新規記事を投稿

タイトル: 続き
投稿者 : Beyond
URL   : 未登録
登録時間:2012年10月1日03時58分
本文:
>>
>企業・団体および連絡先を公表できる個人の場合:連絡先(住所・氏名・電話
番号)および具体的な削除(訂正)理由
>・URL・削除(訂正)希望個所をご記入の上、タイトル「【記事削除(訂
正)要請】」として、
>会議室(http://beyond.2log.net/akutoku/bbs/qa/)に投稿してください。ま
た、投稿の前でも後でも、
>同じ内容をメールしていただけると、見落としがなくなるので助かります。も
し、掲示板の使い方が分からないなど、
>技術的な問題がありましたら、その旨をメールしてください。

通知人の目的はあくまで該当の掲示板の削除にあって、
貴殿に対する損害賠償請求権の行使が目的ではありません。


とはいえ、上記の理由を鑑みた上で本件削除をしないという貴殿の方針に変わり
がないのであれば、
コメント欄における発信者情報開示請求に応じていただきたいです。
それぞれの書き込み者に対して特定した上で、損害賠償請求権の行使をしたいと
考えております。

しかしながら相当年数の経過によって、恐らくログが保存されてないことも想定
しております。
そういった場合、事実上、その者に対する責任追及の途が閉ざされていることに
ならざるを得ない。

そうするとそれらを管理している貴殿は削除の要否を的確に判断し得ることが制
度的に担保されてない上、
削除の要否の判断が独自の基準によるものであるから、
他人の社会的評価を低下させるなどの有害な内容を含む発言であっても、削除の
対象にならないこともあるという
根本的な問題点が存し、インターネットの取り扱いに習熟していないものの救済
に支障を来すおそれがあったということができる。

本件ホームページ上に違法な発言が書き込まれた場合、インターネットが持つ情
報伝達の容易性、即時性および大量性という
特徴を反映し、このような発言が一瞬にして極めて広範囲の人々が知り得る状態
におかれることとなり、その対象になったものの被害は甚大なものとならざるを
得ず、また、時間が経つ
ほど被害が拡大し、被害の回復も困難になる傾向があるところ、本件ホームペー
ジには有効適切な救済手段が設けられていないのであるから、
本件ホームページ上の発言により被害を受けた者の被害拡大の抑止は、貴殿によ
る削除権限の行使の有無に係っているといってもよい。

そうすると、本件ホームページを管理運営することにより名誉や信用を毀損する
などの違法な発言が行われやすい情報環境を提供している貴殿は、本件ホーム
ページに書き込まれた発言により社
会的評価が低下するという被害を受けた者に対し、条理に基づき、被害の拡大を
阻止するための有効適切な救済手段として、
当該発言および情報環境としてのスレッドを削除すべき条理上の義務を負う場合
があるというべきである。

したがって、現時点において、該当のURLの送信防止措置請求を要請致しますが
いかがでしょうか。

書き込みを行うには、書き込みパスワードが必要です。
ユーザー登録を行って、パスワードを取得して下さい。

親記事コメント
ロイヤルジャパン株式会社から削除要請が来ました-投稿者:Beyond 法律上の観点からお話ししますと-投稿者:無料会員

[ツリー表示] [番号順表示] [戻る]