[記事表示に戻る]

◇-ベット業界の悪徳(里親詐欺) -空き地。(2008/2/10-19:36)No.149665
 悪質ブリーダー -空き地。(2008/2/11-02:58)No.149671
 「愛誤」 -空き地。(2008/2/11-17:14)No.149672
 愛護か愛誤か -空き地。(2008/3/2-19:41)No.149855
  訂正します -空き地。(2008/3/2-20:34)No.149857
 もうひとつの世界 近親繁殖 -空き地。(2008/2/14-01:41)No.149691
  補足します -空き地。(2008/2/14-03:10)No.149692
  さらにもうひとつの世界 -空き地。(2008/3/2-18:38)No.149854
 別の問題ですが・・救済に注意 -空き地。(2008/7/20-01:32)No.150259
  「巴里の空の下セーヌは流れる」と多頭飼い -空き地。(2008/7/20-20:55)No.150261
   Re:「巴里の空の下セーヌは流れる」と多頭飼い -空き地。(2008/7/20-22:46)No.150262


トップに戻る
149665ベット業界の悪徳(里親詐欺)空き地。 2008/2/10-19:36

みなさん。こんばんは。
悪マニでなかなか出てこない悪徳をアップします。
ペット業界の悪徳です。
私が考えてる悪徳の定義は「逮捕や摘発されなくても、他人に虚言を吐いた

意図的に錯誤させて、金品をとる行為」です。
巧妙にだまし取ったのちに転売されるのですから、そこに業者間に
商行為があります。
そのため、詐欺的行為で物品を仕入れる「商行為」と呼ぶことが出来ます。
(命のある動物でさえ、悪質者はたんなる金品扱いにします)

「里親詐欺」の手口
ネット上やペット雑誌、地域のフリーペーバーなどの伝言板に
「ペットを譲ります」のメッセージを見つけると、彼ら詐欺師は
「大事に育てます」「新しい飼い主を紹介します」と言って
ペットを引き取り、皮革加工業者、動物実験業者、繁殖業者などに
売って利益を得ます。
詐欺師は、学生、主婦、老人をアルバイトに使うことがあります。
「一人暮らしは寂しいもので・・」も信用できません。

以上の手口紹介は
「あなたを狙う詐欺の手口77
著者 山下勝也 監修 藤原義恭
すばる舎 刊」の情報によるものです。

「里親詐欺」で検索してみたところ、さらに情報を仕入れる
ことが出来ました。
里親詐欺裁判があったそうです。
http://www.satoya-boshu.net/mk/
そのなかで私が一番興味を引いたのは、だまし取られた証拠を掴んだ件
です。
被害者たちがMK(被告)から届いたメールを比較検討しますと、MKが
三匹の猫を入手した当日に、さらに複数の猫クレクレのメールを送っていた
ことが判明しました。それが証拠になりました。
その事例から考えますと、互いの情報提供が何よりも重要だと分かります。

また、次の事例・・探偵ファイル
http://www.tanteifile.com/diary/2006/12/13_01/index.html
>ただ、里親詐欺一本で生活しているわけでないようで、他の仕事を
>している為に名前は本名でした。それがある事情により、判明する。
詐欺師は、表の顔を持っていることが分かります。

>里親詐欺から猫を引き取る業者は纏まった数がいないと引き取って
>くれません。
「業者ぐるみ」であることが歴然としますね。

さらに、里親詐欺の活動範囲は伝言板だけにとどまらないのが
次の記事によって分かってきます。
http://www.sankei.co.jp/enak/2006/oct/kiji/05lifepet.html
>ペットブームが拡大するなか、住宅事情などから飼い主に捨てられ、
>処分される犬猫を救おうという「里親(新しい飼い主)探し」が活
>発化している。しかし、そんな善意に期待する心につけこみ、育て
>る気もないのに犬猫を引き取って業者に売り飛ばすなどの“里親詐欺”
>が横行しているという。

処分される動物を「救済」する者のなかにも悪質な輩がまじっている
ことが分かります。

以上です。

トップに戻る
149671悪質ブリーダー空き地。 2008/2/11-02:58
記事番号149665へのコメント
みなさん、こんばんは。続いて悪質ブリーダーを出します。
その実態は、この記事の↓
http://www.alive-net.net/companion-animal/gyousha/aichi-01.html

この報告を見ればよく分かります↓

「畳3枚くらいのところに大型犬10頭も押し込んでいる」
「小型犬のところは、糞尿を掃除しないで上に新聞紙を敷くだけ
もうぐちゃぐちゃだ」
「100頭以上がひどい状態で飼育されている」

彼らは動物一頭一頭の健康管理もしません。
数を集めれば、それだけ儲けられる、という訳ですね。

しかしこれは「動物虐待」です。この件を長くやると、本ツリー上の
悪徳の定義から外れてしまう恐れがあるので、ここまでにします。
もちろん、虐待は酷いと思っています。

続いて、もうひとつの悪徳を出しますが、
しばらく時間を下さい。


トップに戻る
149672「愛誤」空き地。 2008/2/11-17:14
記事番号149671へのコメント

みなさん、こんにちは。今日は愛誤です。
アークエンジェルズ(AA)を追いかけているうちに見つけた
言葉です。動物愛護を語る団体に、その資格があるのか?という
疑問が集約された言葉です。
(世間が認めてこそ、本物の資格ですね)

でもこのツリーはAA追求のためではありませんので、
AA問題の中から一般的な問題を抽出し、それを書き込む
ことにします。

それは、「動物保護は正しい」という概念。
もちろんそれはいいことでしょうが、それを誰が言っているのか?
まで問題にしないと、今後も善意の金を個人資産にされたり、
支援物資の転売を許すことになります。

また、団体に何か不都合があると、動物の命優先論に持っていかれて、
感情を揺さぶられます。例えば、この一例です。
「原告の会」がAA疑惑の具体的資料を、AA支援会社に情報提供
しました。それならAA側が、それを打ち消す資料を支援会社に
提出すればよかったのですが、AAの取った行動は「原告の会」に
対して「ワンの命がかかっている」の発言です。

原告の会が、支援会社に理性をうながしたにも関らず、感情的に
攻めてくる。
http://hdp-gennkoku.sakura.ne.jp/bbs/yybbs.cgi
http://angels1947.blog104.fc2.com/blog-date-200801.html
「陰湿な妨害」


そうなる訳は、われわれの意識には「命が大切」「命を守る人は
正義」という概念があるからです。感情に振り回されやすくなっている。
悪質な者はソレに便乗する、という概念も持ち合わせていないと、
いつまでたっても悪質な者に騙されることになります。

ペット業界においては、「愛誤」の言葉もあると考えておかないと
簡単に募金をしてしまう。
しかし「愛誤」を知っておくと、意識上にワン・クッションが発生
し、今から募金をする所は、ちゃんと善意を生かしてくれる所
なのか?と検討することが出来ます。

トップに戻る
149855愛護か愛誤か空き地。 2008/3/2-19:41
記事番号149672へのコメント

みなさん、こんにちは。
動物愛誤の場合は、団体がボランティアを集めて作業にあたらせる
ところから、私が考えてるところの悪徳定義「逮捕や摘発され
なくても、他人に虚言を吐いたり意図的に錯誤させて、金品をとる行為」
に、「無償の人材をとる」という項目がプラスされます。

ざっくばらんに言うと、「動物のためと呼びかければ、金も物も集まるし
人件費もいらない(ただ働きさせる)」ことの「旨味」を知って行われる
のが「愛誤」ではなかろうかと。
でも、そう正直に公式ブログでは書かないから、その見極めが困難ですが
少なくても私は次の視点で見ることが必要だと思ってます。

「昔から今日まで、集まったペットの頭数および活動費用の整合性が
とれていること」
「愛護活動をすることによって、自らに特権の地位が与えられたと
錯覚していない、さらに、錯覚した特権意識で、反社会的行動に出て
いないこと(簡単に言うと、近所に迷惑かけていないか?)」
「ポランティアから嫌われていないこと。(実際に現場で働くのは
ボランティアですが、彼ら彼女らを足蹴にしていないこと)」
「管理能力をはるかに越える頭数を扱おうとしないこと」
(↑は先のポランティアの件と関係してきます。人心が離れた団体は
ペットの頭数が多くなればなるほど、世話が不可能になります)

さらに、「愛」の文字をつけるからには、次のポイントも付加される
でしょう。
「やたらと集めたペットの頭数にこだわっていないこと」
ペット一頭の命の重さを感じているならば、頭数なんて関係ないはず
ですね。
でも、支援者が安心して募金できる団体を目指しているならば
「頭数と支援金の整合性。不透明を透明化する」といった努力は
やはり必要ではなかろうかと。

トップに戻る
149857訂正します空き地。 2008/3/2-20:34
記事番号149855へのコメント

>「頭数と支援金の整合性。不透明を透明化する」といった努力は
>やはり必要ではなかろうかと。

「頭数と活動資金の・・」でした。
大変に申し訳ありません。



トップに戻る
149691もうひとつの世界 近親繁殖空き地。 2008/2/14-01:41
記事番号149671へのコメント

みなさん、こんばんは。今日は悪質ブリーダーの別の世界です。
http://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Shiro/3516/1-akusitu.html
「ブリーディングの世界では普通は子供を産ませる為には父親を借りて
来るのですが、この時に「種付け料」を払うか、産まれた仔の中から父親
の飼い主が指定した仔を無料であげるという慣習があります。もちろん、
父親がショーで入賞してたり子供が優勝していると「種付け料」は高くな
ります。しかも交尾一回にごとに支払うのでお金がかかりますし、妊娠し
ていなくても文句は言えません。悪質なブリーダーはお金を惜しんで利益
の為だけに近親繁殖をさせるのです。」

「近親繁殖させると骨格や免疫機能に障害が出やすくなると言われていま
す。
標準より体が小さくなったり、アトピーのような皮膚炎になりやすいので
す。
また、小さな時には分かりにくいアゴの奇形や股関節の奇形を持った仔が産
まれて来ることも多いのです。」

・・・以上です。

自分は一銭も出さずに儲けようとしてるので「やらずぶったくり」の世界
ですね。

その世界があるのを承知で、動物の愛らしさをアピールし、ペット人口を
増やそうとする業界全体の姿勢に疑問を感じています。
ペットを欲しがる人が増えるだけ、悪質者の仕事(?)も増えていくの
ですから。それをどう思ってらっしゃるんでしょうね?
もし、これをご覧のペット関係者の方で、悪質者排除の運動を御知りになら
れてる方も、ご遠慮なくお書きください。

なお、他にも悪質ブリーダーの手口や資料をお持ちのかたはご遠慮なく
お書きになってください。
悪質者の手口紹介ということです。

また、動物虐待を語るスレッドもありましたら、お願いします。

トップに戻る
149692補足します空き地。 2008/2/14-03:10
記事番号149691へのコメント

>
>自分は一銭も出さずに儲けようとしてるので「やらずぶったくり」の世界
>ですね。

これは「守銭奴」「かなりいいかげん」と言い換えたほうが
より適切かも知れませんね。

ちなみに私はもし悪質ブリーダーが他のショップや団体と
懇意のなかであったら、そこに「悪徳の定義」があると思います。
そのショップや団体が消費者に「ペットを大切に」という言葉が
嘘になってしまいますからね。

>なお、他にも悪質ブリーダーの手口や資料をお持ちのかたはご遠慮なく
>お書きになってください。
>悪質者の手口紹介ということです。

これはぜひともお願いします。

トップに戻る
149854さらにもうひとつの世界空き地。 2008/3/2-18:38
記事番号149691へのコメント
悪質ブリーダーの手口
みなさん、こんにちは。なかなか悪質ブリーダーの具体的な手口が
わからなかったのですが、本日、2ちゃんねるの情報によって見つけました。

AAから救おう!広島ドッグパークの犬達78□■
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/dog/1204194639/

で、その情報の発信元は、なんと、恐喝未遂、薬事法違反等の反社会行為
を繰り返しているアークエンジェルズでした。
が、同じペットを扱う世界の者なので、裏世界を容易に知る可能性アリ
と判断し、その手口に信憑性を感じましたので、アップいたします。
怖い世界ですので、気を引き締めてお読みくださいませ。

http://s01.megalodon.jp/2008-0302-0927-56/arkangels.blog34.fc2.com/
blog-date-20080301.html

>繁殖場レスキューの中に、全く声の出ない子がいる。
>声帯を取られているのだ。

>声帯除去手術は10万ほどの費用がかかる。
>出血量も非常に多いオペである。
>人道的に声帯除去を行う、獣医は少ない。

>しかし、繁殖業者はそうではない!!
>あまりにもうるさい!!
>それだけである。
>まして、除去手術に10万もの医療費をかけない。
>数年前、業者の男が話した。
>「1頭出産させても、一腹なんぼの世界や!!そんな金かけれん!!」
>「割ばしで、喉をつくんや」と。

あまりにも怖い話なので、アップすることに躊躇しましたが、
すでにネット上に公開された情報であり、また、この話だけでも
悪質者の酷さを世間に伝え、ペット世界の健全化をうながすことにも
なろうと思いまして、出すことにしました。

ところが、その情報を公開したAAが正義とは言えないのが、
また怖いところです。
今のところ、「利益の食い合い」と表現したほうがよさそうですね。

トップに戻る
150259別の問題ですが・・救済に注意空き地。 2008/7/20-01:32
記事番号149665へのコメント
こんばんは、みなさん。
私の書き込みを補足したい記事が出ましたので、紹介いたします。
私の前の書き込みです。
>
>さらに、里親詐欺の活動範囲は伝言板だけにとどまらないのが
>次の記事によって分かってきます。
>http://www.sankei.co.jp/enak/2006/oct/kiji/05lifepet.html
>>ペットブームが拡大するなか、住宅事情などから飼い主に捨てられ、
>>処分される犬猫を救おうという「里親(新しい飼い主)探し」が活
>>発化している。しかし、そんな善意に期待する心につけこみ、育て
>>る気もないのに犬猫を引き取って業者に売り飛ばすなどの“里親詐欺”
>>が横行しているという。
>
>処分される動物を「救済」する者のなかにも悪質な輩がまじっている
>ことが分かります。
>

さらに、次の記事を加えます。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080718-00000011-tsuka-soci
>全国で犬、猫などの多頭飼いへの苦情が増えているそうです。
>ブリーダーとしてきちんと管理できず劣悪な環境になっていたり、
>捨てられる動物の救済をしていると言うものの飼育はおざなりだったり
>するところへ行政が強く改善を求めることは現状では難しいようです。

正確に言うと里親詐欺ではありませんが、まわりの人たちに迷惑を
及ぼす別の問題です。
が、そこにもやはり「救済」をうたい文句にしている者が入り込んで
いるようです。

なお、飼育がおざなりになる一番の原因は、自分たちの管理能力を
はるかに越える動物数を集めようとすることではないでしょうか?





トップに戻る
150261「巴里の空の下セーヌは流れる」と多頭飼い空き地。 2008/7/20-20:55
記事番号150259へのコメント
「巴里の空の下セーヌは流れる」と多頭飼い
こんばんは、みなさん。
今日は「多頭飼い」について私が日頃思ってることを書きます。
「巴里の空の下 セーヌが流れる」という往年のフランス映画が
あります。その劇中に労働者たちがアコーデオンをひいて歌う曲
が有名でした。

さてさて、その映画は、巴里に住む様々な境遇の人たちが登場します。
医学生。女性モデル。ストライキ中の工場労働者。彫刻家(実は殺人鬼)・・
それらの人々の数日間を描いた映画です。
その中に、子猫を飼っているお婆さんが登場しています。
彼女はアパート暮らしで、たくさんの捨て猫を養っているのです。
かと言って、里親詐欺やその他の利益を考えて養っているわけではない。
ただ好きだから、かわいそうだからという理由からです。
これもひとつの「多頭飼い」の姿ですね。

なんで生計を立てているのか映画では紹介されませんガ、とにかくオープ
ニングから猫のミルク代に困っている。
大家さんや、近所の人たちにミルク代を頼んでも誰も相手にしてくれない
んです。誰だって猫よりも自分の明日のパン代が大事です。
みんな貧しいんです。

お婆さんは、町の通りの人々にもお願いしましたが、それでも駄目。
誰も恵んでくれません。
神父さんはお金を出してくれる気になりましたが、それがお婆さんのパン代
でなく猫のためだと知ると、やんわりと断ってしまいました。

最後まで、このお婆さんはミルク代を探しまわったかと言うと、
それは違います。ちゃんと結末が描かれています。

雑貨屋にやんちゃな子供がいて、彼は家を離れて冒険の旅に出ます。
彼も立派な登場人物のひとりです。
小舟で、セーヌ川を下っていくのだったかな?
冒険の途中で殺人鬼に狙われたりして恐い目にあったりして、
最後は途方に暮れてしまいますが・・
その子供を見つけて、家に連れて帰ってくれたのが、ミルク代探しのお婆さん
だったのです。
そのお礼として、子猫たちにミルクが与えられます。

動物愛護も、結局は人なんです。
まわりの人を大切にしていると、自分が飼っている動物を愛してもらえる。
「動物のため」という声ばかりを発して、まわりの人たち(環境含む)
を軽視していると、人々の善意が減少していきます。
とてもその人が飼っている動物なんか愛してはくれないでしょう。

なお、映画に登場したお婆さんは、善意の人でした。
現実はどうなんでしょうか?

このツリーは長居をしましたので、
以上の映画話で、まとめといたします。
結局は、人と人との約束を守る、裏切らない、迷惑をかけない
ということが、基本になると思いますので。

それでは皆様、失礼いたしました。


トップに戻る
150262Re:「巴里の空の下セーヌは流れる」と多頭飼い空き地。 2008/7/20-22:46
記事番号150261へのコメント

映画紹介は私の古い記憶からひっぱりだしてきたので、
こまかい所に間違いがありましたら、ご容赦くださいませ。
登場人物それぞれの結末は、はっきりと覚えております。

ちなみに監督は、ジュリアン・デュヴィヴィエです。



[記事検索] [カスタマイズ] [記事管理] [過去の記事] [戻る]

Script written by Akihiro Katoh