[記事表示に戻る]

◇-国内生命保険の勧誘手法はマルチまがいではないか -古くからあるマルチ(2016/2/4-00:41)No.150831


トップに戻る
150831国内生命保険の勧誘手法はマルチまがいではないか古くからあるマルチ 2016/2/4-00:41

国内生命保険会社の勧誘手法について質問です
これはマルチ商法と酷似していませんか


1、仕事のない女性を働かないかと勧誘する
ハローワーク前でよく行っています
ハローワークには求人の出せない待遇です。

2、最初は研修で給与が出るが
ほぼ成果報酬に切り替わる

3、営業所長より親戚を勧誘するように指示される
勧誘する際には自腹で何かのプレゼントをする
これはGNP(義理人情プレゼント)と呼ばれる保険会社特有の営業手法です。

4、親戚が加入し終わると継続できなくなり給与が減り自然に辞めていく

5、基本生命保険は途中解約が損だから親戚は辞められない


疑問点1、ハローワーク前で勧誘した人には外交員確保やダウンの契約獲得で
「手当」がつくようです。保険会社も外交員も職業紹介業ではありません。違
法性はないのでしょうか。

疑問点2、所長(総合職)からの親戚の勧誘指示は外交員によると常態化して
いるようです。親戚への勧誘は保険業者で規制していないのでしょうか。

疑問点3、消費者庁によると規制となるマルチ商法か否かは自腹で商品を購入
するかどうか、だそうです。外交員は自腹で保険会社の販促グッズ等を買い
配っています。問題ないのでしょうか。

疑問点4、ノルマ達成のため自爆といわれる親戚名義で契約をすることが常態
化しています。ある程度寝かせて解約するようです。携帯のキャッシュバック
みたいですね。問題ないのでしょうか。

疑問点5、飲み会や合コンなどできっかけをつくり契約獲得するようで、外交
員が女性だけなのはそのためのようです。違法性はないのでしょうか。デート
商法に近い営業手法に思えます。


[記事検索] [カスタマイズ] [記事管理] [過去の記事] [戻る]

Script written by Akihiro Katoh