新規記事を投稿

タイトル: ターゲットメール
投稿者 : wtz
URL   : 未登録
登録時間:2013年11月26日19時01分
本文:
だいぶ前から「ターゲットメール」という迷惑メールが届くんですが、

----
WEB管理者様
WEB上にメールアドレスを公開されていて

何らかのビジネス(アフィリエイトを含む)を営まれている

法人・個人のかたへ配信をさせて頂いております
----

という出だしで始まるんですが、私はそんなものに手を出したことがなく
明らかにインターネット上のメールアドレスを拾っています。
一度など採取したサイトを書いていたことがあったのですが、
それが「苦情の坩堝−掲示板」だったのには呆れました。

中身は大抵、複数の情報商材なんですが、おしまいに

----
future_fweb@yahoo.co.jp


(以下 総務省総合通信基盤局 特定電子メールの送信等に関するガイドライン
より引用)
正当な営業活動の一環として事業者間(BtoB)で電子メールを送受信す
る場合に、ウェブサイト等でメールアドレスを公開している事業者に対してビ
ジネス向けサービス・製品の広告・宣伝メールを送信することは実態的に行わ
れており、ビジネス慣習上も一定の範囲で認められているものと考えられる。
また、そもそも電子メールアドレスの公表は、基本的に、電子メールを受け取
るために行われるものである。このため、そのような場合には、特定電子メー
ルであっても、一定の送信は許容されるものと考えられるためオプトインの例
外とされたものである。
○特定電子メールの送信等に関するガイドライン

http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/d_syohi/pdf/m_mail_081114_1.pdf
----
と書かれています。
もちろん問題の pdf ファイルは読んでみようとしたんですが、
長くて頭に入りません。

事業者であれば、その事業の内容にまったく関係なく、パチンコ屋の打ち子や
競馬予想といったあやしげな情報商材などの広告をしてもいいとは、
私は思いたくないんですが、実際にそのような広告をすることを法律は
認めているんでしょうか?

識者の方、教えてくだい。

書き込みを行うには、書き込みパスワードが必要です。
ユーザー登録を行って、パスワードを取得して下さい。

親記事コメント
なし ハンドル-投稿者:wtz

[ツリー表示] [番号順表示] [戻る]