴訟」で
原告の会が公表している裁判記録の資料(準備書面等)と裁判資料(口座分析資料)
が、
ここまでの文章をまとめるにあたり大いに参考になりました。
原告の会関係者の皆さまありがとうございました。

原告の会の口座分析資料は、支援金返還訴訟の過程で2007年9月に開示されたもので
す。
開示されたAA代表名義の2つの銀行口座について、
原告の会が分析した結果は大変に興味深いもので、
「AA発表の数字の信憑性」そして「団体としての信頼性」への疑問を
ますます高めるものとなりました。

その理由は、11月16日の第5回裁判において
原告側からの前回開示された2口座以外の口座等の開示の求釈明に対し、
被告側代理人から
「訴訟の円滑な進行のために、出来る限りの資料開示に応じてきた。しかしながら、
前回期日後、原告側がネット上で裁判資料を公開していることが判明した。
原告側の意図が、裁判資料の公開にあることが判明した以上、
これ以上任意の資料開示に応じる事は出来ないし、証拠提出も控えざるをえない。
同様の理由で、原告からの求釈明に応じる意向はない。」
との準備書面が提出され、今後の資料開示を拒否したため非公開となりました。
しかし、公開した分析資料は『私文書』であって弁護士もなんら問題はないとし、
原告団の方針では原則公開を目標としています。 

AAが頑なに分析資料の非公開を求めたのは、公開されることにより、
AA発表の収支報告が作為的な虚偽報告であったことが判明し、
世間にその真実を知られるのを懼れ、
また今後、開示される口座内容に公表できない、
隠匿しなければならない事実が隠されているのではないか。
と推測してしまいます。

そもそも支援金で成り立っている活動団体ですから、
全てをオープンにすることが活動の前提であると考えます。

前置きが長くなり申し訳ありません。本題にいきます。


【支援金の被害について】

支援金の募集目的は医療費であった。
ワクチン接種・避妊去勢手術・疾病等の治療後の譲渡を目的として全国に支援金を募っ
た。
しかし、実際には殆どの犬が治療を受けることなく譲渡されている。
(譲渡後に多額の治療費を負担している里親さんもいる)
また、約5900万円(11/25AA発表)もの余剰金がありながら
HP上では「医療費が膨らみ赤字です」と、延々と11/20過ぎまで支援金を募ってい
た。
しかし後日の報告では医療費として使われたのは僅か10%ほどであった。(別記事参
照)

●これほどの余剰金を残しながらの「医療費が膨らみ赤字です」との虚偽の記載は、
明らかに作為的であると思われる。
また医療費やその他の経費の額の少なさから見て、意図的に支援金を温存した可能性が
考えられる。
支援金は道義的な見地からは、全額がDPの犬に使われなければならない。
支援金の使い道を決めるのはAAに託されており、
適正に使われているのであれば問題にすべき事ではない。
しかし今回は使い道に不可解な部分が大きい上に、
あまりに多額の余剰金が残っている。
AAはNPO法人でないために会計報告の義務を負っていないので、
余剰金は法的には林代表の個人資産となる。
NPO法人でない事が、支援金の私的流用に道を開いてしまっている。

支援金が本来の目的に使われていない上、
支援金が私的流用も可能であることに疑いを持った為に、組み戻し請求を行った。
しかし組み戻し請求は納得できない理由で拒否された。
・このまま支援金使途の不透明さを黙認する事はできない。
・今回の件は、人々の善意の上に成り立つべき今後の様々なボランティア活動において
重大な打撃となる。
・他の動物愛護団体への不信をも高めることになる。
というこれからの社会に害をなすであろう事態に対し、
・「寄付」というものの認識を新たにしたい。
(支援金の使われ方を知り見定めることは、支援した者として当然の権利である)
・今後のボランティア活動の弊害を除去したい。
・他団体への信頼を回復したい。
と考えのもと提訴した。

原告団代表 鎌田まりみ談
「善意をあおりながら個人資産を増やして流用していく。
このような社会悪が美談として 社会に流れるのを阻止したい!」

トップに戻る
149339提訴の理由(支援物資)和海 2007/12/7-12:25
記事番号149338へのコメント
【支援物資の被害について】
AAはお金だけでなく多くの物資の支援を求めたが、この件についても支援金同様に、
首を傾げたくなる事がいくつもある。
緊急を要するレスキューで、必要な物資の多くを支援で補う事は得策ではない。
支援に頼っている場合、それらの物資を即座に必要数揃える事は難しい。
必要な物は支援に頼らず、現地にて必要な物を購入すれば済む事であり、合理的である。
実際に湯来町は陸の孤島ではない。
支援リストの要求物資は湯来町から少し下るだけで容易に入手可能であった。
私感としてDPレスキューに必要性を感じない物資もリストに含まれているように思う。

例えば
・募っても届くかどうかもわからない物資
(複合機・洗濯機・電子レンジ・冷蔵庫・プリンタ)
・使用頻度が低くレンタルやリースが可能な物資
(トランシーバー・インカム・大型テント)
・買うほうが早い物資
(お米・カップラーメン・インスタントコーヒー・紅茶・緑茶・人間用お菓子)
・必要個数が限られている物資
(子機付き電話器2台・石油ストーブ5台以上・冷蔵庫4台以上・加湿器・ストーブ)
・私物で持ち込めばいい物資
(ノートパソコン・文具)
・メーカー名や商品名を指定した物資
(ダイソン製掃除機・東芝製洗濯機 大塚食品ボンカレー・リポビタンD・スマック社製
ドッグフードすきやき味 )
・その他
(猫用チュアブルのフェラリア予防薬・四角い便所紙・人間用お菓子 )
などである。
これらの物資は、明らかに使い切れない台数・量・個数になっても、
募集数以上に届いた後にも、まだ要求を続けていた。
驚くべき事に、譲渡会後(犬の数が減少後)も続いており、疑問の声があがるまで要求を
続けていた。
中にはレスキューには使わないフード(肥満犬用のフード等)までも
銘柄を指定し要求していた。
そして節約と称し支援されたフードのうち安価な物を
主に使用する事を作業に従事したボランティアに指示し、
プレミアムフードといわれる高価なものは、
未使用のままずっと保管するよう指示をしていた。
ボランティアは日々の作業に必要な物(ガムテープ・手袋等)にまで節約を強いられ、
使われるべき物も使われず、中には自腹でそれらを購入したボランティアもいる。
その一方で、節約と言いながら使用可能な物資も大量に廃棄していた。
また、新聞紙も要求していたが大量に余らせた挙句、
撤退時にはDP施設内に置き去りにしていた。
新聞紙がなく困っている他団体もあり、資源物資でもあることから非難の声があがった。
置き去りにしたのは新聞紙だけでなかった。
使用可能なストーブや開封もされなかった梱包されたままの支援物資、
驚くべきことに「現金」もあった。
そして何より支援者を憤慨させたのは「千羽鶴」だった。
撤退時の物資の放棄、使用可能な物資の廃棄など、善意を蔑ろにしたとしか思えない。

要求物資の多さと募集期間の長さ、
元DP共同経営者にも洗濯機など家電製品多数を要求しているのにHP上でも募る、
節約の結果、使用されず大量の物資が保存される。
その保管されていた大量の物資が消えることもままある、
などから転売の可能性も疑われた。


●DPの犬のために送られた多数の物資は、
使用してこそ送った者への善意に応える事になる。
しかし必要な物資まで使用制限した事は、
何らかの意図を持って故意に物資を温存したとしか思えない。
(また必要物資の購入を節約し制限したことは支援金を温存した証拠と言える)
これらは、支援者の善意を踏みにじる行為と言え、黙認することはできない。
DPに送られた物資は、
AAからの必要以上の要求がなければDPへ物資を送る事もなかったであろうし、
それらを困っている他団体へ寄付する事も可能であった。
それ故にこれらの物資を金銭に換算して被害額として請求した。


これらの大量に余った物資はDP撤退時に倉庫に預けられたままであったが、DP撤退の
約一年後の2007年11月に高島シェルターに運ばれた。

トップに戻る
149340提訴の理由(その他)和海 2007/12/7-12:38
記事番号149339へのコメント
【その他の被害について】
今回、DPへの一般からの支援には、
支援金や物資の送付・ボランティア参加の二つの形があった。
両者はそれぞれ自分たちに出来る範囲で、DPの犬の為に支援を行ったのである。
支援金を送った人はDPの犬に使われることを希望して送ったことは言うまでもない。
また彼らは遠方や諸々の事情により現地で作業に参加できない代わりに、
現地でDPの犬の為の作業するボランティアへの様々な費用として、
その支援金が使用されることも念頭にいれて送っている。
「犬だけの為に使ってください」と使途を限定する支援者の存在は、
無きに等しいと思われる。
この考え方は、世間一般の常識の範囲から外れてはいない。

しかしAAは、ボランティアへの様々な経費を殆ど支払わなかった

ボランティア参加者は近隣からの参加者ばかりでなく、宿泊の必要な者も多数いた。
DPが宿泊施設のある市街からは離れた場所にあったため、
DP外に宿を取りそこから通園できる者ばかりではなかった。
そのために元DP共同経営者が、宿泊場所をDP敷地内に無料で提供してくれていた。
しかし食費・交通費など生活にかかる実費は
全て自己負担であり完全に手弁当での参加であった。
ここまでは、一般参加のボランティアの事である。
対してAAの代表以下スタッフは、DPに滞在する費用を一切負担していない。
それらの負担は全て元DP共同経営者が負っていた。

またボランティアの宿泊についても、遠くでは大変だからと敷地内の宿泊場所を勧め、
「ホテルに泊まったつもりで」と、その宿泊料金の寄付を促したり、
支援物資のジュースの傍らに募金箱を設置し「買ったつもりで」と、募金を促していた。
そして譲渡会の際には里親さんに、バザーでの必要品の購入を勧めたり、
強要とも思える寄付金集めや商品販売も行っていた。
バザーの商品は支援された物資であり、
価格も周辺のホームセンターで買うのと同等のものが多かった。
上記の支援物資のジュースは「ボランティアに」と企業から提供されたものであった。
しかし、個人的な差し入れは
「みなさんでどうぞ」と言われボランティアに渡されたものでさえ、
ボランティアに配られることもなくAAスタッフが独占していた。

ボランティア作業中に犬に噛まれた際の治療費も、自己責任として自己負担を強いられた。
この犬は狂犬病ワクチン未接種だったにも関わらず、
AAは接種済とボランティアに嘘を言っていたことが後日判明した。

DPでは使い切れない大量の支援物資の存在に疑問が出始め、
その物資の一部を、AAに支援を求めた他所の動物愛護の活動グループへ
寄付したことがあったが、
この物資の送付に際しAAは送料の着払いを前提としたため、
AAはその送料も一切を負担していない。
遠距離へはボランティアが送料の安い配送店を探し、ボランティアが送料を負担した。
近距離へはボランティア運転の車で配送し、
そのガソリン代も同様にボランティアが負担した。
なぜなら、AAに支援を求めたグループは金銭的に逼迫していた上、
その送料を着払いで負担するのならば、
物資を自前で購入するのと変わらない場合やむしろ「赤字」となる場合もあったからだ。
それを見かねたボランティアが、自ら費用を負担したのである。
なお、送られた物資はAAが温存していた高価なプレミアムフードではなく、
より安価な市販品のフードであった。
負担した送料以下の金額でその安価なフードは購入できた。
つまりその安価なフードを高額な送料で購入した事になってしまったのである。
AAに支援を求めたグループが介入していた現場は
DP同様に衰弱した犬を多く抱えており、
AAが温存していた栄養価が高い高価なフードが必要であった。
DPを見ているAAは、その状況等が当然、把握・理解できているはずであり、
またどこの団体・グループも資金不足という現状は容易に想像できる。
支援金や物資が潤沢に集まったにも関わらず、
相互扶助の精神もないAAの対応(送料の着払いとフードの種類)にも
非難の声があがった。
また、送られたフードに虫が湧いていた等、品質に問題があった場合もあった。
(安価と表現することは支援された方に対したいへん失礼なことだと思いましたが、
 比較する為にあえて安価と表現しました。ご理解ください。)

以下、続きます。

トップに戻る
149341Re:提訴の理由(その他、続き)和海 2007/12/7-12:41
記事番号149340へのコメント
先にも述べましたが、
AAは滞在していた間の施設費(家賃・光熱費など)や経費(ゴミ処理費など)を
1000万円以上 を元DP共同経営者に負担させていました。
林代表はその元DP共同経営者に対しその負担の根拠を
「ボランティアが5千人集まった。その日当などを考えたら5千万円にもなる。
損害賠償を請求することだってできる。」
とボランティアの労力を金銭に換算していました。
そういう認識を持っていながら、AAはボランティアを「丁稚」として扱ったのである。

●ボランティアは「無償の奉仕活動」と捉えられ
自己負担が原則と一般には思われがちだが、
作業の内容によっては何もかも無償というのは実際には無理が多く
参加者に過重な負担をしいる事もある。
優秀な人員を確保する為にも、現在では有償ボランティアも存在している。
特に今回のDPの場合のような苛烈な作業や
人間に慣れていない犬・病気を持っている犬・扱いの難しい犬の世話など、
それ相応の能力と知識が要求されるレスキューで、
支援金をボランティアへの実費支給や活動費にあてたとしても、
世間一般の常識から見てもそこには何ら異存はないと思われる。
AAは9月〜10月だけで117,190,520円もの支援金を集めながら、
それを用いてボランティアへの食事支給等の活動援助をせず、
AAが支払うべき経費もボランティアに負担させている。
これはAAがボランティアの金銭的負担を大きくしたとも言える。
本来ならAAがボランティアに対し提供すべきであった労い(炊き出し)や飲料配布を
金銭に換算して被害額として請求した。
また林代表の「ボランティアの日当を」との言葉どおり労働賃金として請求した。

トップに戻る
149342Re:提訴の理由(備考)和海 2007/12/7-12:45
記事番号149341へのコメント
【その他、下記を加味しての提訴です。】

DPでのレスキューに集まったボランティアとAAには、本来上下関係など存在しない。
彼らは互いに協力者であり、その立場は対等な筈である。
それにも関わらず現地では、まるで主人とその使用人にも見える関係を強要され、
動物愛護団体の代表・副代表とは思えないほど傍若無人な振る舞いも多かった。

AAスタッフの多くはDPの犬の世話をすることなく事務所に篭っており、
TVの撮影がある時だけ作業に加わっていた。
犬の世話や掃除など汚れ仕事の殆どはボランティアによって行われていた。
当時DPのAAの事務所内には、代表やスタッフの飼い犬数匹が持ち込まれていたが、
AAはこの犬達の世話までボランティアに押し付けていた。
彼らは自分の飼い犬が目の前で便を排出した場合でもその始末をせず、
ボランティアに片付けるように指示を出していた。
このように、DPの犬の世話をしに来た筈のボランティアに対して、
ボランティアとは名ばかりの「無償の使用人」といった扱いをしており、
ボランティアに対しては挨拶や労いの言葉もないばかりか、
ボランティアを「丁稚」とまで呼んでいた。
このような状況の中、AAスタッフたちは提供された宿泊場所で連日宴会を催していた。
宴会の後の酒瓶などの片付けは、その宴会に参加すらしていない、
犬の為にDPに来ていた筈のボランティアに押し付けられた。

AAのやり方に異議を唱えたボランティアは、次々にAAにより排除され、
中には恫喝されたボランティアもいた。

また、AAは動物愛護団体を名乗っているにも関わらず、
犬を扱う知識・技術を持たないと思われる事が多くみられ、その能力不足が指摘された。
例えば、犬種の間違い(無知)と言える最たるものは、
AA介入時の初期のTV映像にあった。
へアレスのチャイニーズクレステッドドックを抱き上げた代表が、
「皮膚病で毛が抜けてしまった。かわいそうになぁ」・・と
悲痛な表情で語る姿が全国に放映されたが、
この犬種の「へアレス」は文字通り、毛が無い事が特徴で、
犬の知識の無さが一目瞭然であった。
また譲渡会の際に里親に少量だがおやつを渡していた。
しかし犬の状態からしてすぐに食べられるものではなく、
食べられるほどに回復した頃には、賞味期限が過ぎていたなど、
犬に対し無関心であったとも思える。
またDP撤退間際、AAがボランティアを排除してからの給餌は、
獣医の指示を無視し、1つのバケツにフードを入れ水でふやかしたものを、
犬の体調・体重などに考慮せず均等に与えていた。
これにより体調が回復した犬も下痢になった。
他にも体調の悪い犬をAA側の都合で放置し手遅れで死に至らしめた。
ボランティアの助言を無視した結果、誤飲による死亡をまねいた。
獣医の指示をあおがず素人療法での処置(抜糸・投薬)を施した。
など不適切な世話と杜撰な飼育管理は、
犬の命を預かる動物愛護団体とは思えないものであった。

上記、AAのボランティアにたいする対応、犬にたいする対応の他、
・譲渡後のトラブル、理不尽な犬返却要求、妊娠犬や子犬が不明になるなどの問題。
・大阪市動物管理センターから保護した犬をDPに連れてきての頭数の水増し。
・全国の支援者への情報提供の少なさ、不明確な収支報告と全頭の犬リスト。
・「大阪市認証団体代号」「アーク」など
  肩書きや名称を詐称して信用を得ようとする行為。
・組み戻し・避妊虚勢手術費用負担の告知などは問題後の対応であり不親切。
等など、善意を託すに値しない団体と判断しての提訴となった。

トップに戻る
149348収支報告(AA発表・口座分析資料)和海 2007/12/7-14:03
記事番号149338へのコメント
<収支報告について>

・AA発表の支援金額と医療費は
譲渡会後の10/25時点で 54,518,925円。11/25時点では、
経費を差し引いた余剰金が 59,110,986円であった。
12/11時点でのAA発表では支援金額は約6200万円、
このうち医療費として使われたのは驚くことに約600万円でしかなかった。
つまり、医療費は支援金額の僅か9.68%であった。
580頭の犬(AAが最終的に発表した頭数)の治療費としては、あまりに少額である。
また組み戻し受付期間終了後2007/02/27の
AA記者会見(古谷守夫税理士・橋口玲弁護士・太田健義弁護士同席)では
支援金総額が約1億円3606万円、医療費は約488万円だった。
しかし、これはAAの団体としての収支でありDPの収支ではなかった。

・原告の会の口座分析結果(この資料は現在公開が中止されています。)
手渡し・募金箱・現金書留等を含まない金融機関口座の支援金が
9月だけで15,979,065円、10月だけで101,211,455円の支援金があり、
2ヶ月で117,190,520円の支援金が集まった。
AAがDP突入から撤退までの2006/9〜2006/12の支援金収入額は129,948,640円であり、
AAがDP突入から撤退までの2006/9〜2006/12に使われた医療費は1,155,528円であっ
た。
2006/4/1〜2007/6/1の医療費をみても1,466,890円であった。
AA発表の医療費4,880,000万円との差額は、
AA発表分が現金支払を含む為と思われる。
しかし現在、現金支払いでの医療費が判明しているのは
AAの提携病院であるくすのき動物病院への85,130円だけである。
支援金総額129,948,640円(開示された2口座の支援金振込み合計金額)にたいし
医療費 が4,880,000万円としても僅か3.76%しか使われていない。
これらの数字からは、
AAの「医療費が膨らみ赤字」という広報は明らかに虚偽であったことが見て取れる。

林代表はAAサイトにて、「現金収入について銀行や郵便局に入れている」と記載し、
朝日放送 ムーブ!の取材に対しても「手渡しの募金は郵便か銀行の口座に入金してい
る」としている。
しかし開示された口座原本からはそのような形跡はなかった。

トップに戻る
149349:組み戻し・提訴の理由(支援金)の追加訂正和海 2007/12/7-14:16
記事番号149338へのコメント
すみません。大事な一文が抜けていました。


原告の会の口座分析資料は、支援金返還訴訟の過程で2007年9月に開示されたもので
す。
開示されたAA代表名義の2つの銀行口座について、
原告の会が分析した結果は大変に興味深いもので、
「AA発表の数字の信憑性」そして「団体としての信頼性」への疑問を
ますます高めるものとなりました。


しかし、この資料は現在公開が中止されています。



その理由は、11月16日の第5回裁判において
原告側からの前回開示された2口座以外の口座等の開示の求釈明に対し、
被告側代理人から
「訴訟の円滑な進行のために、出来る限りの資料開示に応じてきた。しかしながら、
前回期日後、原告側がネット上で裁判資料を公開していることが判明した。
原告側の意図が、裁判資料の公開にあることが判明した以上、
これ以上任意の資料開示に応じる事は出来ないし、証拠提出も控えざるをえない。
同様の理由で、原告からの求釈明に応じる意向はない。」
との準備書面が提出され、今後の資料開示を拒否したため非公開となりました。
しかし、公開した分析資料は『私文書』であって弁護士もなんら問題はないとし、
原告団の方針では原則公開を目標としています。 

トップに戻る
149502組み戻し・提訴の理由(支援金)の追加訂正和海 2007/12/30-00:38
記事番号149349へのコメント
下記の記事内での表記に誤りがありました。

組み戻し・提訴の理由(支援金) -和海(2007/12/7-12:14)No.149338
組み戻し・提訴の理由(支援金)の追加訂正 -和海(2007/12/7-14:16)No.149349

「開示されたAA代表名義の2つの銀行口座について」の部分を
「開示されたAA名義の2つの銀行口座とAA代表林俊彦名義の1つの銀行口座につい
て」
と訂正させていただきます。

開示された口座は下記の3つの口座です。
・ジャパンネット銀行  アークエンジェルズ名義
・大阪貯金事務センター ア−クエンジェルズ名義
・大阪貯金事務センター 林俊彦名義


提訴までの経緯(組み戻し〜提訴) -和海(2007/12/7-11:58)No.149337
のタイトルについても
提訴までの経緯(組み戻し〜提訴〜2007/11/26)
と訂正させていただきます。

訂正ばかりですみません。

トップに戻る
149346AAの組み戻し告知関連1和海 2007/12/7-13:45
記事番号149336へのコメント
2007/01/08(日付が変わる前、実質1/9)
AAサイト「広島ドッグぱーく崩壊」にて組み戻しのアナウンスがされる。
支援金を募るときはTOPページに「緊急!!」としていたが、
返金の告知はTOPページではなかった。
------------------------------------------------------------
【重要】支援金について
1月9日から組み戻しをお受けさせていただきます。
広島DPのワンちゃん以外にも沢山の救いを求めている子達がいます。
今後もその子達のために活動は継続致します。
今回、ご支援ご協力頂きましたご支援金を
広島DP以外のワンちゃんに使われるのに反対の方は
組み戻し請求をお願い致します。
お振り込み頂きました銀行にてご依頼下さい。
郵便口座をご利用の方は、振込みの際に受け取った振込み明細書(コピー不可)と、
郵便口座番号・口座名義を同封の上、下記の住所に書留にてご郵送下さい。
〒534−0014
 大阪市都島区都島北通り2−20−2
 ARK-ANGELS
------------------------------------------------------------
この告知に数々の批判が出る。
・期間終了日が不明。
・現金書留・現地での募金・支援物資への同封の現金など
 いわゆる現金収入への案内がない。
・「コピー不可」について
 (控えは本人が管理するのが常識。原票を渡す意味がどこにあるのか。
  ネット送金してたら振込明細書自体、プリントアウトしたものしかない)

2007/01/13
郵貯web送金利用者の支援金返還依頼方法が変更された。
------------------------------------------------------------
ネットでの送金の方は、通帳のコピー
 (支援金送金以外の部分は、隠してコピーしていただいても可)
------------------------------------------------------------

2007/01/14(23時過ぎ)
支援金返還の受付期間が始めて明示される。(この時もTOPページではなかった)
1月9日以前の組み戻し申請は拒否、
1月9日以前の申請者は再申請必要とされた。
------------------------------------------------------------
1月9日から1月25日まで組み戻しをお受けさせていただきます。
(注意)9日以前の受付は未対応です。受付期間内に再度申し込みください。
お振り込み頂きました銀行にてご依頼下さい。
郵便口座をご利用の方は、
1. 振込みの際に受け取った振込み明細書(コピー不可)
 ネットでの送金の方は、通帳のコピー
 (支援金送金以外の部分は、隠してコピーしていただいても可)
2.郵便口座番号・口座名義
を同封の上、下記の住所に書留にてご郵送下さい。(1月25日必着)
------------------------------------------------------------
※この広示が有効だとしてもHP上と一部地域に限られ、
ネット環境にない人、報道のなかった地域では、 法定期間は維持できる。
そもそも法的に有効性がないものである。

またメールの返信はしないという宣言がTOPページのトピックスにあがる。
------------------------------------------------------------
事務所が多忙の為、1月に入って頂いたメールの返信が出来ない状態です。
大変申し訳ありませんが、お急ぎの方はお電話にてお問い合せをお願いいたします。
------------------------------------------------------------
※組み戻し関係のメールを無視する意向ではないかとネット上であがった。
※12月からメールしているのに無視されているとの情報があがった。

2007/01/15
AAは返金請求をできるだけ拒否したいもよう。
※新生銀行から組戻しをして、
2回目が1/9の前だったのでAAに組戻しを拒否されました。
銀行は3回目の組戻しは受け付けてくれず、
その旨をAAに電話したら組戻し以外の方法では
返金はしないとハッキリ言われました。
郵便局から振り込んだ人と違い、
通帳のコピーをつけても、何をしても返金はしないとのことです。


以下、続きます。

トップに戻る
149347AAの組み戻し告知関連2和海 2007/12/7-13:47
記事番号149346へのコメント
2007/01/20
TOPページではない
「広島ドッグぱーく崩壊」のTopics【重要】支援金についてを更新
------------------------------------------------------------
書類に不備が有り、ご連絡先の記載も無いため対応しかねている方がおられます。
ご注意いただきますよう、よろしくお願いします。
------------------------------------------------------------

2007/01/23
支援金返還の条件が
「組み戻し対象はAAがDPへ入った9/26に以降に送金されたもの」と変更された。
※先程アークエンジェルズさんに、承諾してもらえなかった理由を確認したく、
電話をかけました。
9/26の広島の現地に入った日以降に振込みがあったものが、
今回の組み戻しを承諾する対象だそうです。
ですから、それ以前に振り込まれた方は、承諾しないことになっているそうです。
(私が振り込んだのは9/25でした)
また、今回の寄付の趣旨をはなし、
どうして組み戻ししてもらいたいかを説明しましたが、受けてもらえませんでした。

<AAのDP突入日について>
AAがDPに入ったのは9/17であり、そのことはサイトにも記載されている。
現場報告「初回に現場立ち入り」2006/09/17
http://ark-angels.jp/dogpark/dogpark01-1.html
活動日誌「必ず助ける!!」2006/09/19
http://arkangels.blog34.fc2.com/blog-date-20060919.html

AAが「9/26」を対象にする理由は、
サイト上で9/26に「広島ドックぱーく」であることを公式発表したからということ。
しかし、それ以前に支援金や物資の募集はされていた。

2007/01/25
支援金組み戻し期間が終了した。

AAサイトで返金告知があったのは1/8の深夜
その期限が1月末までとわかったのは1/10日のNHK広島放送局の報道であり、
AAは告知していなかった。
AAが期限を1/25に限定した1/14、23:00頃
その時点で1/25まで9営業日しか残されていなかった。

2007/01/28
譲渡会にてAA代表は
「9/26以降に寄付し1/9〜1/25に請求した人には100%返還している」と発言。


・本日のAA関連 200701
http://havingnothingtodo.blog70.fc2.com/blog-date-200701.html

------------------------------------------------------------
<組み戻しの報道関係>

・支援金の返金手続き始まる(NKH広島放送局)
・ひろしま去った愛護団体その後(広島テレビ)
・ドッグぱーく余剰金、月末まで返還 愛護団体(中国新聞)
・広島ドッグぱーく問題、支援金組み戻し開始(Livedoorニュース)
http://news.livedoor.com/article/detail/2975616/
『この団体の募金の使途やレスキューした犬たちの詳細が不明瞭などと問題視されてい
た。この問題を受け同団体が1月9日より、募金の
組み戻し請求を開始した。しかしながら、この件については「ARK-ANGELS」WEBサイト
のトップページで告知されておらず、トップページ
の”広島ドッグぱーくの新着情報はこちら”のリンクをクリックしなければ確認できな
いようになっている。こちらのページでは支援金
の組み戻しの告知はTOPICSとして扱われているうえ、【重要】と赤太字で書かれている
ことからも、支援者に対する説明責任を自覚して
いるのであれば堂々とサイトトップに掲載しなければならないのではないだろうか。』

・本日のAA関連「広島テレビ ひろしま去った愛護団体その後」書き起こし
http://havingnothingtodo.blog70.fc2.com/blog-entry-57.html










トップに戻る
149343支援金返還裁判(第一次提訴関連)和海 2007/12/7-13:04
記事番号149335へのコメント
<第一次提訴>

【原告側】
・第一次提訴訴状(2007/02/21)
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/sojou/sojou.pdf
・準備書面(1)(2007/04/02)
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/hikoutoubenn2/junnbisyomen1.pdf
・準書(1)(2007/04/02)
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/hikoutoubenn2/junnsyo1.xls
・一次原告被害内容一覧
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/hiogaiitirann/higaiitiarn1.xls

請求の趣旨
1 目録交付金額と慰藉料を支払え。
2 被告が訴訟費用を負担する。

請求の原因
1.原 告
被告の支援金募集に応じた者である。
2.被 告
被告林は、動物愛護団体AAを個人として運営する同組織の責任者であり、
支援金を募集した者である。
3.犬の放置事件とボランティア活動
被告がDP内の放置犬の救助を行うということで現地入りし、ボランティア活動を
する人々や支援金の募集をTV やインターネットを通じて大々的に募った。
ボランティアや支援金や支援物資の募集であり、支援金はボランティアの人々への
実費支給や活動費、DP内の犬の治療代や世話代に、物資はDP内の犬のために使
われるということであった。
4.原告らの応募
DPで悲惨な目にあっている犬達を救い、ボランティア活動家達の実費等のために
使われる基金や物資であることを条件に、支援金や支援物資を被告宛に送金や手渡
しの方法で交付した。
5.募金と活動の実態
全国各地から被告に寄せられた支援金等金員は、1億数千万円にのぼり、莫大な量
の支援物資が届けられた。
それらの金はボランティアの人々の実費支給に充てられず、犬の治療にも殆ど充て
られず、物資も何に使用したのか使途不明である。
収支報告とその資料の公開を求めたが、被告はそれらに応じず、多くの支援者から
の支援金や支援物資の返還要求に対して、返還を約束するも、返還拒否をするなど
して、ほとんどそれを履行していない。
6.ボランティア活動への重大な打撃
ボランティア活動や支援募金をした人々の善意を裏切る行動であり、社会的に有用
なボランティア活動を冒涜するもので、原告らも精神的な苦痛を被っている。
7.以上の次第で、
透明で納得のいくボランティア活動のためにも、被告がDPの犬達の救助に使用す
ることを条件で交付した支援金の返還と支援物資として購入して送付した物品代金
の賠償及び原告各人に対し10,000円ずつの慰藉料請求を求めて、請求の趣旨
記載の金員の支払を求める。

【被告側】
・第一次訴訟答弁書(準備書面1)
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/hikokutoubenn/touben1.pdf
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/hikokutoubenn/touben2.pdf
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/hikokutoubenn/touben3.pdf
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/hikokutoubenn/touben4.pdf

<答弁書の概要>
原告らの請求をいずれも棄却する。
訴訟費用は原告らの負担とする。
募金や支援物資の交付は贈与であるから返還義務がない。
どのような法的構成でもって
募金等の返還を求めるのか明らかにすることを求める。
募金集めの主旨はDPのためではなくシェルター設立のため。
自らが大々的に告知したのではなく、
個々のブログ主の判断の判断によりリンクされ広まった。
報道関係は各局の判断によるもの。
募金者はすべてがDPのためでなくシェルター基金が相当にあった。
原告らが条件を付して支援金や物資を交付したのは知らない。
一定条件のもと募金の返還を行うがDP活動(9/25)以前の募金は対象外。
DPと無関係なグッズ購入費・メンバー会員費・シェルター基金は対象外。
募金箱については特定不可。物資については対象外。手渡しについては確認できな
い。
手続き的に返還に応じられるものは返還している。

トップに戻る
149344支援金返還裁判(第二次提訴・弁明通知関連)和海 2007/12/7-13:10
記事番号149343へのコメント
<第二次提訴>
【原告側】
・第二次提訴訴状(2007/04/16)
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/sojou/nijisojou.pdf
・二次原告被害内容一覧
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/hiogaiitirann/higaiitiran2.xls

【被告側】
・二次原告への答弁書
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/hikoutoubenn2/hikoku530-1.pdf
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/hikoutoubenn2/hikoku530-2.pdf
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/hikoutoubenn2/hikoku530-3.pdf
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/hikoutoubenn2/hikoku530-4.pdf
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/hikoutoubenn2/hikoku530-5.pdf

※訴状・答弁書とも第一次提訴訴状とほぼ同様。
被害目録にたいする個々への弁明が異なる。


<弁明通知>
・AA正会員除名についての弁明通知(2007/07/01)
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/AAbennmeituuti71.pdf
・弁明通知への内容証明での返答(2007/07/07)
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/kaitou77.pdf

<アーク・エンジェルズ正会員除名についての弁明通知>
鎌田まりみ氏は平成18年10月26日に正会員に入会されたが、
当団体に民事訴訟を起こした。
定款(除名)弟9条2項「この団体の名誉を著しく傷つけ、
又はこの団体の目的に反する行為があったとき。」に該当。
弟9条に基づき、理事会により除名処分相当となった。
議決前に弁明の機会を与えられる。
弁明は本書到達後1週間以内に、書面にて弁明を提出。
弁明が書面にてされない場合は除名処分となる。
退会する場合は退会届を代表に提出し任意に退会できる。

<弁明通知への内容証明での返答>
動物愛護団体アーク・エンジェルズ
理 事 長 林 俊 彦 殿
鎌 田 まりみ
アーク・エンジェルズ正会員除名に関わる弁明書及び質問書
1)除名の拒否
現在、入会金・会費・支援金返還訴訟裁判中に付き判決が出るまで拒否。
定款などを正規に履行する団体であるとだまされ、虚偽により会員に応募した。
その詐欺行為を証明するために、裁判にその経緯なども証拠として手出済み。
その途中経過で今の状況を変更することは不可能。
2)定款の変更について
自ら度々定款を無視して変更。
今回の定款の効力を有効とする根拠を述べていただきたい。
理事の変更は総会のみで変更が可能であり、貴会は全くそれを無視し違反している。
今回の除名処分決定の理事会の
・ 出席した理事の名簿
・ 議事録(日付・審議内容・決定事項)
2 点の提出を求める。
3)違反行為への処遇
定款が効力を発するならば、
同様に第9条1項の「この定款に違反しとき」より
総会の場をふまない度々の定款変更は明らかに違反。
それらを行った理事及びその他役員は除名処分されたのかをご報告ください。
4)会員への定款に基づく義務の不履行について
正会員と自ら認めながら、
毎年5月末に開催するという定時総会で当然話し合われ、報告された。
・ 議案・案内状(送付日時・総会開催日・開催場所の報告を含む)
・ 平成18 年度会計報告
・ 平成19 年度予算書及び事業計画
・ 平成18 年度事業報告(ひろしまDPレスキュー全頭リストを含む)
・ 役員改選
・ 定款審議
・ 上記の審議内容・決定事項報告など
7点の提出を求める。
これらが送付されてこない根拠を述べていただきたい。
以上を受けて
これらは正規に履行されるべきであり、
今までに正会員としてなんらそれに見合う処遇を全く履行されていない。
今回の通知を送付してきたこと自体、
詐欺行為の証明であることとして裁判所に追加証拠として提出。

本来ならばご本名での通知とすべきではある。貴殿のご本名を存じないので、
通名でご通知させていただくことを、おことわりしておきます。

トップに戻る
149345支援金返還裁判(第一回裁判)和海 2007/12/7-13:19
記事番号149335へのコメント
【第一回裁判】
4月20日(金)
大阪地方裁判所 第808号法廷にて午前10:00開廷

・原告側出廷
原告代理人(弁護士):辻 公 雄
一次・二次原告あわせて15人(代理含む)

・被告側出廷
被告代理人(弁護士):太田健義

・裁判官より事件の審理(一次・二次の合同審理とする旨を確認)の説明
・原告代理人が事案の訴訟概要を説明
 「メディアの善悪が顕著になった事件。
 支援者の要望に応じないのはボランティアを語る社会悪である。」
・原告団2名が意見陳述
「支援金や支援物資の不明点、シェルター基金についての疑問など」
「犬に視点をおき、関わる医療費、頭数、仔犬の行方についての問題など」
・裁判長が被告代理人に答弁の内容を確認
・次回の審議日程を 平成19年6月1日(金)午前10時30分と決定

*********************
原告団代表 鎌田まりみ
原告の会掲示板での報告(改行のみ変更)

裁判がはじまりました
------------------------------------------------------------
今日、原告の方15人と、裁判所にいってまいりました。
傍聴席にもたくさんの方が見えられ裁判官も[人がいるなあ.]と
驚いていらっしゃいました。
その後、原告の方々と、傍聴にいらしていた方も交えて
今後の裁判の方向について話し合いをいたしました。
詳細につきましては弘前に帰りましてから、
AAからの答弁書とともにHPにアップさせて頂きます。
土曜日、帰ってからすぐにアップしたいのですが、7:50の飛行機で帰ると、
弘前では日が良いのか、12:00、3:00.5:00と
3つの教え子の結婚式が待っております。
空港から12:00の結婚式には直行いたします。
(3:00のお料理はおなかに入らないことでしょう。)
元気があれば、土曜日アップしますが、
日曜日まで、できましたらお待ちいただければと思います。ごめんなさい。

さて、今日は裁判の後、原告のもうお一方と,
サク兄さんのナビの下、高島まで行ってきまいりました。

(今日の私たちの裁判には
7名の酒波地区の方々が傍聴にみえられておりました。)

20時ごろから、酒波区の40名以上の方々が集会所に集まられ、
会議をもたれているところに同席させていただき、
なぜ我々が提訴にいたることになったかについて、
お話しする機会を与えていただきました。

地区の皆様は本当に真剣に私のお話しを聞いてくださり、
この地区の方々にとって、AAに移転してこられることは、
本当に切実な問題であることを実感してまいりました。

我々の裁判は裁判で進行いたしますが、
今後、高島の方々とはご協力できることはご協力し、
お互いに助け合っていけたらと感じながら帰って参りました。
この問題には高島の地区の方々をはじめとし、
滋賀県の方々も一地区の問題としてだけとらえずに、
県民あげて前向きに高島市をご支援したいただけたら、
きっと大きな力となっていくことと思います。
是非がんばっていただきたいと思います。


最後になりましたが、
次回の裁判は平成19年6月1日(金)10:30より行われます。
今後ともよろしくお願いいたします。
------------------------------------------------------------


裁判傍聴者の報告
・サクラの飼い主の今日のなにがし「中身」
http://blog.livedoor.jp/sakuranoie/archives/50699408.html
(報告内で名前のあがったサク兄さんのブログです)
・ちんぴら犬リューの更生日記「裁判傍聴記」
http://pareana.exblog.jp/5458907/


第二回裁判以降について順次追加していきます。

トップに戻る
149503支援金返還裁判(第二回裁判)和海 2007/12/30-00:59
記事番号149345へのコメント
【第二回裁判】
6月1日(金)
大阪地方裁判所 第808号法廷にて午前10:00開廷

原告側資料 
準備書面(2)
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/junnbisyomen/junnbisyomen2_.pdf

原告側主旨
<募金等返還の原則>
・1つの目的の為に募集された寄金は、当初の目的にのみ使用されるべきもの。
・その事業の提唱者は、活動の内容と収支の明細を報告し、
余剰があれば、募金者等協力者の新たな同意がない限り、
残余金は返還しなければならない。
これはボランティア事業の基本的原則。
・残余金の目的他使用や事業提唱者の私物とすることは違法であり許されない。

<被告の返還約束>
・被告自身も2006/12/12に、
余剰金使途についてシェルター建設に異議ある者に返金すると約束している。
その返還対象の時期・方法について、その後に恣意的な事を主張している。
それは発表は周知性を欠き且つ一方的条件であるので無効。
・例えば、被告は「2006/9/25以前の寄金は、
DP事件の寄附ではないから返還しない」と主張しているが、
2006/9 初旬にDP事件のことを知り、
2006/9/17に「DPのレスキュー開始」と公表、
2006/9/19にはAA支援者のブログに、DPの痩せこけた犬の写真を載せ、
「大規模な犬のレスキューの支援お願いとして資金と物資の支援」を募り始めた。
全国の愛犬家等は、ボランティアとして現場での労力奉仕や物資や金を送付。
・シェルター基金については、
寄金に際してシェルター分についてその旨、明記を求め、
2006/11/25時点では1人であった。
・寄金総額を当初の発表(約6000万円)の倍額あったと指摘されると、
シェルター基金も含めて約1億2000万円と発表し、
DP事件の寄金の余剰を極端に少なくしようとした。
そのため、返金の期日や方法に条件をつけ、
返金を抑制排除しようとしたものである。

<募金等の私物化と隠蔽>
・送付形態は直接手渡しや、指定された金融機関への送金。
・ボランティアとしてレスキューに参加していた愛犬家達から、
現場での被告の活動や采配に対する不満不信の声が強くなる。
・多額の善意の金が集まっているのに、犬の治療代等必要な支出がなされず、
金の管理を被告とその妻のみがする形となる。
・被告の具体的活動姿勢に対しても犬の頭数さえ明らかにしようとせず、
本当の愛犬家としてのボランティア活動か否か不信の声が強まる。
・さらに、既に十分な寄金と物資が集まっているのに、
募金の呼び掛けを続け、周囲のボランティアから、
被告の采配する活動の内容と金等の使途、収支明細の公開公表の要求が大きくな
る。
・その結果、それに答えると約束し、
2006/11/25に5911万0986円の支援金が集まり、その内経費は624万9276円と発表。
2006/12/11には記者会見で、6825万8763円、内ネット銀行入金分2853万円、
郵便局2631万円」と発表。
しかし2007/1に、マスコミからネット銀行で5000万円以上、
郵便局にも6000万円を超える入金があり、
総額は1億1000万円をさらに上回ると批判されると、
2007/2/2頃、1月末までの支援金は1億2000万円を超えると記者会見で発表。
・その後、収支明細の公表を記者から要求され、
それを了承しながら今日までその公表がない。
・寄金の額については2億円を超えているという声もある。
・以上のように多額の募金が集まってきたが、その私物化をはかるため、
募金のうち約半分の6000万円について、
これはDP事件とは無関係のシェルター基金と主張しだした。
・以上のように、被告は再三にわたり募金の総額を低く発表し、
シェルター募金を活用する形で、
DP事件への寄附金を隠蔽し私物化しようとしている。
・今なお、何度も約束したはずの収支明細の報告書を公表しない。
このような実態の募金には、原告らを含む全国の多くの人々は協力する意思はない

・欺罔されて金を支払ったものであり、
不法行為によるものとして損害賠償請求としてその支払いを求める。

*********************
原告団代表 鎌田まりみ 原告の会掲示板での報告
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/bbs/yybbs.cgi?page=0&bl=0
「裁判のご報告」
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/bbs/yybbs.cgi?page=40&bl=0
(12月29日現在の過去ログアドレス)

※第一回裁判に関してはログが不在のため報告文を添付しました。

トップに戻る
149504支援金返還裁判(第三回裁判)和海 2007/12/30-01:08
記事番号149503へのコメント
【第三回裁判】
7月20日(金)
大阪地方裁判所 第808号法廷にて午前10:00開廷

原告側資料 
準備書面(3)
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/junnbisyomen/junnbisyomenn3.pdf
調査嘱託申立書
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/tyousasyokutakumousiattesyo.pdf
証拠説明書(1)
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/syoukosyomen/syoukosyomen.pdf

被告側資料  
準備書面(被告2)1P 
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/hikoutoubenn2/junbisyomen3-1.pdf
準備書面(被告2)2P   
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/hikoutoubenn2/junbisyomen3-2.pdf


原告側主旨
<救済運動の開始時期>
9月中旬以降に要求された全ての金や物資は全てDPの犬の救済に
充てられるという意思の下で行われている。
<供給物の隠匿>
・DPの犬の救済のために金や物資を送り、
それらの量が多額に上り、広島の犬の救済に十分な量となったのに、
まだまだ不足しているとして協力支援を求めた。
・救済運動の中で犬の治療や血液検査など
適切な用途への支出が行われない状況が生じ、
ボランティアから不信の声が出始め、寄金返還要求の動きが出てきた。
・収支の公表をしたがあまりに低いので、
更なる真相発表を求められ1億2000万円を超えると発表。
その内約半分はシェルター基金として集めたと発表したが、
その根拠資料も示さない。
・DPの犬の救済のための基金収入はもっとあり、
シェルター基金への収入はほとんどなく、
また有効な支出の根拠資料は薄弱であり、
口座から私的費消と思われる金を引出している。
・寄金返還の要求に対しては、
当初は期間制限をつけず、返還すると発表していた。
・シェルター寄金についてはその明記を要求し、
シェルター寄金に使うことを了承できない人には寄金を返還する発表した。
・基金口座と指定した金融機関の口座について、
犬の救済基金以前から現在までの収支が明らかになれば事件の内容が明らかになる。
裁判でそのことを明らかにするため、それら帳簿の提出や調査嘱託を求める。

<調査嘱託申立書>
・調査事項
DPの犬の救済として支援された寄金と被告による隠匿を調査するため、
大阪貯金事務センター(名義人 ア−クエンジェルズ)と
ジャパンネット銀行(契約者 アークエンジェルズこと林俊彦)の
2006 年1/1〜2007 年6/30までの名義人所有の勘定元帳(写し可)の交付
・調査理由
集まった寄付金の額や支出使途について資料に基づいた
明細を明らかにしていない。
寄付金が支払われた金融機関の帳簿により個別及び総額、
集まった日時、支出の額と使途を明らかにしたい。

<証拠書類一覧表>
44Pにもわたる証拠説明書を提出。


被告側主旨
<寄付金の性質について>
寄付金は書面によらない贈与にあたり撤回できない。
余剰金があっても返還されないのがボランティア事業の現状。
金銭に特定性が無く、費消が不特定である。
以後のレスキューに費消されるので目的外使用にあたらない。

<返還約束について>
返還義務がないことを前提に、個別に返還合意をした。

<募金などの私物化・隠蔽について>
収支報告をしなかったのは広島での現場活動が終了しなかった。
収入は通帳にて管理され不明なものはない。
よって調査嘱託の申し立てに応じる。

*********************

原告団代表 鎌田まりみ 原告の会掲示板での報告
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/bbs/yybbs.cgi?page=0&bl=0
「裁判のご報告」
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/bbs/yybbs.cgi?page=30&bl=0
(12月29日現在の過去ログアドレス)

裁判傍聴者の報告
・...こっち向いて*そばにいて▼・ω・▼
「広島DPボランティア基金返還等請求訴訟第3回」
http://hhsasa.blog94.fc2.com/blog-date-20070720.html

トップに戻る
149505支援金返還裁判(第四回裁判)和海 2007/12/30-01:25
記事番号149504へのコメント
【第四回裁判】
9月21日(金)
大阪地方裁判所 第808号法廷にて午前10:15開廷

原告側資料
準備書面(4)
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/hikoutoubenn2/junnbisyomen%204.pdf
準備書面(5)
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/junnbisyomen/junbisyomen5.pdf
証拠説明書(2)
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/syoukosyomen/syoukosetumeisyo2.pdf
準書A
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/syoukosyomen/junnsyoA.xls
準書B
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/syoukosyomen/junnsyoBC.xls

被告側資料
準備書面(3)1P
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/hikoutoubenn2/hikoku3-1.pdf
準備書面(3)2P 
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/hikoutoubenn2/hikoku3-2.pdf
 

原告側主旨
<被告に対し、下記釈明を求める>
・DPの犬の救済の為の寄附金を集めた際の
金銭の入金・出金・保管・その他関係する金融口座を特定すること。
(金融機関名と支店名、口座名義人と口座番号等)
・その収入支出の日時・金額の明細を資料に基づいて明らかにすること。
(調査嘱託申立により明らかにされる部分は不要)
・DPの犬の救済のために治療費等に支出した金の使途と日時・金額を
資料に基づいて明らかにすること、
・その関係寄金、協力金会費等(振込、手渡し、その他を含む)の項目別小計と総合
計。
・残金の約1億円は私的消費ないし不透明なものであり、
その使途についての日時、相手、事由を明らかにされたくその釈明を求める。

特に多額の問題ある支出としては、
@ぱるる口座の2006年10月12日の3000万円の支出
Aぱるる口座の2006年11月27日の対個人口座への1050万円の支出
BJNB口座の2006年11月07日の1000万円の支出
CJNB口座の2006年11月08日の1240万円の支出
D林俊彦に対するJNB口座での何口にもわたる500万円余の支出及び、
 ぱるる口座での何口にもわたる500数万円の支出

・動物病院、組戻し以外の分は私的消費ないし不透明不当な支出とみている。
・DPの件とシェルター基金が約半分ずつと主張するが、
シェルター基金は送付の際にそのことを明記するように求め、
寄附金を募るテレビ放送等では「犬のための支援金」として報道、
シェルター基金募集の報道はなされいない。
支援金送付者の多くはテレビ報道をみて支援金を送付していることから考えると、
6000万円以上の金がシェルター建設の目的のために集まったと主張するのは
きわめて不自然。
・帳簿以外にも、手渡し、募金、物品内封入分などの相当多額の収入がある。
きちんと入金していると会計報告でも、ブログで
も述べているにもかかわらず、それにあたるような入金は一切、
どちらからも認められなかった。


被告側主旨
・被告代理人の手元には、
郵便局取引履歴、郵便振替受入明細(通信文)、郵便預払状況調査、
ジャパンネット銀行振込み状況、総合仕訳帳、
記者会見で用いた資料が存在、原告代理人に提示可能。
・原告は、被告がネット上で、寄付の明細を公開していると指摘するが、
弁護士は厳格な守秘義務を負わされていると解されるので、
訴訟においては、原告代理人のみの開示とする。
・原告の求めがあれば、随時資料を開示することは
全くやぶさかではないが、弁護士としての守秘義務の範囲内でお願いしたい。

*********************
原告団代表 鎌田まりみ 原告の会掲示板での報告
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/bbs/yybbs.cgi?page=0&bl=0
「本日の報告」
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/bbs/yybbs.cgi?page=20&bl=0
(12月29日現在の過去ログアドレス)

裁判傍聴者の報告
・...こっち向いて*そばにいて▼・ω・▼
「広島DPボランティア基金返還等請求訴訟第4回」
http://hhsasa.blog94.fc2.com/blog-date-20070921.html
・広島で新しい家族を待ってます「疑問点」
http://atarasiikazoku.blog85.fc2.com/blog-date-20070921.html

裁判の傍聴はできなかったそうですが、支援金返還裁判の印象等が書かれています。
・犬道楽本三昧「大阪地方裁判所で見たこと、聞いたこと、感じたこと 」
http://kumaneko.asablo.jp/blog/2007/09/21/
>つまるところ、AA代表の周辺には、触法会社の存在が見え隠れしており、
>保護活動は、そうした裏稼業で得た金を洗浄する目的で
>設立して見せたのではないか?

トップに戻る
149507支援金返還裁判(第五回裁判)和海 2007/12/30-02:03
記事番号149505へのコメント
【第五回裁判】
11月16日(金)
大阪地方裁判所 第808号法廷にて午前10:00開廷

原告側資料
準備書面(6)   
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/junnbisyomen/junbisyomen6.doc
準備書面別紙(6)
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/junnbisyomen/junnbibessi6.doc
証拠書面(3)
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/junnbisyomen/syouko3.doc
同新聞記事甲17
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/junnbisyomen/kou17.doc

被告側資料
準備書面(4)1P  
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/Adobe%20Photoshop%20Album%20Mini%203.pdf

原告側主旨
<被告に釈明を求めた理由>
支援金、支援物資が、ボランティア活動に乗じた
不法な金集め、物集め、即ち詐欺的不法行為だという主張。
・預貯金合計だけでも約1億3000万円、その他相当の収入があり、多額性は明らか。
・使途が本来の目的に使われていない。私的に費消や秘匿されている。
正当な使途金の約20倍の金銭が通帳上支出、私的費消、隠匿の事実の存在を推認でき
る。
・仮に金が本来の目的に費消されていても、表面を取り繕うための一部分で、極めて小
額。
収入の僅か20分の1の出費、活動の正当性を仮装しているのではないかと推認する。
・集金、金銭の支出、費消の態様に照し、
集金・使途の正当なことを証明しない限り、違法なものと解される。
(経験則上、私的費消、不当支出は騙取、領得の重要な間接事実、状況証拠と考えられ
る)
・支援金は預貯金通帳で現金保管、必要に応じて支出、管理に正確を期するもの。
(これは一般的な経験則、こうしない限り責任をもって事に当たることはできない筈)
・2つの通帳からは使途に疑惑のある、不明の多額の金が出金されている。
・レスキューに入って僅か1ヶ月以内に3,000万円、2ヶ月で6,290万円の支出、
何に必要なものか、誰に支払われたものかも分からず不自然。
・その他、林俊彦に対する多数回の振込、身内らしき者への振込等、疑惑の出金があ
る。
不当、不明な金の処理が行われていると推認できるので、用途を明らかにするよう求め
る。

<新たな求釈明等の範囲>
他の方法による集金分でも、責任をもって記帳管理していたか、
そうしていないとすれば受領の趣旨に反する使途不明、隠匿がある。
平成18年9月26日頃以降、振込以外にも、
「募金箱に入った金」「現金書留で送金された金」「直接受取った金」等がある。
・100万円や500万円の現金交付者は判明しているのに、経理上示されていない。
・現金書留や物資と一緒に同封された金があったことも当然、その報告が一切ない。
・これらについても集まった金と使途の説明如何では、
欺罔の意思の重要な間接事実となり、それを推認させるものと考える。

<新たな求釈明事項等>
既提出の「ぱるる」と「ジャパンネット銀行」の帳簿管理金融機関に
調査嘱託をすることにより判明することが大半であるが、
裁判の早期解決の為、速やかに釈明に応じられることを望む。

<証拠説明書立証事実>
毎日新聞夕刊記事 (平成19年10月3日付)
街頭募金を装い、募金者から5000万円を集めた事案で、
詐欺罪等で起訴されている事例があること。


被告側主旨
・訴訟の円滑な進行のために、できる限りの資料開示に応じてきた。
・しかし前回期日後、原告側がネット上で裁判資料を公開していることが判明。
・原告の意図が、裁判資料の公開にあることが判明した以上、任意の資料開示に応じる
ことはできないし、証拠提出も控えるを得ない。
・同様の理由で原告からの求釈明に応じる意向ない。

*********************
原告団代表 鎌田まりみ 原告の会掲示板での報告
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/bbs/yybbs.cgi?page=0&bl=0
「第5回 裁判の報告」
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/bbs/yybbs.cgi?page=5&bl=0
(12月29日現在の過去ログアドレス)

裁判傍聴者の報告
・...こっち向いて*そばにいて▼・ω・▼
「広島DPボランティア基金返還等請求訴訟第5回 」
http://hhsasa.blog94.fc2.com/blog-date-20071116.html
・広島で新しい家族を待ってます「募金等返還請求訴訟傍聴」
http://atarasiikazoku.blog85.fc2.com/blog-date-20071116.html
・犬道楽本三昧「寄付金等返還訴訟 第5回」
http://kumaneko.asablo.jp/blog/2007/11/16/

【第六回裁判】については、
被告準備書面(5)が公開され次第、投稿したいと思います。
今後もよろしくお願いします。

トップに戻る
149849支援金返還裁判(第六回裁判)和海 URL2008/3/2-01:18
記事番号149507へのコメント
【第六回裁判】
12月21日(金)
大阪地方裁判所 第808号法廷にて午前11:30開廷


原告側資料
準備書面(7)
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/junnbisyomen/junbisyomen7.doc
調査嘱託申立書
1P http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/junnbisyomen/1P.pdf
2P http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/junnbisyomen/2P.pdf
3P http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/junnbisyomen/3P.pdf
4P http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/junnbisyomen/4P.pdf 
甲18証拠書面 新聞記事1P
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kou18syou1203.pdf

被告側資料
被告意見書
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/junnbisyomen/hikokuikensyo.pdf
被告準備書面(5)
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/hikokujunnbi5.pdf   

原告側主旨
被告は「原告側がネット上で裁判資料を公開していること」を理由に、
任意の資料開示や証拠提出、原告からの求釈明に応じないという意向を示された。 
原告としては、裁判を円滑、速やかに進めることを第一義とする観点から、
次の条件を提示するので、できる限り速やかに回答をいただきたい。
【条件】
・原告側のネット上で公開した裁判資料を削除し、
 今後一切の裁判資料の公開はしないことを約束する。
・他方、被告側においては、
 原告の求める資料開示、証拠の提出、釈明に最大限に応じる。
以上の相互の条件について了解いただけるか否かをご回答いただきたい。


被告側主旨
<意見書>
原告からの調査嘱託に応じる意向である。
求釈明に対しても、回答する予定でいる。

<準備書面>
・郵便局からの10月12日の3000万円の出金について
 出金した3000万円は11月27日にアークエンジェルズ名義の
 三井住友銀行口座に入金、金銭の移動は預かり限度額超過のため、
 郵便局から出金を求められたから。
 出金と入金に日にちが空いているのは、
 広島の郵便局から出金後、とりあえず近くの銀行に一旦入金し、
 三井住友銀行口座に入金したため。
・ジャパンネット銀行からの11月7日の1000万円の出金について
 出金した1000万円に200万円を加えた1200万円を、
 翌年1月4日に三井住友銀行口座に入金している。
 この金銭移動はシェルター募金の金銭を振り分けるために行ったものである。
・ジャパンネット銀行からの11月8日の1240万円の出金についても
 同理由で三井住友銀行口座に入金している。
・ジャパンネット銀行からの11月27日の1050万円の出金について
 ジャパンネット銀行からの出金ではなく
 郵便局から同日に同額の出金がされているので、その前提で回答する。
 里子として譲渡された犬の不妊手術費用を里親に支払うために、
 不妊手術助成金専用口座を郵便局に開設し、そのための費用として1050万円を
 11月27日に振り替えた。
 郵便局にはすでにアークエンジェルズ名義の口座を開設していたため、
 口座名義は被告個人名で開設したが、
 里親にはこの不妊手術助成金支払い専用の口座から助成金が振り込まれている。
・上記以外の求釈明の回答については現在整理中であり、
 通帳等の証拠関係の提出も含めて、後日回答予定である。

*********************
原告団代表 鎌田まりみ 原告の会掲示板での報告
「第6回裁判の報告」
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/bbs/yybbs.cgi?mode=res&no=152

裁判傍聴者の報告
...こっち向いて*そばにいて▼・ω・▼
「広島DPボランティア基金返還等請求訴訟第6回」
http://hhsasa.blog94.fc2.com/blog-date-20071221.html

トップに戻る
149850支援金返還裁判(第七回裁判)和海 URL2008/3/2-01:32
記事番号149849へのコメント
【第七回裁判】
平成20年02月08日(金)
大阪地方裁判所 第808号法廷にて午前10:00開廷

原告側資料
準備書面(8) 
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/junbi8.pdf
準備書面資料8 
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/8bessi.xls
準備書面(9) 
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/junbi9.pdf

被告側資料
被告準備書面(6)
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/hikokujunnbi6.pdf
準備書面別紙(6)
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/junnbisyomen/junnbibessi6.doc
(被告準備書面(6)は第五回裁判の準備書面別紙(6)に対する回答)
(準備書面別紙(6)http://hdp-
gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku/junnbisyomen/junnbibessi6.doc)

原告側主旨
・求釈明事項について、
 応答されていないものや応答されている先の口座での収支表も問題。
・被告関係の口座は16を数える。
・1つの口座から他の口座へ移した件についても、
 振込と現金の差、使用目的による別口座への移転理由が不明。
・広島ドッグぱーくの件に伴う寄付金を入金した口座及び
 それらの出金した先の口座について、その全部の銀行名、名義人、口座番号及び
 収支明細記載部分を明らかにされることを求める。
・現金書留の金は一括して口座に入金している可能性があるとされているが、
 その口座を特定を求める

被告側主旨<準備書面別紙(6)
・日付の空白は広島郵便局から出金後、近くの銀行に一旦入金し、
 改めて三井住友銀行に入金。
・KMはAAの統括の母親で、被告や関係者が広島にいることが多く、
 大阪に戻って支払い等をすることは、費用的にも時間的にも大変であったため、
 信頼できる人物に頼み、その支払いの為に振り分け送金を行ったが、
 1000万円については支払われることがなく、三井住友銀行に入金した。
・郵便局の林俊彦名義口座は 従前から被告が使用し1050万円の振込み後は
 不妊手術助成金支払専用口座としている。
・KMの口座は個人情報であるので回答しない。
・KKは統括の旧姓であり、
 以前からAAの一部経費の引き落とし使われ原資を確保するために送金。
・KKの口座は個人情報なので回答しない。
・TY宛の送金はTYがレンタカーを借りるなどの実費を負担したので
 清算分として送金。
・TYの口座は個人情報なので回答しない。
・現金書留での送金分は、基本的に記録している。
 現場の混乱の為、一括して募金として口座入金している「可能性」がある。
・手渡し・募金箱・物品に同封の金銭も一括入金である。
・物品に同封された金銭で、一部抜き取られている金額がある。
・送付・寄付された物品について倉庫で一括管理していたから、明細はない。
・金銭の入出金状況は、税理士が整理した総合仕訳帳が存在する。
・総合仕訳長の提出については検討する。

[参考]
原告準備書面別紙(6)より
調査嘱託により新たに判明したAAの5口座
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/siryou5kouza.xls

*********************
原告団代表 鎌田まりみ 原告の会掲示板での報告
「第7回裁判の報告 告発の報告」
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/bbs/yybbs.cgi?mode=res&no=200

「裁判記録-ひろしまドッグぱーく原告の会」にての記載
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/kiroku.html
------------------------------------------------------------
求釈明している全口座の開示を要求。
開示に答えない場合は調査嘱託をすることを決定。被告準備書面から、
「ある」と言い切っていた台帳や管理帳などが無いことを認める。
現金書留・手渡し・募金箱などの現金収入の口座があると言い切っていたが、
可能性があると表現がぼやけた回答になっている。
回答内容と、調査嘱託内容に3000万円を抜いてなお、1000万円以上の残金あり、
矛盾が見られる。
------------------------------------------------------------

裁判傍聴者の報告
・犬道楽本三昧
「募金等返還訴訟 第7回 」
http://kumaneko.asablo.jp/blog/2008/02/08/2611543
『一人ひとりの勇気と正義感が、募金活動から偽者を排除させるのです。』
・...こっち向いて*そばにいて▼・ω・▼
「広島DPボランティア基金返還等請求訴訟第7回」
http://hhsasa.blog94.fc2.com/blog-date-20080208.html
・和海の報告(感想など)
http://akumaniaa.blog.shinobi.jp/Entry/46/

次回、第八回裁判は平成20年03月28日(金)です。
次回もできれば傍聴したいと思っています。

トップに戻る
150206支援金返還裁判(第八回裁判)和海 URL2008/5/28-12:57
記事番号149850へのコメント
皆様、こんにちわ。報告が遅くなりすみません。

報告の前に
ひろしまドッグぱーく原告の会のHPが移転されたのでお知らせします。
新アドレスは  http://hdp-genkoku.net/  です。


【第八回裁判】
平成20年3月28日(金)
大阪地方裁判所 第808号法廷にて午前10:30開廷

<原告側資料>
準備書面(10)    http://hdp-genkoku.net/junnbi10.pdf
調査嘱託書3      http://hdp-genkoku.net/tyousasyokutaku3.pdf
<被告側資料>
被告準備書面(6)1P http://hdp-genkoku.net/hikoku6-1.pdf
         2P http://hdp-genkoku.net/hikoku6-2.pdf

原告側主旨
・原告は被告が多くの人を欺いて金を集めたものと主張。
・大金が集まったが適切な使途は極少であり違法・不当な使途が大半である。
・その立証のために、被告に対し、収支の明細と資料の提示を求めている。
・被告は原告の要求の一部には応じている。
・現金の授受が特定の口座に入金した可能性があると主張、
 その口座の特定を求めている。
・被告の協力を求め、本件に関する収支関係口座・帳簿等の提出、
 調査嘱託の申立を行っている。
・被告は原告がHP上で行った裁判の関係資料の希望者交付が問題であるとし
 今後協力できないと今回の準備書面で述べてきた。
 裁判関係の資料を希望者に交付することは特に問題とは考えない。
・希望者交付により被告の協力が得られないのであれば記載を削除する。
・HPを見て資料の送付を求められたことはなかった。
・被告への従来からの釈明を求めると立証に必要な調査嘱託の採用を求める。

被告側主旨
・原告の調査嘱託に対し全て応じ求釈明も必要な範囲で回答してきた。
・原告の求めに応じればさらなる求釈明や調査嘱託が申し立てられる。
・HP上で資料を公開していないが、希望者には資料を送付するとしている。
・裁判のための資料開示ではなく被告の財産状況を公開のために開示している。
・裁判上の手続きが被告の財産公開に用いられている。
・基本的にこれ以上原告からの求釈明や調査嘱託に応じる意向はない。
・原告の主張が固まった段階で、
 被告の反論で必要な範囲で証拠として資料を提出する予定である。

*********************
原告団代表 鎌田まりみ 原告の会掲示板での報告
「第8回 裁判の報告」
http://hdp-genkoku.net/bbs/yybbs.cgi?mode=res&no=306

裁判傍聴者の報告
・犬道楽本三昧
「募金等返還訴訟 第8回」
http://kumaneko.asablo.jp/blog/2008/03/30/2891263
「28日の傍聴記補足 」
http://kumaneko.asablo.jp/blog/2008/03/31/2907076

原告 5名(うち1名傍聴席)
傍聴者7名



原告の調査嘱託開示の申し入れに対し、
被告は調査嘱託の開示は個人財産開示に当たるとして拒否しました。
この支援金返還裁判でも
AAは個人であるのか、団体であるのかという話になっています。
どちらにしても
原点である「医療費が赤字」との虚偽によって
募金を集めた事実は消えることが無く、
原告団の「被告が多くの人を欺いて金を集めたものと主張」は
何をもっても翻すことはできないと思っています。
またAAがDPに介入した時点より、
詐欺の意思があったことを原告団は立証しようとしています。
たとえそれが困難で立証できずとも
事実を告げず募金集めをした行為について
「不作為の詐欺」が成立すると信じています。

<参考>
・MSN産経ニュース 2008.3.25 10:13
「ヒューザー・小嶋被告に懲役3年の有罪判決 耐震偽装事件」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/080325/trl0803251015000-n1.htm
『事実を告げずに販売した行為について
 「不作為の詐欺」が成立すると判断した。』

トップに戻る
150207支援金返還裁判(第九回裁判)和海 URL2008/5/28-13:46
記事番号150206へのコメント
【第九回裁判】
平成20年5月23日(金)
大阪地方裁判所 第808号法廷にて午前10:30開廷

第八回裁判において、裁判長の原告に対する指示は
調査嘱託・求釈明の流れと調査嘱託の関連をまとめて提出することでした。
原告側は裁判長の指示にもとづいた書面とともに、
AA発表の収入報告・調査嘱託で判明した収入・調査嘱託で判明した使途を
グラフで表した準備書面資料19・20を提出しました。
これに対し被告側は調査嘱託に関し書面を精査して回答するとしました。
また裁判長はDPの犬の救済にどれくらい使われたかが「争点」であるとし、
被告側に支出明細の提示を求めました。

準備書面資料19・20のグラフにより、
・AAの会計報告が虚偽であったこと、
・支援金使途が犬の救済にほとんど使われていなかったこと
が一目瞭然となっています。

<原告側資料>
準備書面(11) http://hdp-genkoku.net/junbi11.doc 
準備書面資料19・20 http://hdp-genkoku.net/kou1920.xls

原告側主張
【事件の発生と募金私物化の疑惑】
ネットやマスコミの喧伝により6000人以上のボランティア・多くの支援物資・
推定3億とされる支援金が集まる。

第一次会計報告は54,581,925円と小学。(実際には1億1千万以上)
第二次会計報告も59,110,986円と前回とほぼ変わらぬ額を公表。
マスコミ会見報告では6200万円、領収書や書類の公開を約束するが反古。
中国新聞に1億2千万以上であると報道される。
マスコミ・専門家の同席の会計報告では1億3358万円、犬の医療費は488万円、
支援金の半額の6000万円はシェルター基金と発表。
最終報告と称して会計報告をHP上にアップする。
・犬のレスキューにお金がかかった2006年10月の犬の医療費がおよそ8万円、
・譲渡会などで募金箱が募金で連日満杯だった募金箱収入0円
など、明らかに現実とは違う報告であった。
AAはこの会計報告以降、2008年5月現在に至るまで会計報告がない。
金員の流れをつかむべく支援金の振込先である2通帳の調査嘱託を請求。

【立証課題と立証方法】
被告の募金については、詐欺的不法行為と考え、
その立証課題として、募金の多額性・必要な支出の少額性・
私的消費や使途不明金の多額性を柱とし、
立証手段としてAAの関係帳簿の提出を求めている。

【調査嘱託等のAA関係帳簿で明らかになったこと】
・募金額は帳簿上でさえ、1億3000万円が集められたことが判明。
・既存帳簿以外に数々の他の入金経路の金額が不明。
・募金箱・手渡し・現金書留・荷物同封の通帳記載が一切ない。
・原告名指の手渡し分100万円を入金したと公言していたが記録は未確認。
・タレントの杉本彩が持参したといわれている数百万円の入金が未確認。
・連日束になって届いていた現金書留の入金が未確認。
・募金箱には約300万円もの募金が寄せられていたがその記載もない。
・DPでの物資バザーで、一日約100万円売上げの入金が未確認。
・犬の治療費等、必要経費の支出が極少である。
・シェルター募金を6000万円と発表、全体の帳尻あわせをしている。
 (2006年9月27日〜11月25日の明記送金者は、1人5000円)
・シェルター募金の主張は虚偽の疑いがある。
 6000万円の使途が明らかにされなくてはならない。
・使途不明金が1億円に及ぶ。各通帳からの移動先の通帳を公表、
 金員の使途を追及する必要がある。

【使途追及の必要な通帳の主たるものとその公開意義】
調査嘱託や釈明により、AA関係の金員の移動先の通帳が判明、
重要なもの5口座についての帳簿取寄を求めている。
この帳簿が募金の最終使途先となれば、募金の私物化、目的外支出となる。

【総括】
調査嘱託5口座の公開請求は不可欠。
このいずれもが欠けてもDP基金のAAの処理に関する疑惑は払拭されない。
支援金の流れを追及し明確にするのは今後同様の事件を防ぐ為に必至である。

*********************
原告団代表 鎌田まりみ 原告の会掲示板での報告
「第9回 裁判の報告」
http://hdp-genkoku.net/bbs/yybbs.cgi?mode=res&no=361

裁判傍聴者の報告
・犬道楽本三昧
「第9回 募金等返還訴訟 傍聴してきました。」
http://kumaneko.asablo.jp/blog/2008/05/24/3539321

原告  7名(うち1名傍聴席)
傍聴者10名

次回裁判期日は、平成20年7月25日(金)13:15〜808号法廷です。
尚、次回から裁判報告は
原告団代表であり原告の会代表である鎌田まりみ氏が
担ってくれることとなりました。

トップに戻る
150273「支援金返還裁判(第十回裁判)」空き地。 2008/8/2-21:00
記事番号150207へのコメント
みなさん、こんにちは。第10回裁判が無事に終了しました。
私は、その裁判後の原告側、AA側双方の報告を待って書き込む
つもりでしたが、一週間が経過してもAAからコメントが出ませんので
コメントする意志なしと判断し、原告側の情報のみを提供いたします。

http://hdp-genkoku.net/
http://hdp-genkoku.net/bbs/yybbs.cgi
要約して出します。
・ 、裁判長からそれぞれから提出された準備書面について確認が
  ありました。
・裁判長から、被告代理人に被告から提出された証拠資料の
 乙1乃至5に関して、 この会計報告の根拠を示す、原資料を提
 出する予定があるかどうかという確認がありましたが、被告代理
 人は明言を避け、検討させてくださいと答えました。
・原告代理人から、その証拠資料に対して、準備書面にかかれてい
 る今回の2006年9月から2007年1月までの報告がすべてかと
 いう確認がありました。
それに対して、これが本当の会計報告であると被告代理人は答えました。
・原告代理人は、再度これですべてかと確認いたしますと、里親の避
 妊去勢費用はまだこれからも発生するから、
あるかもしれないし、区切られないと言うことを付け加えました。
・ 私は、今までに3度の会計報告をしたが、それは3度とも、虚偽で
 あ ると認めるのかと質問しました。
  さらに裁判長にたいして、被告がこれが本当の会計報告であると
 いうのならば、今までに本当の会計報告を出すのに
すでに1年半を要し、それらがすべて嘘だったのならば今後も
 真実を期待できないので、本当の収支がわかる
調査嘱託を認めていただきたいと訴えましたが、裁判長は今のところは
まだ採用しないと答えました。

・被告代理人は1週間以内に、原資料を提出できるかどうか回答を、原告と
裁判所の両方にすると確認しました。

・・・以上です。
以下、私の感想です。
被告代理人が「これが本当の会計報告である」と答えたのならば、
以下の推測が成り立ちます。
「AAがこれまでマスコミや自分のサイトで発表した会計報告は
便宜的なものであり、きわめて信憑性が低かったこと」
「裁判を長期的に行わないと本当の会計報告を出さない体質で
あるならば、今後、AAから出される会計報告は疑われても仕方
がないこと」

次回裁判は2008年9月5日(金) 10:30〜 808号法廷です。

なお、AAが一週間以内に「原資料を提出できるかどうか回答をする
ということでしたが、回答したという情報はまだ出ていません。

追記です。
これが現在のAA情報です。
http://ark-angels.jp/
(滋賀エンジェルシェルター本部)
〒520-1651
「滋賀県高島市今津町酒波 1186-2
TEL:0740-22-3000
お電話の受付は、午後2:00からの対応になります。
作業中で電話に出る事が出来ません。
ご協力宜しくお願い致します。
FAX:0740-22-5544

(大阪支部)
〒534−0014
大阪府大阪市都島区都島北通り
2−20−2
FAX専用:06−6925−8812

(愛知支部)
〒470-0162
愛知県愛知郡東郷町春木小阪1番地
We's(ウィズ) ドッグカフェ&ラン 内
TEL:0561-37-0555」

愛知支部を誕生させております。
この件への疑問は抱いておりますが、このツリーには関係のないために割愛
させていただきます。

トップに戻る
150398Re:「支援金返還裁判(第十一回裁判)」空き地。 2008/9/6-12:26
記事番号150273へのコメント
こんにちは、みなさん。
第11回裁判は、2008年9月5日(金)10:30〜 808号法廷に
おいて行われました。
その情報を出す前に、私が前に書いた情報の補足を行います。
私が書いたコメント・・
>なお、AAが一週間以内に「原資料を提出できるかどうか回答を
>するということでしたが、回答したという情報はまだ出ていません。
回答は行われました。
しかしそれが原告と裁判所の求めたものであったのか判断
できません。
原告の会の情報によると、このような内容でした。
>「準備書面(8)」
>およそ490万円の現金支払いがあったことを準備書面7に追加す
>る。

その「準備書面8」を含む裁判資料は、こちらにアップ
されています。
裁判記録
http://hdp-genkoku.net/kiroku.html

では、第11回の裁判内容を出します。
情報元は、こちらです。
原告の会アドレス
http://hdp-genkoku.net/
BBS
http://hdp-genkoku.net/bbs/yybbs.cgi

まず 原告の主張として本件の争点の確認がありました。
「収入額と支出額とその残額に関すること」
「支出の適法性の有無」

その2点で、それに関わる矛盾点の指摘になっていることを確認。
>1.その収支報告を二転三転させており、被告提出の会計報告は
>信用に値しないこと
> 2.シェルター資金5750万円の、収入日時と金額の詳細とその
>根拠をのべること
>3.その収支の残額は誰がどういう形でいくら保管しているのか明
>らかにすること
(被告は2007年2月27日のマスコミへのインタビューに答えて、シェル
ター資金は全て色分けされていると明言しており、
5/23の裁判でも、それについての原資料をだすようにという裁判
所の求めに対して、
「資料を整理するのに時間を要する。」と申しいれ、2ヶ月という時
間を費やしたのにも関わらず、 結果、準備書面7および準備書面8
のようなものしか出すことができませんでした)

(、特に被告が提出した乙1から5の書証のみでは、
TKC総合情報センターの処理形式を取っているにも関わらず
処理実績証明書が添付されていないので、
被告提出の乙1から5は全く証拠としての価値を見いださない
ことを主張しました)
・・・・・・・・・
そして、もう一点。
先に書きました準備書面8が本当だったと仮定するならば・・
・・・・・・・・・
(当日に同額の口座間どうしの振込を行っている事実があり、
被告の主張通りであると仮定すると、
二重三重に同一業者に支払われていることになり、それに
対して求釈明を求めました。)
(また、同、両口座のどこをみても500万円弱に及ぶ出金の形跡が
無く、その金は、いったどこから出てきたものであるのか、大きな疑
問が残りました。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上が原告側の主張です。
続いて被告側の主張を書き込みます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
>被告代理人は、原告代理人と裁判長に、古谷会計事務所が作成
>した会計報告の台帳らしきものをみせ、
>「原資料を出さなくても、この個人名も記載している会計報告で十
>分ではないか。」という主張を繰りかえしました。

さらに・・・・被告代理人の主張。
「ともかく、原資料を出してもらえるかどうか、本人(被告)に確認を
取ってみること。」
「(原資料が)でたとしてもDPだけと限定できるものではなく、H18の
9月から12月にかけてはほぼ、DPに費やしたといえるかもしれない
が、きちんと分別できないものであること。」
「また、その原資料が来たとしても段ボール箱で何箱分も整理され
ていない状態でくるし、被告代理人はそれを整理する気もないこと」
「その領収書の山を見せるのも、原告代理人と原告と限定してしか開示
できないこと」


その被告代理人の説明に対して、原告代理人は、こう答える。
「それでもかまわないから出してもらいたい」

また、裁判長からも何度も「 「DPの支出に関しての詳細なる資料の
提出の要請をしたのにも関わらず、それに対する回答はないのか。」
と確認される。

それに対する被告代理人は「検討する」を繰り返し・・
「10/10まで原告準備書面13に対する釈明ならびに、原資料を出
すかどうかの検討を平行して行う」と答えました。

以上が第11回裁判のあらましです。

次回第12回裁判は2008年10月24日(金)10:00〜 
808号法廷です。

トップに戻る
150483支援金返還裁判(第十二回裁判)空き地。 2008/10/26-21:48
記事番号150398へのコメント
第12回裁判の報告
、第12回の裁判報告です。

原告の会BBSによる発表です。
http://hdp-genkoku.net/
http://hdp-genkoku.net/bbs/yybbs.cgi

裁判傍聴に行かれた犬道楽本三昧のくまねこさんも
その情報をアップされています。
http://kumaneko.asablo.jp/blog/

こんにちは、みなさん。第12回裁判が10月24日、10時より行われ
ました。
が、被告が準備書面の提出期限を守らなかったので、原告側に
その書面は分析できなかったようです。
その書面が届いたのは前日の17時過ぎ。その時、代理人は不在。
原告の会代表にそのことが分かったのは、裁判のために大阪のホ
テルにいた時でした。

その書面(準備書面9)によると、「DP総支出は  581万1970円」

いままでのAAの収支報告を見ていきます。
・2007年2月27日マスコミを集めての報告
     1056万3370円
以下、原告の会の裁判上にて。
・ 準備書面7 ひろしまDPの総支出は   1682万2211円
・準備書面8 現金支払いの記入漏れがあり  490万9025円追加。
(この時点で、ひろしまDPの総支出は2173万1236円であると主張)
(整理しきれていない原資料となるものが、段ボールに何箱もあると主張。整
理しないまま原告に渡すと明言。)

デ、今回は「581万1970円」ですね。
一億三千万の寄付金のなかで、その金額です。

さてさて、裁判の様子ですが・・
・被告代理人、数分遅れで到着する。
・原告代理人から証拠書面乙6至10について質問がある。
1、「この証拠書面は平成18年9月1日から19年1月までのAAの収支
内訳であり、証拠書面1至5の説明であるのか」と確認。
被告代理人はそうであると説明。
2、被告が出した仕訳帳のなかで、黄色マーカーがついたものが
広島DP時の支出たど、被告代理人は説明するものの、原告の
手に渡った仕訳帳コピーでは、容易にその箇所が判別できない。
被告代理人は「カラーコピーがとられてない頁があったので、
差し替える」と申し出る。
3、「ひろしまDP関係の収支報告は581万1970円しかないのか」
 という確認をすると、
被告代理人は「これ以外に1050万円避妊去勢代分として取り
 分けている分からは、未だ順次その補助金が出ている」と答える。
4、 原告代理人が、重ねて「この期間の収入も支出も、これで全て
 なのか。」と確認する。
 被告代理人はそうだと認める。
5、 さらに原告代理人から「今まで高額出金の釈明と、シェルター基
 金が6000万円もあったのかどうかの原資料の提出を求めている
 が、 未だ何の回答もないたくさんの段ボール箱はどうなったのか?」
 被告代理人「それについては次回に釈明をする」と答える。

次に、原告の会代表の鎌田さんに質問する機会が与えられました。
鎌田さんはこう質問しました。
1、「AAは彼らのHP上で2007年1月9日から1月31日で、避妊去勢
 代の補助は打ち切ると漸減しているのに、 未だにその支出があ
 るはずがないのではないか?」
2、「乙6至10に3000万円の高額出金の項目に「短期貸付金」と記載
 されているが、いったいどこに貸し付けたのか」と釈明をもとめる。

これにたいして、被告代理人は「準備書面で聞いてくれ、今は回答
しない。」と答える。

(今回、「短期貸付金」が登場しています。その額、3000万円)

以上が第12回裁判のあらましです。

次の裁判は・・
> 裁判長は、被告代理人は今回出さなかった回答を11月14日まで
>提出すること、原告はそれを分析する時間を見てさらに2週間後ま
>でに準備書面を出すようにといいました。
> それらを鑑みて次回期日は
> 2008年12月12日(金) 11:00〜 808号法廷
>と決まりました。

なお、鎌田さんは、裁判が始まる15分前にはじめて
「証拠書面6〜10」を見たそうです。分析なんか出来るものじゃ
ありませんね。

トップに戻る
150577:支援金返還裁判(第十三回裁判)空き地。 2008/12/17-18:21
記事番号150483へのコメント
こんにちは、みなさん。
12月12日に、第13回裁判が行われましたので、報告いたします。
情報は、こちらから↓
http://hdp-genkoku.net/
http://hdp-genkoku.net/bbs/yybbs.cgi
裁判記録
http://hdp-genkoku.net/kiroku.html

実際に傍聴された方も自ブログで情報発信されています。
「AAを告発しました」
http://chang4.cocolog-nifty.com/aa/
「犬道楽本三昧」
http://kumaneko.asablo.jp/blog/

まず、裁判日前の動きから・・

11月14日に、 被告より、準備書面10と乙第11と12号証が届きました。
その内容は・・・
・ 主に、「 1億3000万円の支援金の中には「広島ドッグパー
クに限定しない金が多数含まれていた」という主張である。
・シェルターの建設費が5556万7827円である。
・前回、追加された500万円の支出は、間違いであった。
・犬の管理台帳も出してくる。580頭としています。

裁判当日は、このような流れだったみたいです。
・いつもどおり互いに出された準備書面ならびに証拠書面の確認。
被告・・・・準備書面10並びに証拠書面乙11・12号証。
  原告・・・それに対する反論の準備書面14並びに証拠書面甲
   33〜37号証、 文書提出命令申立書・調査嘱託申立書・書面尋
  問申立書と多くの文書。

以下、答弁です。

(原告側) 代理人から証拠書面の説明として、被告提出の乙6〜10
 号証の「総合仕訳帳」から追って総勘定元帳を作成すると、
貸借対照表に不明な空欄が生まれ、それが不正経理に当たるの
 で、被告提出の証拠書面は 証拠としての価値がないということを
 説明。
  従って、もし被告が正規にTKCのフォーマットを使用し適切な会
  計処理をしているのならば、その証拠は全てTKC本部のホスト
 コンピュータに保存されているのであるから、
文書提出命令申立書について、これを採用されると迅速に裁判
 が進むのではないかと説明する。

その説明の後、被告代理人がこのような趣旨の発言をする。
「TKCにそっちの欲しい文書があるならもらってくればいいじゃない
ですか」

原告代理人は、それに対して、
「TKCは守秘義務があるので、裁判所の手続きを経なくては出さ
ないのであるから、 今回の申立書をだしたのです。出すことに問題
得たはないのですね。」と念をおす。

次は犬の話になってきます。
被告代理人「犬のリストを何で見にこないんですか。見にきてくださ
 いって言ってるのに、それはそちらはどう対応されるんですか。」
原告代理人「580頭というリストがねつ造されているのではないか
 ということを準備書面に挙げているし、 甲36号証にもでているの
 で、それを見てください。
 ねつ造されているものを見に行く必要性を感じないので、見る必
 要はありません。」

犬の話は、ここまで。

以下、原告側が出した文書についての答弁。
裁判長「調査属託申立書については、裁判長が関係某所だけならば
 ともかく、 他に関与した人々とかの文面はよろしくないので、この
 まま採用というわけにはいかない」

原告の会代表の鎌田さんが発言の機会を得たので、
TKCに文書申立書をもとめた経緯について説明します。
> TKC本部から「あのような総合仕訳帳ではTKCのなを悪用してい
>るのではないか、
>もし、それを分かってやっていたとするならばTKC会員として懲罰
>対象にもなる、
> 税理士が悪用されていることはないのかと問われたこと、
> それをうけて東京の本部をお訪ねしたときは、TKC本部は裁判所
>の手続きさえ踏めば出すと言っています。
>貸借対照表も総勘定元帳について、作成した会計事務所に問い合
>わせたところ、
> その書類の所在はもう昨年の3月以来AAとはおつきあいを絶っ
>ているので、あるかどうか分からないといっていました。
> その所在を被告に求めても、応じるとは思えないので、文書提出
>命令申立書を採用して欲しいですと言うことを付け加えました。


原告側が多くの求釈明事項を提出しましたので
それらの回答も含めて、被告がそれを出せるかどうか
1月19日まで検討して返答をすることになりました。
それを待って、原告提出の諸申立書を採用するかどうか裁判所が
決定します。
TKCから資料を求めることにたいしてAA側は異論を述べませんでした

次回第14回裁判は
2009年2月6日(金)10:00〜 大阪地方裁判所808号法廷で開か
れます。


トップに戻る
150621:支援金返還裁判(第十四回裁判)空き地。 2009/2/8-13:53
記事番号150577へのコメント
みなさん、こんにちは。
原告の会裁判は平成21年2月6日(金)10:00〜 大阪地方裁判所
808号法廷にて行われました。
情報元はこちらです。
http://hdp-genkoku.net/bbs/yybbs.cgi

まず・・ 先の裁判で提出した広島獣医師会への調査属託が届いてい
ていること、これについては、裁判長が次回裁判にて準備書面にて
原告から申し出ることがあれば提出するようにと言う。
・文書提出命令に対してTKCより、AAの会計については数ヶ月分し
かないこと、 また別の方法で証明できるとの回答があったことが伝えられる。
これについて原告側からは意見書を提出し、事実確認のためにもどんな資料
でも良いからできる限りの資料を提出して欲しいと伝えた。
・ さらに裁判長から書面尋問申出書の文面について確認があり、原告の会代
表がその文面について補足した。
裁判長は「文書提出命令も、書面尋問申出書も採用します。」と答えた。


被告代理人側は・・・
「今回の原告の準備書面については、既に回答済みであるのでこれ
以上答えない」
「犬の管理票をいつ見に来るのか、いつでも開示できる。」

原告の会代表に発言が許される。、
原告の会代表「いや、原告の準備書面にはあらたな求釈明事項が
乗っています。それについては答えていません。
ひろしまDPの支援金はこれしかないといったJNBとぱるるの口座
からは1/4づけの1200万円の出金がないにもかかわらず、アーク・
エンジェルズという口座から三井住友の口座に入金があります」
「AAは先の勘定元帳からも分かるとおり、ガス、電気、水道などの
ライフラインの支払いを何ヶ月分も滞納し、それを支援金の中か
ら支払っております。
その状況からも分かるとおり、AAが支援金以外に1200万円の資産
を持っていたとは考えにくいし、
なにより、被告は三井住友の口座には支援金を(シェルター資金と
して)振り分けたと説明しています。」
「つまり、この1200万円は支援金の一部で、現金書留や募金箱、手
渡し分の不明になっている分ではないかと考えられます。」
「また、被告が統括の母親に振り込んだ1000万円は使わなかったか
ら 三井住友の口座に入金したと主張しましたが、その入金記録もあ
りません。」

それに対して・・
被告代理人「調べたかったら調べればいいでしょう。」

さらに原告の会代表が・・
「ひろしまDPの支援金の中から、団体の活動に使うからと振り込ん
だ口座が個人口座だから開示できないというのは答えになっていな
いでしょう。
都合の良いようにそちらがそう主張するだけであって、10月1日に既
に里親譲渡会を決定し、できるだけ犬の医療費は使わないようにし
ていたのに、HP上では 医療費が足りないと支援金を募り続けている
。おかしいではないですか。」

それに対しては被告代理人は答えなかった。

今回はここまでです。

第15回裁判は 3月27日(金)10:00〜808号法廷で行われます。


トップに戻る
150661Re::支援金返還裁判(第十五回裁判)空き地。 2009/3/29-23:44
記事番号150621へのコメント
こんにちは、みなさん。
2009年3月27日に、15回目の支援金返還裁判が行われました。

それに先立ち、被告からの準備書面を原告側が確認したのは
前日の18時過ぎでした。これでは原告側は準備できません。

前回の原告側の主張は、前回の14回の裁判記録をごらんください。
非常に具体的な記述です。
が、今回の被告が出した書面はそれらとはまったく無関係のものでした。
つまり何の釈明もされていないことになります。
こちらにその書面は保管されています。(転載不可です)
http://hdp-genkoku.net/kiroku.html

27日の裁判の流れですが・・
http://hdp-genkoku.net/
http://hdp-genkoku.net/bbs/yybbs.cgi
・ 被告から準備書面12、原告からは4つの口座についての調査属
託申立書が出された。
・ 裁判長から、4番目の口座について20年3月17日にだした(3)と
重なりがあるとの指摘があり、原告代理人はそうであると答える。
・被告準備書面について裁判長が確認すると、被告代理人は「
書いた通りです」と答える。
・原告側より、被告の準備書面はこの裁判とは関係ないもので
裁判進行上、遅延行為であり無関係なことです。と主張。
裁判長はそれを認める。
・原告側から出された調査属託申立書は「必要性を感じないので」
と裁判長に却下される。

・ 原告側から、次回は証人申請をすると伝え、裁判長は了承する。

次回裁判は 平成21年4月24日(金) 10:15〜 大阪地裁808号
法廷です。その時は証人申請します。
法廷に証人が立つのは尋問は、おそらく6〜7月ころになります。


トップに戻る
150682:支援金返還裁判(第十六回裁判)空き地。 2009/5/2-07:54
記事番号150661へのコメント
こんにちは、みなさん。
2009年4月24日(金) 第16回裁判が行われました。
http://hdp-genkoku.net/
http://hdp-genkoku.net/bbs/yybbs.cgi
http://hdp-genkoku.net/kiroku.html

・ 提出された準備書面の確認があり、原告からは準備書面16
ならびに 証拠申立書、証拠書面38・39・40の提出があったこと
を確認。
・原告側は、証拠申出(証人尋問8名分)を行うが、被告は異例の
証拠申出を一人も行わないと回答。
・原告の申出書は、被告林俊彦を含めて追加・削除など再検討し
て1週間以内に再提出することになる。
・次回、17回裁判で、どの証人が採用されるか、裁判所より回答
するとのこと。

裁判は、今まで最短4分で終了。

それでは板が寂しいので、証人尋問のためにいかに精神的
努力をはらっているかをアップいたします。
TVドラマや映画では、裁判所の証人尋問は見せ場になっていますが
その裏側では、こうした地道な作業が必要というのが分かってきます。
原告の会代表のコメント
>さて、代理人の指示により、証人尋問に向けてちょっとした論文に
>近い物の作成に入りました。
>何分、資料が多岐にわたり、且つ膨大であるので、40分にまとめ
>て証言しなくてはならないので
>何処にポイントおいて、効果的に証言するか、結構何度も何度も
>練り直さなければならなく、遅々として進みません。
>ものすごい量の数字の羅列になってしまいそうなので、いかにすっ
>きりと内容を理解していただくかがポイントです。
>なんせ、発表している本元が、最初から根本怪しい物しかございま
>せんので。TKCからの貸借対照表の回答を得たことで、とても助か
>っています。

>証人尋問では、その内容を裁判官、傍聴者にも分かるように、
>パワーポイントを使って説明しようと思っています。
>そちらのスライドの制作にも取りかかり始めました。これらを次の
>裁判前には提出できるようにという代理人の指示です。

なお、今回の裁判に、ちょっとした出来事が・・
今回、昨日の不正競争行為差止等請求事件(通称、名称差し止
め裁判)の判決文を、証拠書面として相手方に手渡せたことです。
もうひとつ、次回裁判日を決めるときに、被告代理人が・・
「 その後次回裁判期日を決め、被告代理人が
「5/29(金)関西空港に13:00に着けばいいので10:00から
ならば大丈夫です。」 と答えたので、その日に決定されました。
ところが、原告の会メンバーが会議をしている時に、被告代理人から
電話が入り・・
「関西空港に13:00ではなく、韓国に13:00にいなくてはならない
から期日を変更して欲しい。」
との申し入れがあり、
次回裁判は、次のように変更されました。

「 平成21年6月12日(金) 10:00〜 大阪地裁 808号法廷」

以上です。

トップに戻る
150683補足します。空き地。 2009/5/2-08:01
記事番号150682へのコメント

>なお、今回の裁判に、ちょっとした出来事が・・
>今回、昨日の不正競争行為差止等請求事件(通称、名称差し止
>め裁判)の判決文を、証拠書面として相手方に手渡せたことです。

昨日とは、原告の会裁判日の前日ということです。
本家アークとの名称差し止め裁判で、今後、アークエンジェルズを
名乗ってはならないという判決文です。

トップに戻る
150208支援金返還裁判(被告側の裁判方針)和海 URL2008/5/31-01:15
記事番号149335へのコメント
皆様、こんばんわ。

AAサイトに、被告側の支援金返還裁判における裁判方針と
第九回裁判において
原告側が申し入れをしている調査嘱託の承諾を示唆する発信がありました。

2008/05/29
AAサイト ずばり一言「噂のみで動く人たち」
http://s02.megalodon.jp/2008-0529-1051-01/angels1947.blog104.fc2.com/

該当部分抜粋
------------------------------------------------------------
弁護士から電話があり豊中の犬返還訴訟について少しお話をさせていただいた。
(略)
私はこの問題に関して和解をするつもりは毛頭有りません。
当方に非がないのだから、当然であり
白か黒しかないのです。
理不尽な行為をされて「はい、そうですか」との妥協は一切するつもりはありませ
ん。

寄付金返還訴訟の一件についても同様です。
ひとつも間違った行為はしていないので和解の必要は有りません。
先方はこの先、調べるとか資料等の提出を求めているそうですが、無駄な事。一向
に差し支えは無い。
------------------------------------------------------------
>ひとつも間違った行為はしていないので和解の必要は有りません。
原告団にとっても、
その間違った行為を糺し、疑惑がはれない限り和解はありえないと思います。

>先方はこの先、調べるとか資料等の提出を求めているそうですが、無駄な事。一
向に差し支えは無い。
上記の記述は
支援金使途に関する支出の明細書類の提出、口座の出納関係を調査することに
同意していると解釈できます。
AAにはぜひとも調査嘱託に 正式に 応じ、
原告団が主張する詐取疑惑を自ら払拭いただきたく思います。
AA問題を追及している者にとっても、
支援金の使途や使途不明金の行方などがはっきりする事は大変喜ばしいことです。
また代表のその心意気を信じるのであれば、
今後の原告団の求釈明等の申し入れにも積極的に協力してくださるでしょう。
何事もAAみずから率先して対応してくださり、
一日も早く裁判が終わるよう願っています。


[記事検索] [カスタマイズ] [記事管理] [過去の記事] [戻る]

Script written by Akihiro Katoh