新規記事を投稿

タイトル: 動物虐待監視委員会からボランティアを考える
投稿者 : 空き地。
URL   : 未登録
登録時間:2009年3月7日20時50分
本文:

こんにちは、みなさん。
今年になって「動物虐待監視委員会」が登場しました。
住所はこちらです。
ARK−ANGELS(アーク・エンジェルズ)
(滋賀エンジェルシェルター本部)
〒520-1651
滋賀県高島市今津町酒波 1186-2
TEL:0740-22-3000

FAX:0740-22-5544

(大阪支部)
〒534−0014
大阪府大阪市都島区都島北通り
2−20−2
FAX専用:06−6925−8812

(愛知支部)
〒470-0162
愛知県愛知郡東郷町春木小阪1番地
We's(ウィズ) ドッグカフェ&ラン 内
TEL:0561-37-0555

つまり「動物虐待監視委員会」はアーク・エンジェルズなのです。
その委員会の説明は、こちら↓
http://ark-angels.jp/topics14.html

しかし悪マニに登場するにおいては、何が虐待かではなく
ボランティアとビジネスの境を論じたほうがいいと思います。
そう思ったきっかけは、こちらの情報↓
http://hdp-genkoku.net/bbs/yybbs.cgi
太宰府レスキューの真実 続報 
まだ動物虐待監視委員会を名乗らない時の福岡レスキュー時
AAが、レスキュー元のブリーダーに必要経費を請求する。
「人件費および交通費として一人頭35000円
35000円×2日分×5人分=35万円」
「さらなる情報・・『誓約書』という書面で、総額100万円以上だった、
ボランティアは一人1日1万円と言う計算で書かれていた」

また、動物虐待監視委員会を名乗った今回の太宰府レスキュー
も、
AA(動物虐待監視委員会)はブリーダーに畜犬登録費と狂犬病の費
用として
6300円×29頭=182、700円を要求したそうです。
加えて気持ちがあるなら1頭避妊去勢代金として、雌2万円雄1万5
千円支払えとも言い放ったそうです。
およそ、50万円強のお金です。

これについて、AA(動物虐待監視委員会)は認めています。
http://angels1947.blog104.fc2.com/blog-date-200902.html
「レスキューの意味」
>通報して来た方が、私に言いました。
>「団体には支援金や寄付金があるでしょう。それは犬の為に寄付
>されたのだから業者には請求しないでその支援金を使ってくださ
>い」と。
>私は説明しました。
「それは違うでしょ。これらの支援金や寄付金は、苦しんでいる犬た
>ちを救ったりケアをするために活動している行為に、賛同された方
>からの善意です。それを一業者の怠慢な虐待飼育を行って崩壊し
>た人に使うものではない。結果は犬の為になるから使ってはいる
>が、一部の負担は当然と考えているから、請求はします」

私には、なんだか分かりません。
犬のために使う金ではないと考えているのかな?

さてさて、AA(動物虐待監視委員会)は以前から自分たちのことを
ボランティアと呼んでいましたが、ここに来て、大きな疑問が生まれました。
後から必要経費を請求するのはなんだか「請負業」と思えてくるのですが・・
みなさんは、どう思われるでしょうか?

また、この件に限らず、皆さんが日頃から思っておられるボランティア観や、
ご自分のボランティア体験の苦労などを発表されてもかまいません。
ここにボランティアのツリーが立つのはめったにないので、充分に
ご活用くださいませ。
色々と語り合っているうちに、ボランティアとビジネスの境目が
見えてくることに期待して・・

書き込みを行うには、書き込みパスワードが必要です。
ユーザー登録を行って、パスワードを取得して下さい。

親記事コメント
なし 「動物虐待監視委員会」、告発される-投稿者:空き地。

[ツリー表示] [番号順表示] [戻る]